fc2ブログ

今日のマジック レギュラーシーズン 最終戦

ヒート111-125マジック

今日のスターターは
PG マーケル・フルツ
SG RJハンプトン
SF チュマ・オキキ
PF モリッツ・ワグナー
C  モハメド・バンバ

今シーズン最後は勝利で飾りましたが、ヒートはプレイオフに向けて主力を休ませる調整に位置づけしていましたし、マジックとしては今日負けたところでドラフト上位指名権争いで一番有利とはならない事になっていたので勝って終われて良かったねという感じですね。

モハメド・バンバが3P5/9と決めて21点10リバウンド1アシスト2ブロック、NBA入り前に期待されていた事を出来る確率が増えた1年となりましたね。

少なくとも今シーズン前は契約延長が提示されず、インサイドの若手ではウェンデル・カーターJrに序列に差をつけられることになりましたが終わってみればバンバはプレイタイムを確保して我慢してでも使い続けるという育成方法が正しかったという事になったかなと、ウェンデル・カーターJr共々怪我で長めの離脱は折り込んでおかないといけないというのは困りものではありますが。

RJハンプトンも21点6リバウンド5アシストと酔い締めくくりとなりましたが、ハンプトンは正直伸びきれなかったシーズンだったなぁと、ナゲッツとのトレードで儲けもの扱いされていましたが安定してプレイ出来ず、今日みたいな結果も出せるけれどもこれを当たり前のようにできるようになる保証は感じさせないというか、若手だらけのチームで勝利に縁遠くなると悪い意味での競争になるのは良くあることなのでチーム構成を考える時にどう扱うのかが気になる選手でもありますね。

オキキは17点6リバウンド1スティール1ブロック、3Pを5/12と決めて3Dな活躍を見せていますが、兼用フォワードだけれどもSF扱いで使った方が良さそうとなっているかなと、フランツ・ワグナーとの兼ね合いもあるので成長は嬉しいけれども兼ね合いをどうするかというのはなかなか難しくなるというようにも思えますね。

結局22勝60敗とどうにもならないような結果となりましたが、今年はドラフト上位指名権争いの年だと開き直っていた分特に悲観的ではないですし、期待の若手は多目というチーム事情も現段階ではまだ夢を見ていられるだけのものがありますし、こんなもんかなと。

問題はドラフト指名順位ですが、今年こそは悲願のドラフト1位指名権が欲しいよなぁと本気で思うわけなんですよね、ガチガチの本命選手がいるというほどガチガチではないようですが、上位候補にビッグマンが目立っていて、これはマジックにドラフト1位指名されたビッグマンはもれなくオールNBAファーストチーム入りはするという伝統は引き継げるのではないかと期待するなというのが無理だと。

そもそもドラフト1位指名権を行使した3回ともビッグマンしか指名していないですけれどもね。


ヒートはヴィクター・オラディポがスターターPGとして出場して40点10リバウンド7アシスト2スティールとシーズン中の鬱憤を晴らすかのような大暴れ。

オラディポを見ていれば2位指名権であっても悪いことにはならないよなとは思いますね、問題はマジックに在籍している間にその実力をいかんなく発揮するかどうかは別というだけで。

関連記事

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

アドバンスドスタッツで見る今季のマジック

シーズン終了と言うことで、普段あまり気にしないアドバンスドスタッツを見て軽い振り返りをしてみました。

ハンプトンは期待したんですが、伸びませんでしたねえ…。
チーム全体の得失点差が-8.0なのに、ハンプトンのネットレーティングは-14.5。
いくらセカンドユニットとはいえ、この数字はさすがに無いだろうと。
カーターは-3.7、フランツはー4.9と素直に「コートにいる時間の方がマシ」という数字になっているのに対し、
チーム全体の数字よりネットレーティングが低いオキキ、バンバも伸びたと言えるかどうか。
あと、ハンプトンよりディフェンスレーティングの低いロスはもう限界かな…。

良い点としてはカーターの健闘ぶり。
あとPGはボール触る回数が多い分オフェンスレーティングが下がる傾向を考慮するとアンソニーも健闘かな。
それとワグナー兄弟。
特にモリッツは、PIE(インパクト)ではある程度試合数でた選手の中でチーム1位、USG%(使用率)ではチーム2位なので、何気に出場時間帯はエース格として活躍していたと言うことですね。
ドイツ代表での活躍を時間限定でやっているという感じでしょうか。

あと、18試合しか出てないけどPIEがモリッツより上のフルツは「健康なら…」というのはありますね(そのタラレバがこの人には厳しいんだが…)。

Re: アドバンスドスタッツで見る今季のマジック

アドバンスドスタッツ普段気にしないけれども、改めて目を通すと色々と分かる部分があるな。

ハンプトンは期待されたほど使われないと思っていたが、そりゃチーム平均を落とすマイナスっぷりじゃ使われなくて当たり前になっていまうな。
オキキとバンバの場合コート上にろくすっぽいないというところから、まずはプレイ出来ているという事と、安定感は欠片もないけれども当たりの日もありオキキはチームのスチール王、バンバはブロック王という意味では伸びたと思う。
問題は安定感をつけることが今後出来るかどうか、バンバよりもカーターの方が安定感も完成度も期待出来るののは間違い無いんだけれども、バンバよりも出場出来なかったのが本当に怖い。
ロスはプレイオフ圏内のチームから引っぱられると予想していたのが、引っぱられなかったということはそういうことなんだろうな。

コール・アンソニーは6thマンに専念できたら良い感じになりそうな予感はあるんだよな、それこそフルツが健康ならば負担軽減も兼ねて好循環も作り出せるんだけれども…
ワグナー兄弟は本当に助かる存在だったし兄妹揃えておいた判断は間違い無かった、モリッツはもっと長めに使ってみても大丈夫なのか、短時間集中型なのかはまだ判断しきれない事くらいかな。

おまけ

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる