fc2ブログ

今日の仮面ライダーセイバー 第32章

「僕の想い、結晶となりて。」

尾上は倫太郎が飛羽真と芽衣と共に上手くやり、これでマスターロゴスをぶっ倒しに行けると喜んでいると、大秦寺は火炎剣に水勢剣に反応があったんだから、まずは聖剣に起きた異変を解明したいと興奮して話に入ってきます。

ソフィアは聖剣、ワンダーライドブック、全知全能の書の一部であるノーザンベースの力を狙ってマスターロゴスの手の者が現れるのは時間の問題だと指摘。

ストリウスはマスターロゴスにノーザンベースには強力な結界がある事を指摘すると、マスターロゴスは結界を壊すことなど蜘蛛の巣を払うようなものと気にせず。

それを聞いたストリウスは暴れたりない獣が一匹手元にいるから協力しようと持ちかけ、この鍵を使いたいと思っていたところと芽衣が落とした鍵を見せます。

マスターロゴスはノーザンベースに向けて矢を放ちます。

芽衣は尾上に蓮がどうなったか効くと、聞く耳持たずダメだったと尾上はすまさそうに答えます。

そこにマスターロゴスが放った矢がノーザンベースの結界を揺るがします。

ソフィアは結界の修復を急ぐと部屋を出て行くと、そこに神代兄妹がマスターロゴスの命令で聖剣とワンダーライドブックを回収を目的に襲来。

ソフィアは大秦寺に聖剣を持って芽衣と共にソフィアのいる部屋に来るように指示しているところメギドの襲来も感知し、ノーザンベースの力だけは絶対に守り抜くように指示し、飛羽真は二手に分かれようと指示。

そこにユーリが帰ってきて、光あれと神代兄妹を目くらましし、その間に飛羽真とユーリを残し倫太郎達はソフィアのもとへ向かうことにし、飛羽真は必ずノーザンベースを守り抜く事を倫太郎と約束します。 

まずは火炎剣と光剛剣を回収すると神代兄妹変身、飛羽真とユーリも応戦。

ソフィアのもとへ向かう中、尾上はズオスの急襲を受けて倒れます。

倫太郎はズオスと戦闘開始。

飛羽真はマスターロゴスは全知全能の書を手に入れて何をするつもりなのかと戦いながら神代兄妹に問うと、マスターなら清く正しく力を使うだけそれが正義だと凌牙が答えると、なら何でメギドと一緒に来た、裏でメギドと繋がっているんじゃ無いかとユーリが指摘すると、玲花は驚きます。

凌牙は玲花にうろたえるなと言うと、界時抹消、再界時で飛羽真とユーリの背後から斬りつけ、ここは自分がやるからと玲花に他の聖剣を回収するように指示。

倫太郎はズオス相手に苦戦、そこにソフィアから玲花が大秦寺の聖剣を狙ってやって来た事を告げます。

ズオスはまたあの女をメギドにすれば本気になるよなと煽り倫太郎が激怒していると、立ち上がった尾上が変身して背後からズオスを斬りつけ、ここは俺に任せて先に行けと倫太郎に先を急がせます。

飛羽真とユーリは凌牙相手に苦戦。

飛羽真は吹き飛ばされ変身が解けて倒れ、凌牙がユーリ相手に界時抹消を使うのを見ていると、界時抹消から再界時までの動きが見えかけます。

それをユーリに伝えると、自分が囮になるからその間に見極めるように指示。

倫太郎がソフィアの部屋に駆けつけると、大秦寺は倒れ聖剣とワンダーライドブックを奪われていた。

悔やむ倫太郎にソフィアは尾上がズオスに敗れてしまったと伝え、芽衣がズオスが向かってきていることを報せると、ソフィアは全知全能の書の一部を芽衣に渡し、世界の均衡を守るためにも、この本と聖剣を持って逃げるように指示。

ソフィアはここでズオスを止めると行っている間に、ズオスがボロボロの尾上を引きずって登場。

ソフィアは結界を作り出し、猛然と迫ってくるズオスを止め早く逃げるように指示するも、誰も逃げだそうとせず。

ズオスは結界を打ち破りソフィアに殴りかかると、倫太郎が寸前で止めに入り変身。

飛羽真は凌牙がやっている事は瞬間移動ではないと気付いて何とか解明しようとユーリとの戦いを凝視。

凌牙はユーリを吹っ飛ばし変身を解かせると、お前達も水の剣士と同じ弱い裏切り者無様に涙を流し俺の剣にひれ伏せと煽ります。

飛羽真は立ち上がり、倫太郎は弱くない、仲間の為なら命だって張れる誰よりも強い剣士なんだと返して変身。

凌牙は界時抹消を使うと、飛羽真はそれを見極め再界時の時に反撃。

飛羽真は倫太郎とノーザンベースを守りきると約束した、だからお前をここで倒すと宣言。

倫太郎はズオス相手に大苦戦でボロボロになりながら、剣の道に終わりはないという師匠の言葉や、何の為に剣を振るうのかというソフィアの言葉が頭をよぎります。

とっくに分かっていた、覚悟が足りなかっただけ、今僕が守るべきものは、ここにいる仲間達、仲間がいれば人は強くなれる、僕の生きる世界は僕の大切な人達でできている、だから目の前にいる大切な人達を守り抜く強い剣士になると叫ぶと、芽衣が手にしていた本が光り飛び出しノーザンベースの力がタテガミ氷獣戦記のワンダーライドブックとなり倫太郎の手元へ。

水勢剣流水に誓う大切な人達は僕が守ると倫太郎は変身。

飛羽真と凌牙の戦闘中にマスターロゴスはもう十分だと帰還命令、凌牙は承知しながらも息の根は止めると飛羽真に斬りかかるも、マスターロゴスが強制撤収。

飛羽真は変身を解き立っていられなくなるも、倫太郎の勝利を信じます。

倫太郎は歴代の剣士達の思いの結晶を感じながら戦いズオスを圧倒。

逃げ出したズオスタテガミ大空撃で追いかけ空中戦からズオスを海中まで蹴り落とし、タテガミ大海撃で陸上に打ち上げると、誤った道を歩み化け物になったお前に剣士達が紡いできた意志が負けるはずがないとタテガミ氷河斬り。

凍らされたズオスは満足そうに強えじゃないかまたやろうぜと言いながら砕け散ります。

倫太郎は師匠に勝利を報告すると、本当の強さを見付けたな、さすが自慢の弟子だと師匠に言われたと感じます。

次こそはと報告する凌牙に対し、マスターロゴスはあの力がワンダーライドブックになったから良いと気にせず。

玲花はズオスがやって来ていたことが引っかかります。

大切な人を守る事は世界を守る事に繋がる、かつて剣士達が掲げていた信念を倫太郎が伝えていくのだろうとソフィアは考えます。

ストリウスは面白い本を見付けたとご満悦。

という事で、ノーザンベースに神代兄妹とメギドが襲来し、倫太郎がノーザンベースの力を使ってついにズオスを倒し、飛羽真が凌牙の力が瞬間移動ではないと分かり攻略の糸口を掴み、2人とも剣士として成長しているというお話ですね。

倫太郎はここの所苦労しっぱなしだったのが、ようやく報われ、大切な人を守るからこその成長と良い感じの扱いになりましたね。

マスターロゴスとストリウスの関係がどこまで協力しているのか分かりませんが、玲花が思うところが出てきて、神代兄妹の間に亀裂が入るのか、疑問を持ちながらも今までのように従う事になるのかというのが次の流れに入ってくるでしょうね。

そして、次回は飛羽真と賢人の話、マスターロゴスが表に出てきましたがどうなるのでしょうね。
関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

仮面ライダーセイバー 第32章「僕の想い、結晶となりて。」

第32章「僕の想い、結晶となりて。」 青がパワーアップして白くなりました。

トロピカル~ジュ!プリキュア9+仮面ライダーセイバー32+機界戦隊ゼンカイジャー8

機界戦隊ゼンカイジャー 第8カイ「ドアtoドアで別世界?!」内容トジテンドの刺客ステイシー(世古口凌)が、偽のスーパー戦隊とロボットを使って、ゼンカイジャーを襲撃。介人(駒木根葵汰)たちは応戦していたが、突如、ロボットが消滅する。そこにバラシタラが、ドアワルドとともに現れる。ドアワルドの力により、介人、ジュランたちは。。。。敬称略ドアを通らなきゃ良い。。。。って。。。。そんな気がしていたけど...

仮面ライダーセイバー 第32章「僕の想い、結晶となりて。」

仮面ライダーセイバーの第32話を見ました。 第32章 僕の想い、結晶となりて。 ノーザンベースの結界が破られ、飛羽真らが持つ聖剣とワンダーライドブックを狙って玲花と凌牙が乗り込んできた。 さらにストリウスと怒りに燃えるズオスまでがノーザンベースに侵入してきたため、ノーザンベースの力を守るため、飛羽真らは二手に分かれ強大な敵に立ち向かう。 飛羽真とユーリは玲花と凌牙を引き受ける。 ソフ...

僕の想い、結晶となりて。

仮面ライダーセイバー 第32章「僕の想い、結晶となりて。」仮面ライダーセイバー | 東映師匠達に背中を押され――

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる