fc2ブログ

今日の読書 琉球警察/伊東潤

敗戦後アメリカに統治されることになった沖縄、奄美、戦勝国として横暴がゆるされてしまっていた米軍に対して立ちはだかり沖縄の日本復帰を訴えた瀬長亀治郎。

共産主義者として米軍にマークされた瀬長を琉球警察名護警察署に配属された奄美諸島徳之島出身の男が公安に配属され、スパイを使って監視する事になるという話になります。

沖縄本島出身ではなく奄美出身という事で1つの差別があり、それ以上の差別を米軍からされることになり、それでいながら米軍が上位組織となる警察官となり働き、沖縄県民のための民族独立運動を監視しなければならないという、捻れや矛盾をはらんだ歴史小説の手法とミステリー小説の手法両方を使った小説になっています。

瀬長亀治郎という人物は実在していますし、敗戦後の沖縄という舞台も現実にあったもの、しかし警察関係者やら何やらは架空のキャラクターという事になり実際に起ったことと虚実織り交ぜてのものですね。

歴史小説でも滅びの美学であるとか敗者側を主人公に選ぶことが多い伊東潤作品の系譜にこれは入れて構わないと思いますが、戦争に負けるという事は民族の誇りなど多くのものを奪われるという事だよね、でも誇りだけでは食っていけないよねとか色々と考えさせられるものになっていますが、そこまで考えないで普通に物語としてだけ楽しむのでも全く構わない面白さがある作品だと思います。

関連記事

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる