fc2ブログ

今日のNBA・カンファレンス・ファイナル

バックス118-107ホークス

バックスがヤニス・アデトクンポ欠場のまま勝利し47年ぶりのファイナル進出決定。

クリス・ミドルトンが32点4リバウンド7アシスト3スティール、ジュル・ホリデーが27点9リバウンド9アシスト4スティール2ブロックと大爆発。

ロビン・ロペスも13点6リバウンド3ブロックと奮闘し、ベンチからジェフ・ティーグが3pを3/3と決めて11点1アシスト、パット・カナントンが13点8リバウンド1アシスト2スティールとバランス良くやりきった事になりますね。

ホークスはトレイ・ヤングは怪我から復帰したものの3pが0/6と完全に復調とまではいかず14点4リバウンド9アシスト1スティールと起爆剤にはなれず。

ボグダン・ボグダノビッチは20点2リバウンド3アシスト3スティールと奮闘したもののチームとしては若さが勢いに出ずに終わってしまった形ですね。

生え抜き若手を中心としたチーム作りでホークスはまだこの先輝かしい未来が待っていそうですが、若手が多すぎるだけに契約更新の取捨選択が難しくのしかかってきそうで、そこを見誤ると思ったほど伸びないとなりかねないだけにどうなるか、若く良い選手は多いのですが、現状のNBAは身の丈にあった給料の見極めよりも、貰える時にもらっとけの精神が強くなってしまって、本当に実力と給料のバラスがおかしくなっていますからねぇ、特に勝手に選手がよってくるようなチーム以外は引き留めるために必要以上に払わなければならなくなって編成が苦しくなるというのがあるあるになっているくらい。

ホークスの場合それがどう出来るのかどうかですね。


バックスは74年カリーム・アブドゥル・ジャバーがエース時代以来のNBAファイナル。

当時の試合を見ていた人がどれくらい現存しているのか知りませんが、懐かしいと思って見られる人はある意味羨ましいですね。

サンズも93年以来のファイナルと共に久しぶり過ぎるという組み合わせ、共に前回のファイナルでは勝っておらず、バックスは50年前に優勝して以来の2度目のNBA優勝となるか、サンズの初優勝になるかという、久しくなかった新鮮な結果が待つことが決定しています。

どっちが勝とうとも、選手談合による寄せ集めチームじゃない優勝となるのは、何となく嬉しくはありますね。

関連記事

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる