FC2ブログ

今日の仮面ライダーセイバー 第25章

「煙をまといし、真紅の刺客。」

飛羽真はプリミティブドラゴンが暴走し倫太郎達を倒しただけではなく芽衣にまで斬りかかる悪夢にうなされていたところ、ルナに助けを求められて目を覚まし、それもまた夢という二段階の夢を見て目を覚ました。

飛羽真はルナを必ず助けると決意を新たにしようとするも、今のままだと暴走してしまうという事で乗っ取られないようにするための対策をとるために必死に文献に当たります。

サウザンベースではマスターロゴスの前に剣士達が集まり、玲花が飛羽真の暴走も止められない中に新たなカリバーが現れ、剣士達の裏切りが問題だから粛正が必要と語ると、倫太郎はマスターロゴスに組織の中に敵がいるというのは本当なのかと尋ねます。

玲花は口を慎むように恫喝、回りはざわつくもマスターロゴスは静まるように合図をすると落ち着き、倫太郎はそんな事は無いと信じているが尾上、大秦寺と組織を離れてしまったのは組織に何が起きているのか質問。

それを遮るように玲花は全ての元凶は飛羽真だから斬るように指示し、マスターロゴスも使命を果たすように言い倫太郎は苦悶の表情を浮かべ、それを横で見ていた蓮は尾上に自分で決めるようにいわれた事が頭をよぎります。

玲花はマスターロゴスと2人になると、ソフィアの事も裏切り者の事も心得ているというと、マスターロゴスはあなただけが頼りですサーベラと言葉をかけます。

ユーリは尾上と大秦寺にカリバーが現れたと話すと、闇黒剣を奪った煙の剣士ならば組織側の誰かかと大秦寺は考え、ユーリは古い友人に会ってくると出かけます。

尾上は古い友人というのを気にしますが、大秦寺はプリミティブドラゴンの暴走を止めるのが優先だと指摘。

ノーザンベースでは飛羽真とそらが文献をあたり、芽衣はプリミティブドラゴンが奪った倫太郎のワンダーライドブックが気になるも飛羽真には話せず。

玲花はソフィアにあなたを作りだした本はどこにあるのかと迫り、ソフィアはそれに答えずみんなは元気か尋ね、玲花は平手打ちし、着替えて剣を手にして出かけます。

飛羽真は何度読んでも手がかりになるようなものは見つからないと大秦寺に報告。

大秦寺はプリミティブドラゴンは倫太郎のワンダーライドブックを奪ったと深刻そうに考えていると、尾上は本でも求めているのかとわざと明るく振る舞い、飛羽真に何か覚えていないか聞きます。

飛羽真は涙を流していた少年を思い出してそれを言い出そうとすると、そらがかわいそうだよねと言います。

飛羽真はそらが何の絵を描いているのかと尋ねると、仲間がいなくなっちゃって自分が死んでもまだ仲間を探しているかわいそうなドラゴンの絵だと答えます。

それを聞いた飛羽真は手にしていた本を見せ、この物語に書かれているドラゴンか聞くと、そらはそうだと答えます。

尾上はそらが本を読める事を褒めますが、このままじゃかわいそう助けてあげられないのかとそらが言うと大秦寺はそれは本だから結末は変わらないとし、尾上は物語の結末はそらが決めると口論を始めます。

飛羽真は倫太郎のライドブックがなくなっている事に気付き、芽衣がもって行ったと気付き慌てて後を追います。

倫太郎は芽衣からの着信を無視していたものの、芽衣は倫太郎を見付けて現れます。

芽衣は倫太郎にワンダーライドブックを渡します。

尾上と大秦寺は暴走対策として本ごと消すか封印するかと考えていると、ノーザンベースに玲花が羽真を斬れば良いと現れます。

尾上は1人で乗り込んでくるとは舐められたものと言いながら禁書を隠すと、玲花は戦力差を考えたら当然かと言いながら煙叡剣狼煙を煙の中から出現させます。

煙の剣士が玲花と気付いた尾上は聞きたい事が山のようにあると言うと、玲花は私にはない粛正しますと変身。

尾上と大秦寺も変身し戦闘開始。

勝手に持ってきて飛羽真に叱られると倫太郎はワンダーライドブックを手にしながら芽衣に言うと、芽衣はそんな奴じゃないと分かっているでしょと返し、世界を守りたいっていうのは同じなのになんで仲良くやれないのかと言うと、倫太郎は今の飛羽真は危険過ぎる、このままだと仲間と世界を守るために斬らなくてはならない、もう仲間を失いたくないと悲壮感漂わせて言います。

芽衣は飛羽真は仲間じゃないのかと聞くと、それでも組織の剣士なんだと倫太郎は必死に訴え、芽衣にどうしたらいいんだと尋ねます。

芽衣は何も言えず、隠れて話を聞いていた飛羽真も何もできず。

玲花は尾上と大秦寺の2人を圧倒。

大秦寺が撃つも体をすり抜け尾上に着弾する始末。

尾上は組織は何をしようとしているのか、おかしいと思わないのかと玲花に訴えながら斬ろうとするも玲花は疑問を持つ事こそが裏切り、あの方は絶対とぶれず、煙となりながら攻撃を全てかわします。

尾上は本当にマスターの言葉なのか自分の意見はないのかと言うも、玲花はマスターの意志は私の意志あの方の偉大な理想を実現するのも私と譲らず。

煙幕幻想撃で尾上と大秦寺を追い込み、その様子を見ていたそらは慌てて逃走。

芽衣は倫太郎にもう答えは出ているんじゃないと言うと、飛羽真も倫太郎の前に現れます。

倫太郎は飛羽真に火炎剣烈火とワンダーライドブックを渡すように言いますが、飛羽真は拒否。

倫太郎は飛羽真を斬りたくないと訴えると、飛羽真は乗っ取られている時男の子を見る、いつも悲しそうなんだと語ると、倫太郎はその子とプリミティブドラゴンに何か関係があるのか聞きます。

飛羽真は分からないと答えると、倫太郎は出来ない、分からないそればっかりだと、暴走しているとどれだけ危険なのか覚えてないから分かっていないんだと迫ります。

飛羽真も分からないまま自分が仲間を傷つけているなんて怖い、でもあの子も放っておけないその方法が分からないだから悩んでいるんだと本音をぶつけると、倫太郎はその子は誰なんだ、何でこだわっているんだ、助けてくれとでも言われたのかと返します。

飛羽真は言われていないけれどもと言いながらルナやそらの言葉がフラッシュバックしてきて、ルナが助けてあげてくれと言っていたのはあの子の事だったのかと、やっぱり助けたいと言い出します。

倫太郎はむちゃくちゃだと、でもそこが飛羽真らしくて好きなんだけれどもと絵に描いたようなツンデレ発言に、飛羽真も倫太郎がいたからここまで戦って来れたんだと仲間を大切にする信頼する倫太郎だからと負けずに返すと、芽衣が割り込んで途中から愛の告白になっていたよとツッコミ。

倫太郎はよく分からないが、その子と話せたとしてプリミティブドラゴンの暴走が止められるのか聞くと、飛羽真はそれでもあの子を守りたい一辺倒。

倫太郎は今度暴走したら飛羽真を斬ってでも止めると言うと飛羽真はその時は頼むと。

そこにそらがノーザンベースに粛正しますと言って女の人が来たと伝えにやって来ます。

飛羽真と倫太郎は苦戦する尾上と大秦寺のもとへ。

飛羽真は変身しようとするも尾上は止めようと士、玲花は倫太郎に裏切り者を粛正するように命令。

倫太郎が動こうとしないと舌打ちし昆虫煙舞一閃で尾上と大秦寺を攻撃。

吹っ飛ばされた尾上と大秦寺は変身が解けます。

飛羽真は尾上をかばおうとすると、尾上は飛羽真に逃げるように言います。

飛羽真は倫太郎を見てから変身。

プリミティブドラゴンは誰にも止められないから封印されたとタッセルはユーリに語ります。

ユーリはそれでも飛羽真を信じていると言い、それよりも新しいカリバーの目的だというと、タッセルはそれは君に任せる彼に会いに行かなきゃといきなり消えます。

飛羽真はプリミティブドラゴンに変身すると玲花を一閃、そのまま暴走し尾上を襲いだし倫太郎は飛羽真を斬るために変身するかどうかで悩みなかなか動き出せず。

ユーリが突然現れ飛羽真を止めようとするも失敗、暴走した飛羽真は倫太郎をめがけて襲ってくると、カリバーが現れ飛羽真を止めます。

飛羽真はクラッシュ必殺斬りでカリバーを攻撃、カリバーは攻撃を受け止めるとそのまま飛羽真に攻撃が逆流するような形になり、飛羽真の意識はいきなり雪の降る森の中へ。

そこで少年と出会いどうしてそんなに悲しい顔をしているのか尋ねます。

少年が手を差し伸べると意識が戻り、飛羽真に向かっていた攻撃が最逆流するかのように飛羽真とカリバーが相打ちとなり、ともに変身が解けます。

変身が解けたカリバーは賢人だった。

という事で、飛羽真と倫太郎の愛の告白となった今回、組織の中の敵というかマスターロゴスは何をしたいのかという謎、プリミティブドラゴンの暴走はどうすれば良いのかという謎、カリバーは賢人であったという謎が現在の軸ですよという整理をしたという事になりますかね。

何一つ解決していないまま謎を増やしていくスタイルはセイバーの特徴となってしまっていますが、その中では一応プリミティブドラゴンの暴走を止める手がかりは提示しましたよという感じですかね。

ある程度提示した謎を処理していかないと、それぞれの解決が雑になる恐れしかないのでもう少しなんとかした方が良いんじゃないかなというのはありますが、それに向けて動いていますよ感はわりと強めかなと、ちゃんと動けばいろいろとすっきりしそうな感じは出ていますかね。

で、賢人はやっぱり生きてカリバーとして復活しましたね。
関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

仮面ライダーセイバー 第25章「煙をまといし、真紅の刺客。」

仮面ライダーセイバーの第25話を見ました。 第25章 煙をまといし、真紅の刺客。 力を制御できず、倫太郎達を倒し、芽依に襲いかかる悪夢に悩まされる飛羽真は、助けを求めるルナの幻影を目の当たりにし、危機を打開しようと文献を必死に読み返す。 芽依は飛羽真のワンダーライドブックを勝手に持ち出し、倫太郎に差し出していた。 意外な行動に出た芽依は組織と友情の板挟みに苦しむ倫太郎にもう答えは出て...

仮面ライダーセイバー 第25章「煙をまといし、真紅の刺客。」

第25章「煙をまといし、真紅の刺客。」 玲花姉さんのご褒美炸裂回

トロピカル~ジュ!プリキュア2+仮面ライダーセイバー25+機界戦隊ゼンカイジャー1

機界戦隊ゼンカイジャー第1カイ「キカイ世界はキキカイカイ!」内容突如、世界が、平行世界キカイトピアと混ざり合ってしまった。そのため、機械生命体キカイノイドが、世界にあふれ。。。同居をはじめていた。そして1か月後。キカイトピアのトジテンド王朝が、侵略してくる。五色田介人(駒木根葵汰)は、研究者だった両親が開発したアイテムを使い、ゼンカイジャーに変身し、侵略者と戦うことを決意する。そんななか子供...

煙をまといし、真紅の刺客。

仮面ライダーセイバー 第25章「煙をまといし、真紅の刺客。」仮面ライダーセイバー | 東映刺客による粛清。

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる