FC2ブログ

今日の読書 白戸修の事件簿/大倉崇裕

お人好し大学生の白戸修が事件に巻き込まれ、翻弄されながら事件の謎を解く、気付く、何となく解決に導くという、日常の謎系のミステリー小説になります。

お人好しなので、なんとなく頼まれた事に断れなくなってしまうという巻き込まれ体質、何か物凄く優れた才能を発揮するというよりも、身に降りかかってしまった火の粉を何とかしようとしているうちに何となく解決するという変わった形の探偵役ですね。

巻き込まれ体質の主人公というのは結構ありますが、そういう主人公扱いの回りには優秀な探偵役がいて解決してくれるというのが定番であり、自分で解決までとなると珍しく目先が変わった物で楽しめますね。

自力で解決かというと、必ずしもそうではないのですが、お人好しが最大の特徴となると自力で完全解決となる方が無理があるので、その無理のない範囲という感じになります。

白戸修の狼狽 (双葉文庫)
関連記事

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる