fc2ブログ

今日の読書 棘の家/中山七里

自分のクラスのいじめ問題に対していかに大事にせず騒ぎにならないように無難に当たり障りなく収めようと自らの保身意識も込みで対応していた中学校教師の小学生である娘がいじめを苦にして飛び降りをした。

教師という立場も分かるからこそ、学校側の保身主義にもどかしさを感じてしまう。

この事件についてマスメディアに情報を渡した事により、そこからSNSで拡散、いじめた側は大炎上し被害者でもあり加害者でもあり様々に立場が反転していき事件は変容していくという話になります。

分かりやすい悪を見付けた者は自分が正義という立場を利用し剥き出しの悪意をぶつけてくるという分かりやすさと、その渦中に入ってしまうと自分でどうこうすることがいかに大変な事か、事件が解決する前から容疑者が出てくると犯人と決めつけられる事などなど、改めて事件に巻き込まれる事そのものが嫌なことだと思わずにはいられない話になっています。

中山七里作品ですから終盤まで気が抜けないものになっていますが、世間的な悪意を散々扱ったものであるからこそ、事件解決後も大変だろうなと思わずにはいられないなと考えてしまう作品ですね。

関連記事

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる