fc2ブログ

今日の仮面ライダーセイバー 第32章

「僕の想い、結晶となりて。」

ストリウスはマスターロゴスに北の守護者が帰ってきたようだと煽り気味に指摘するも、マスターロゴスは問題無い、かえって本と聖剣を集めるのに好都合と言い返します。

全知全能書の一部であるノーザンベースの力を奪うと言うマスターロゴスに対しストリウスはこっちもズオスが面白い事をしていると煽って去ります。

神代兄妹がメギドと剣士達が戦っているとの報告を持ってきますが、マスターロゴスは今は静観するようにと指示。

玲花は疑問を感じると、凌牙はお前への信頼が揺らいでいるという事だと指摘。

芽衣を救えなかった事で倫太郎は何もできなかったと激しく落ち込み、飛羽真は烈火が光った時に芽衣が見えたと言うと、大秦寺は烈火の覚醒と何か関係があるかもしれないと指摘し、飛羽真なら助けられると言います。

それを聞いた倫太郎は何で芽衣では無く自分を助けたんだと飛羽真を批難し、自分が足手まといになっているとはっきり言ってくれと訴えます。

ズオスは芽衣に水の剣士は俺にやられ死んだかもしれないと煽ります。

飛羽真は足手まといではない、倫太郎は強いと励ますも、倫太郎は飛羽真はどんどん強くなっていき、自分は助けられてばかり、何の為に戻って来たのか分からない、親もいない、本当の子供のように育ててくれた師匠も死んでしまった、家族と思っていた組織まで、失ってしまいこれ以上何も失いたくないんだと嘆きます。

飛羽真は俺も同じ、怖いが剣士だから救えると信じて剣を振るう、今まで倫太郎や皆がいたからここまでやってこれたと言うも、倫太郎は飛羽真とは違うんだと嘆きながら去って行きます。

ソフィアは倫太郎が人一倍正義感の強い剣士だから自分を許せないのだろうと言うも、飛羽真は倫太郎なら必ず戻ってくると信じます。

ソフィアはメギドが現れた事を飛羽真に告げます。

メギドは街中の人間をアクセサリーにしていきます。

飛羽真はメギドと戦闘開始。

倫太郎は自分は飛羽真と同じく強いわけではないと嘆き考えながら街を彷徨います。

飛羽真はアクセサリーにされた人間やちょくちょく芽衣の姿にもどるメギドに手出しがしにくく翻弄されます。

芽衣はユーリはどこか尋ね、飛羽真は今いないことを伝えると芽衣は愕然とします。

そこに水の剣士はどうした恐れをなして逃げたかととズオスも乱入。

飛羽真は倫太郎は必ず来ると信じていると反論。

飛羽真は芽衣の姿に戻って翻弄するメギドと、一度見た攻撃は通用しないというズオスに苦戦し変身も解けます。

そこに倫太郎がやって来て烈火を拾い、読後一閃でズオスを攻撃しひるんでる隙に透真を連れて撤退。

飛羽真は倫太郎に礼を言うも、どうしたら良いのか分からないと悩んでいた倫太郎は剣士だから剣を振るうしか出来ないと飛羽真に剣を交えるように頼みます。

飛羽真と倫太郎は生身で立合い、倫太郎は飛羽真が背負っている思いを剣を通じて分かっていきます。

光る火炎剣烈火と剣を交えていると、倫太郎の水勢剣流水も光だし、倫太郎は迷いを吹っ切り飛羽真に礼を言います。

死んじゃうのかと嘆く芽衣にズオスは死なずにワンダーワールドの一部になる、死ぬ方が楽かもしれないと煽ります。

倫太郎は芽衣にいつも励まされてきた、芽衣はいつも笑顔だと言うと、飛羽真も初めて出会った時のことを思い出し、こんな時芽衣なら笑いとばすだろうと返します。

倫太郎は芽衣は暖かくていつも笑顔にしてくれる僕たちの太陽だと言い、力強く立ち上がります。

飛羽真と倫太郎はズオスとメギドの前に現れ、芽衣を取り戻すと決意を固めてエレメンタルドラゴンとキングライオンに変身。

飛羽真と倫太郎は2人がかりでズオスを圧倒しキングライオン必殺斬り、エレメンタル合冊斬りでズオスを吹っ飛ばし、メギドに向かいます。

しかし芽衣が現れ斬るように言い、飛羽真と倫太郎は躊躇ってしまい、後ろからズオスに斬られます。

メギドは芽衣が諦めたと嗤うと、倫太郎は飛羽真が芽衣を僕がズオスを止めると反論。

ズオスは悪あがきもいい加減にしろと倫太郎を煽ると、倫太郎は悪あがきかもしれないが、飛羽真も芽衣もどんな時でもずっと信じて諦めてくれない人達がいる、だから僕も絶対に僕を諦めないと戦い続けていると、飛羽真は倫太郎に合図。

倫太郎は北風と太陽だと承知し、倫太郎が攻撃し続けて飛羽真がメギドを攻撃し、芽衣を分離させることに成功・・・しかけたところでメギドは芽衣に再び取り憑きます。

芽衣は諦めてしまい、ズオスも何回やってもお前には出来ねぇと煽ります。

倫太郎はそれでも飛羽真なら出来ると信じ、飛羽真も俺たちなら絶対に救うと諦めず。

芽衣は飛羽真に苦しそうな顔でありがとうと言うと、飛羽真はありがとうは笑顔で言うもんだと、倫太郎も芽衣に顔を上げるように言います。

飛羽真は芽衣を助けると約束しただろうと言うと、芽衣も諦めるのをやめめ、物語の結末は俺たちが決めると飛羽真と倫太郎が同時にメギドを斬ると芽衣の分離に成功。

吹っ飛んだ芽衣は着地に成功するも衝撃で震えソフィアに渡されていた鍵を落とします。

飛羽真と倫太郎はメギドを倒し、倫太郎はお前のおかげで強くなれたとズオスに感謝しここで終わらせると、飛羽真とキングライオン必殺撃、エレメンタル合冊撃でダブルキック。

ズオスは炎に包まれながらもまだまだだと叫び、不意に現れたストリウスは鍵を拾い上げ思わぬ収穫があったとズオスを連れて撤退。

芽衣は飛羽真と倫太郎に笑顔で礼を言います。

飛羽真と倫太郎は握手し、芽衣もそこに加わります。

離れて見ていた賢人はまた知らない未来かとつぶやき消えます。

元気になった芽衣はノーザンベースの仲間の証だとみんなに似顔絵入りのピンバッチを渡します。

ユーリはタッセルの部屋でビクトールは一時的に力を失っている、力が戻れば帰ってくるでしょうと光る鳥に告げられます。

という事で、色々と迷走していた倫太郎が吹っ切れて強くなって完全復帰、芽衣も救い出せましたというお話ですね。

飛羽真と倫太郎は上手くやればメギドと人間を分離する事が出来るようになったという事になるのでしょうかね、まだ安定感はないという可能性もありますけれども。

飛羽真と倫太郎の仲違いから元に戻るまでの過程は、仲間割れするところから、なかなか意思の疎通が取れないあたりの描写は何だかなぁでしたが、今回の倫太郎が色々と乗越える所は王道展開感があって良かったんじゃないですかね。

マスターロゴスとストリウスが繋がっている感じもあり、ストリウスがソフィアの鍵を手にしたことで話が進んでいきそうですが、色々と全体的にシンプルにまとめていくとセイバーは面白く出来ている感じがしますね。
関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トロピカル~ジュ!プリキュア8+仮面ライダーセイバー31+機界戦隊ゼンカイジャー7

機界戦隊ゼンカイジャー 第7カイ「魔界の王子は気がみじかい!」内容先日出会った青年ステイシー(世古口凌)と再会した介人(駒木根葵汰)興味津々の介人に、冷たい態度のステイシー。一方、キカイノイドが嫌いなガオーン。どうしてもジュラン、マジーヌ、ブルーンと上手くいっていなかった。そんななかトジテンドが現れ、駆けつける介人たち。そこにステイシーが現れ、ギアトリンガーに似たアイテムをとりだして、ゴレン...

信じる強さ、信じられる強さ。

仮面ライダーセイバー 第31章「信じる強さ、信じられる強さ。」仮面ライダーセイバー | 東映太陽のような人。

仮面ライダーセイバー 第31章「信じる強さ、信じられる強さ。」

第31章「信じる強さ、信じられる強さ。」 落としたアイテムは敵に回収される法則発動。

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる