fc2ブログ

今日の読書 福家警部補の挨拶/大倉崇裕

犯人側視点で犯行が行なわれたところから始まり、犯人が分かった状態で捜査が進んでいくという刑事コロンボの手法として有名な倒叙ミステリーのシリーズの最初の作品になります。

元々作者が刑事コロンボが大好きだったという事らしく手法は踏まえながら、しかし刑事はくたびれて愚痴をこぼしながら捜査をするようなオヤジではなく、捜査現場に到着すると関係者以外立ち入り禁止というお約束ができてしまう、就活中の女子大生のような地味な存在とかなり別物になっています。

犯人は基本的に社会的に評価されている、一定以上の知性があり犯行動機も全肯定することはなくとも分からなくは無いし同情の余地はあるというもので、だからこそ事件解決に向けてどんどん言い訳が利かない形に追い込まれていく事を楽しめるというものになっていて、倒叙ミステリーはこういうものだよねというお手本ような作品でシリーズとして続くのも分かるなと。

福家警部補の挨拶 (創元推理文庫)
関連記事

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる