fc2ブログ

今日のFA解禁

NBAは今日からFAの交渉が解禁という事で、正式契約として完全確定とまではいかないものを含めて動きがありますしトレードもあるしで全体像は把握出来ていない状況が続きそうですなぁ。

まずはマジックから

ジェームズ・エニスがマジックと再契約、ドゥエイン・ベーコンと2年契約で合意。

ベーコンは昨シーズンもっといくと思っていたのですが、デボンテ・グラハムに出番を奪われて伸び悩みましたから心機一転狙いですね。

安定感はないですが、はまれば爆発すると期待させる選手はマジックは希少価値になるので、なんとか伸びてもらわないとなぁ。


セルティックスはグリズリーズから将来の指名権を獲得
ブレイザーズはセルティックスからエネス・カンターを獲得
グリズリーズはブレイザーズからマリオ・ヘゾニア、セルティックスからデスモンド・ベインを獲得

ブレイザーズはカンターを獲得したという事で、センターにユスフ・ヌルキッチがいるということで、ハッサン・ホワイトサイドはいなくなるということでしょうね。

マジックで5位以内にドラフトされると一定以上の結果を出して縁起が良いというのを途切れさす事になりそうなヘゾニア、グリズリーズで永遠の未完の大器を返上できるのかどうか、クロアチア代表だとスーパーマリオモードを発揮出来たりするのですけれどもねぇ。


ヒートはマイヤーズ・レナードと2年2000万ドルで再契約。

大ブレイクとまではいかないものの、一定の戦力にはなっていましたので、ヒートは残しておこうという判断になったのでしょうね、ファイナルまでいった経験も継続できますし。

ナゲッツはファクンド・カンパッソと2年契約。

ワールドカップのアルゼンチン代表でチームを牽引する大活躍をしていたカンパッソが29歳にしてNBAに参戦決定。

ナゲッツとしてはNBA経験こそないものの大舞台で強さを見せたカンパッソが加入するのは大きいですよね、ただフロントコート陣は入れ替わることになるので、どれだけ上積みを作れるのかは分かりませんが。


スパーズがドリュー・ユーバンクスと3年契約で残留。

ピストンズがメイソン・プラムリーと3年2500万ドルで契約合意、ジェレミー・グラントと3年6000万ドルで契約合意、ジャリル・オカフォーと2年契約で合意、ジョシュ・ジャクソンと契約合意。。

ピストンズはナゲッツからフロントコートのロールプレイヤー2人引っこ抜く事になりました、青色労働者という事で、伝統的なピストンズ系統ではありますけれども果たしてどうなるか、ジェレミー・グラントに払いすぎてチームバランスが狂ったとかになると厳しいというか、本当にロールプレイヤーの適正な値段付けは難しいんですよね。

そして、オカフォーは時代の変化についていけない選手扱いから脱することが出来るのか?ジョシュ・ジャクソンは若いのに終わった感強めな所から脱することができるのか、この2人のうちどちらかが、ドラフト指名順位にふさわしい活躍をしたらピストンズは化けるなって。


クリッパーズはパトリック・パターソンと1年契約で再契約。


ジャズはジョーダン・クラークソンと4年5200万ドルで契約延長、デリック・フェイバースと3年3000万ドルで契約。

ジョーダン・クラークソンは昨シーズン途中でジャズに加入しましたが、そこでしっかりと結果を出した事で残留、チームに噛み合っている感ありましたから当然でしょうね、そしてフェイバースは出戻り決定で、再びゴベールとインサイドでコンビを組むという、古典的なラインナップ復帰という事になるのか期待。


キングスはデアーロン・フォックスと5年1億6300万ドルで契約延長。

ボグダン・ボグダノビッチがバックスとのトレードが白紙になったものの出て行く事は決定ですから、フォックスは何としてでも残さないといけないですからねキングスは。

フォックスはチームの中心として出来るでしょうから、あとは回りをどうできるかですよね。


ホークスはダニロ・ガリナリと3年6150万ドルで契約

ガリナリは年齢を考えて、指輪狙いな契約をするという話が事前に出ていましたが、ホークスですか。

サンダーは解体するので残らないのはわかりますけれどもね、それとも思っている以上にホークスは行けるチーム扱いなんでしょうか?トレー・ヤングが次の進化として勝ちに超絶直結する選手になる見込みとか?


シクサーズがドワイト・ハワードと1年ベテランミニマムで契約。

色々と追いつかないのですが、ドワイトの言っている事に対して真に受けていると、ドワイトメアになるよという事ですかね、レイカーズに残るように事を言っていたり、契約面で色々言えるようになったと発言してみたりで、その結果シクサーズでベテランミニマム…ジョエル・エンビートのバックアップならば、時々スターターもという扱いになり得ますがねぇ…


ブレイザーズはロドニー・フッドと2年2100万ドルで再契約。


マブスはトレイ・バークと3年1000万ドルで再契約。


ウルブスはマリック・ビーズリーと4年6000万ドルで契約合意。

ウルブスに移籍してブレイクしたという事で、これが短期間の事だったのか、本格的に変わったのかフルシーズンでどう評価されるかですが、現段階ではMIP候補として計算しておきたい選手ではありますね。


レイカーズはモントレズ・ハレルと2年1900万ドルで契約合意、ウェズリー・マシューズと1年360万ドルで契約合意。

ハレルがクリッパーズからレイカーズというLA内移籍ですね。

プレイオフでチーム内のゴタゴタ込みで評価が下がりましたが、腐っても6thマン受賞者ですからね、レイカーズでもベンチからの起爆剤として影響力はあるでしょう。

マシューズはダニー・グリーンの後釜ですかね。


ニックスはアレック・バークスと1年600万ドルで契約合意。

ネッツはジョー・ハリスと4年7500万ドルで契約延長。

ネッツでの役割は確実に変わるでしょうが、マークがされにくくなる恩恵を受けるのか、ボールが回ってこなくなるのか、シューターとしてどっちに転ぶのでしょうね。


ブルズはギャレット・テンプルと1年500万ドルで契約合意。


ロケッツはクリスチアン・ウッドと3年4100万ドルで契約合意。

ピストンズがインサイド陣取りまくっているから、そりゃ既存のインサイドの選手は出て行く事になるよねという、ロケッツはどうなるのかは全く分からないですが。


クリッパーズはマーカス・モリスと4年6400万ドルで再契約。

モリスは長期契約をしたくなるような活躍をクリッパーズ加入後していたとは思えないのですが、ハレルが出て行きましたし、引き留めるには金こそ正義という状況なのでしょうかね?


ペイサーズはジャスティン・ホリデーと3年1800万ドルで契約合意。

ペイサーズはチームを多目にいじるという噂でしたが、ベンチプレイヤーのホリデーは早々に残すことが決定なんですね。


バックスはパット・カナントンと2年830万ドルで再契約。


マブスはサンダーからジェイムズ・ジョンソン獲得
ピストンズはマブスからデロン・ライト獲得
サンダーはピストンズからトレバー・アリザ、ジャスティン・ジャクソン、将来のドラフト指名権獲得

アリザのたらい回しが止まらない…


ペリカンズはサンダーからスティーブン・アダムスを獲得
サンダーはペリカンズから2023年のドラフト1巡目指名権、複数の2巡目指名権を獲得

スティーブン・アダムスも移籍ですかぁ、どれだけ指名権好きなんだサンダーは(苦笑)


ウィザーズはロビン・ロペスと契約合意。

ウィザーズはセンターが手薄でしたのでベテランの良い補強になりますかね。


ナゲッツはジャマイカル・グリーンと2年1500万ドルで契約合意。

ジェラミ・グラントの穴埋めになりますが、予算を考えると悪くない感じに見えますよね。

しかし、初日から動きがあり過ぎ(苦笑)

関連記事

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる