FC2ブログ

今日の読書 もっこすの城/伊東潤

織田信長の家臣の木村忠範は城作りの秘伝書を息子に残し、本能寺の変のおりに自らが造った安土城を枕に討ち死にをとげた。

城作りの秘伝を託された息子の籐九郎は、秘伝書を手にし加藤清正に仕官し、熊本城を造るように命じられるまでになり、生涯をかけて熊本城を築城する事になるという歴史小説になります。

加藤清正が熊本へ移封させられた時期からの話ですから、城造りに専念できるものではなく、唐入りのために朝鮮出兵という極寒の不毛の地での無益な遠征が入ってくるわけですが、出征先でも城造りに奮闘させられたりと大変な苦労続きだが、城は戦うためではなく民を守るためにあると決死の覚悟でやり遂げていく流れになります。

伊東潤作品で加藤清正というと、『黒南風の海』がありますが完全に関係してくるので本作と両方読んだ方が分かりやすいというか、知らないと結構な唐突感があるかもしれないですね。

戦国時代を舞台とするものは主人公は基本的に直接に戦う者が多いわけですが、そうではない役回りの人間を主人公とすることで既に山ほどあるこの時代の歴史小説とは少し違ったものになっていて楽しかったですね。

関連記事

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる