FC2ブログ

今日のキラメイジャー エピソード44

「友よ、静かに眠れ」

為朝達の帰りをマブシーナ姫は迎え入れ、オラディン王も無事に帰ってきて喜びます。

博多南代表はガルザと戦って宝路は命に別状はないものの負傷し入院していることを伝えます。

マブシーナ姫は充瑠がいない事に気付き、ファイヤも疑問を持つと小夜が答えづらそうに話し始めようとしたのをオラディン王が引き継ぎ、充瑠は幼い頃のガルザとシンクロしてくれたて嬉しかったと前置きし、助けられなかった、これ以上の無念はないと言葉を絞り出します。

為朝と時雨がヨドン皇帝の攻撃で吹っ飛んでしまったことを告げると、魔進達の動揺は激しく、中でもファイヤは絶対に信じてたまるかと叫びます。

クランチュラはガルザも死んだ、ヨドン皇帝に逆らって生き延びた者はいない、だがあれさえあればとヨドンヘイムで1人彷徨います。

ヨドンナはガルザは僕みたいに愛されていない愚かな奴だと考えているところ、よどん皇帝から残るカナエマストーンを集めに行くように指示されます。

ヨドン皇帝は全部力尽くで奪い全宇宙をヨドンヘイムにしようとします。

出陣しようとするヨドンナにヨドン皇帝はカナエマストーンを置いて行くように言い、ヨドンナも納得しておいていきます。

充瑠不在にみんな落ち込んでいる中、時雨がそれを払拭すべく今は充瑠の事を考えるのではなくカナエマストーンの存在を知ったヨドン皇帝は残り3つを必ず奪いに来ると気持ちを切り替えさせようとします。

今やらなきゃいけない事は地球を守る事、涙はその後と小夜も切り替えると、瀬奈も振り切り作戦を為朝に振ります。

為朝もちょうどまとまり、ヨドン皇帝を倒すためにはカナエマストーンのそれぞれの力を使うしかない。

必死に守ろうとすると考えているはず、その裏をついて積極的に攻撃に使うと言うと、オラディン王にヨドン皇帝を封印するように頼みます。

ヨドン皇帝は自分が石版にされたことをやり返すとしても、出来るかどうかと心配すると、為朝はカナエマストーン・エネルギアでオラディン王の力を増幅させることに、石化したところを破壊の石デストリアで砕く。

しかし、巨大なヨドン皇帝を包めるのかとショベローが指摘すると、為朝はリバーシアを利用したニューアイテムを開発中だったよなと博多南代表に話を振ります。

アダプターは出来てるがプログラムがあと少しと聞き、為朝は博多南代表に超特急でと頼みます。

為朝は10日前19時23分のヨドンナの映像をチェックします。

そこに巨大なヨドン反応、為朝と瀬奈はキラメイジン、時雨と小夜がグレイトフルフェニックスで出撃しようとしますが、ファイヤの気持ちが整理できずに為朝と瀬奈はキングエクスプレスザビューンで出撃する事にします。

ヨドン皇帝は3つのカナエマストーンを渡すように言いますが、当然拒否。

いきなりオラディン王はヨドン皇帝を封印しようとし、小夜がエネルギアで力を増幅させ行けそうになるものの失敗。

そこに博多南代表からプログラムが完成したとの報せがあり、為朝は瀬奈にヨドン皇帝の背中に回るように指示。

為朝はリバーシアに10日前の19時23分の状態に戻すように指示してトリガーを引くと、ヨドンナの姿になります。

リバーシアの能力を応用して、過去のある時期に戻す事ができるようにしていた。

このサイズなら封印出来ると改めてオラディン王は封印しようとし封印成功。

時雨はデストリアを使って封印され石化したヨドンナを砕きにいきます。 

ヨドン皇帝はヨドンナが狙われて窮地に陥れるとはとヨドンナを見ると、謝るヨドンナにまだ手はあると言うとヨドンナを斬ります。

封印されたのはヨドンナでありいなくなれば封印は解けるとします。

ヨドンナは自分は愛されていなかったのかと口にするも、ヨドン皇帝は愛するものは我のみと冷淡に答えます。

ヨドンナはここは泣くところで良いのかなと言うと、ヨドン皇帝はこここそ笑うところ役に立って死ぬのだから言い放ちます。

ヨドンナは無理と言いながら力尽きると、石化したヨドンナは砕け封印が解けてヨドン皇帝に戻ります。

作戦は失敗、何か弱点はないのかと瀬奈はロレンチーニサーチをすると邪面の下の本当の顔が弱点だと分かります。

ただヨドン皇帝の邪面の固さは宇宙最強の固さで破壊不可能。

ヨドン皇帝の反撃で、為朝達は吹っ飛ばされ外に放り出されます。

そこに宝路がギガントドリラーで出撃し、ヨドン皇帝を食い止めます。

それを見ていたショベロー達も出撃しようとするも、ファイヤはまだ充瑠の事があって無理。

ファイヤを置いて出撃しようという流れになったところで、マブシーナ姫は待つようにと止め、ファイヤに充瑠が生きていると信じて心の中で呼びかけているんだろうと言います。

ファイヤはいつ帰ってきても良いように、ずっと戦いの状況を伝え続けて来たと認めるも充瑠からは全然返事が来ない、全部の意識を集中しているのにどうすれば良いんだとマブシーナ姫に訴えます。

マブシーナ姫はファイヤの気持ちはよく分かるが、今は皆と一緒に戦って欲しいと、充瑠が遂げられない思いを遂げるように言うと、ファイヤも吹っ切って出撃。

ヨドン皇帝はただでさえ強いのに再生までして宝路は大苦戦。

そこに気合いの入ったファイヤ達が現れキラメイジンで参戦。

充瑠の分までとファイヤは気合いが入るも、ヨドンデストロイヤーでいきなり吹っ飛ばされてしまいます。

ヨドン皇帝はトドメを刺そうと巨大なヨドンデストロイヤーを放とうとすると、いきなり背後からの攻撃。

ヨドン皇帝は自爆となり、爆発の中からスモッグジョーキーが現れ、さらに間に合ったと充瑠も現れます。

みんな戦いの最中だというのに、喜んで充瑠に駆け寄り、喜びのあまり泣き出します。

充瑠はずっとファイヤが状況を伝えてくれたからどうなっているか分かっていたと言うと、ファイヤは何で返事しなかったのか問い詰め、したけれど届かなかったと。

為朝はどうやって助かったのか尋ねると、充瑠はガルザが助けてくれたと答えます。

ガルザは自分の体を捨ててジョーキーに意識を飛ばし、爆発で吹っ飛ばされ崖に落ちた充瑠を助けた。

そして命がもう尽きると分かった中で充瑠に俺の分まで生きろ、そして絵を描き続けきらめき続けろと言うとジョーキーに充瑠達の仲間になるように言うと、オラディン王に生まれ変わったら、今度は仲の良い兄弟になろうと伝えてくれと充瑠に託した。

俺が生きた意味は今ここで生み出すというガルザの言葉は、俺に思いを繋げるという事なんだと思う、助けてもらった俺がしっかりと生きる事でガルザが生きた意味になると充瑠は言います。

それを聞いたオラディン王は兄として誇らしいと言います。

時雨は無事ならなんで早く帰らなかったと聞くと、ジョーキーからクランチュラが飛び降りてきます。

ファイヤが語りかけてきたおかげでヨドン皇帝が地球に行っていることが分かった。

カナエマストーン・イリュージョアは置いて行っているはずだと思って探して持ってこようとした。

そうしたら途中であったクランチュラがもう持っていた。

ヨドン皇帝の支配から抜け出したいと思って、いざというときの交渉の切り札として盗み出していた、ヨドン皇帝に逆らって生き延びたものはいないこれまでは、だがお前達なら新しい歴史を作ることができるかもしれないとクランチュラは充瑠にカナエマストーン・イリュージョアを渡します。

ヨドン皇帝は再生して復活し、本当に最後の決戦へ向けてキラメイチェンジ。

充瑠を助けられないまま帰還で、落ち込んでいる中それを振り切って地球を守らなければならないという終盤感の強いところで、充瑠抜きで奮闘し作戦も成功しかけたところで仕留めきれないとか今回だけで山場だらけでしたね。

充瑠が生きていた理由、洗脳が解けたガルザが最後に託した感じであるとか、クランチュラの生き残り方なども王道感あり良かったですね。

ヨドンナはこういう終わりなのかと思ったらば、予告ではまだ死んでいない感じですし、最後はどうまとまるのか楽しみですね。
関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

魔進戦隊キラメイジャー エピソード44「友よ、静かに眠れ」

魔進戦隊キラメイジャーの第44話を見ました。 エピソード44 友よ、静かに眠れ 復活したヨドン皇帝により記憶を取り戻したガルザは消滅し、充瑠は谷底へと落下してしまった。 ショックから立ち直れないキラメイジャーだったが、カナエマストーンの存在を知ったヨドン皇帝は手元にある3つのストーンを奪いにくるに違いない。 ヨドン皇帝の手に渡れば、全宇宙がヨドンヘイムと化してしまうが、裏をかいて積極...

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる