FC2ブログ

今日のキラメイジャー エピソード33

「巨獣パニック大激突!」

タンクリガニー、シールドシェルガ、センゴクバスラと3体の邪面獣が出現。

博多南代表はヨドンアイビーが発芽してしまうとヨドミウムによってヨドンヘイムのように腐敗して死の世界になってしまうと状況を確認。

種があるのは遺伝子研究所、その前には邪面獣が現れて行く手を妨害、研究所に小夜はいるはずだが、連絡は取れず安否は不明。

為朝は調子に乗って小夜の背中を押したせいだと責任を感じるも、瀬奈が悔やんでいる時ではない、小夜を助けて種の発芽を阻止する事を考えないといけないと切り替えさせます。

邪面獣が3体という事で、宝路はギガントドリラー、キラメイジン、キングエクスプレスザビューンで立ち向かうことになりそうとし、充瑠はオラディン王に頼んでグレイトフルフェニックスを召喚すれば種を破壊して小夜を助けられるとし、オラディン王を呼ぼうとします。

しかし、逆に充瑠を借りると充瑠の意識はオラディン王の中へ。

ガルザがジャメンタルはキラメンタルに負けないとオラディン王を封じようとしていた。

オラディン王は地球にはキラメイジャーがいると言うも、ガルザは今までの戦いで全て見切った、オラディン王さえいなければ、勝てる邪面獣をそろえたと全て計算ずくだと豪語。

充瑠の意識は元に戻り、アタマルドでオラディン王がガルザと戦っている事を教え、オラディン王が来られないからと為朝と2人で小夜を助けにいって種を破壊する作戦を提案。

時雨は今度のヨドンヘイムの作戦が周到に用意されていると指摘すると、瀬奈は1つの油断が命取りになると気を引き締めます。

宝路がギガントドリラー、時雨がキラメイジン、瀬奈がキングエクスプレスザビューンの3体で出撃。

充瑠と為朝はベチャットの皆さんが大量にいる中特攻していきます。

ガルザはオラディン王に対し、この手で倒したと思ったのが新たな姿になり蘇りとてつもないキラメキを見せた、その事による怒りや憎しみを幾日にもたぎらせ、最低最悪の思いをさせるためにジャメンタルを強くした絶望を与えるためにと言うと、オラディン王は絶望の二文字はないと答え、ガルザはそれなら植え付けてやるととジャメンタルを強めて攻撃。

充瑠と為朝は遺伝子研究所内部に侵入するも大量のハイパーベチャットの皆さんに囲まれ行く手を阻まれます。

身動きが封じられる中、種はこの真下にあるはずと為朝はキラメイショットで床を打ち抜き落下して、ヨドンアイビーの種を見付けます。

充瑠と為朝がヨドンアイビーの種を攻撃しようとしたところ、ヨドンナが小夜の命を盾にして現れます。

小夜の命がないと脅され、充瑠と為朝は武器を捨てることに。

シールドシェルガ、タンクリガニー、センゴクバスラが一列に並び特攻。

シールドで防ごうなんて甘いと宝路がギガントドリラーで攻撃しようとするもはじかれ、シールドシェルガは素早く横に移動し、タンクリガニーの砲弾が襲い、センゴクバスラの連続攻撃。

ヨドンナはヨドンアイビーの芽が出るもう終わりだと煽ると、充瑠はキラフルゴーアローを呼びヨドンアイビーの種に向かって撃とうとしますが、人質を取っているの忘れたとヨドンナに言われると、充瑠は全く別方向に撃ちます。

ヨドンナはまともには撃てないと高笑い。

そこに突然ヨドンアイビーの種を掴む手が現れ、充瑠はオラディン王に礼を言うと、グレイトフルフェニックスの姿が。

充瑠はひらめキーング!し、王様は王妃様と同じく宝石の中に意識を飛ばせるはずだからと、オラディン王にキラフルゴーアローに意識を飛ばしてもらい、アタマルドに行けるのは王様とハコブーだけだから、王様の宿った矢もアタマルドにいけるとして、矢になったオラディン王がガルザを攻撃。

ガルザがひるんだ隙にハコブーとグレートフルフェニックスとなり現れたという事だった。

事の顛末を聞いたヨドンナは撤退。

小夜が謝り、為朝も謝ろうとすると充瑠は止めて先を急がせます。

ガルザもスモッグジョーキーで合流。

充瑠はグレイトフルフェニックスに為朝と小夜はきらメイジンに合流。

完全発芽まであと5分というところで、4対4の巨大戦開始。

ヨドンアイビーの種争奪戦となり、グレートフルフェニックスで空を飛んで逃げようとするもジョーキーに捕らえられ、瀬奈がキングエクスプレスザビューンで拾い安全な場所で破壊しようとするもタンクリガニーの砲弾を受けて落としてしまい、センゴクバスラが拾ったところ、ギガントドリラーで取り返し破壊しかけるも種は固く、スモッグジョーキーに奪われてしまい芽が出始めてしまう。

邪面獣はまた1列に並ぶと、充瑠は為朝の作戦で勝つと宣言。

急にふられた為朝は一応突っ込んでから、グーチョキパーで考えるとし、シールドがパー、戦車がグー、二刀流がチョキそれにあわせたフォーメーションで迎え撃つと。

為朝はパーにはチョキだと瀬奈に斬りぬけと指示、キングエクスプレスザビューンでシールドを斬ると、グーにはパーとキラメイジンでハイパーハリケーンからのトドメのパー、チョキにはグー、はっとしてグーと昭和な男宝路がギガントドリラーでワイルドに決めて、グレイトフルプロミネンスで邪面獣を一気に撃破。

種を確実に破壊しないといけないが、博多南代表の計算によるとグレイトフルフェニックスの必殺技でも破壊出来ない事が分かった。

ガルザは勝利を確信し地球はヨドンヘイムと化すと煽ると、充瑠はひらめキーング!もう一度オラディン王にキラフルゴーアローにはいるように頼むと、オラディン王は以心伝心心得たとみなまで聞かずに実行すると、キラメイストーンがは大きくも小さくもなれるという事で、オラディン王が入った事によってキラフルゴーアローは巨大化。

グレイトフルゴーアローで種を破壊。

ガルザは捨て台詞を残して撤収。

オラディン王はガルザが自分を封印すれば勝てると思っていたことが間違い、小夜が自分の身を犠牲にしてでもヨドンアイビーの種の情報をみんなに伝え、瀬奈、時雨、宝路それぞれ持てる力を使って邪面獣にダメージを与え続けた、為朝は冷静な分析で的の攻略法を生み出し、充瑠は2度のひらめキングで敗北寸前の状況を翻した、ガルザの敗北の理由は充瑠をリーダーとした6人を甘く見たこと、傷ついても磨き上げまた輝くピンチになるほど心を寄せ合い増幅させることができる、それがキラメンタルだと。

ガルザは生ぬるい作戦をやめて地獄へ落とすと決意。

という事で、前回からの続きヨドンアイビーの種の発芽を防ぐために総力戦という話でした。

巨大戦と地上戦の同時進行、充瑠と為朝が巨大戦の影響を受けるのをかいくぐりというのが良かったですね。

充瑠のひらめキーング!とオラディン王の使い勝手の良さが全てだったかなって(笑)

次回はありそうでなかった為朝と時雨のコンビ話!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる