fc2ブログ

今日のDAZN観戦 徳島ヴォルティスvsFC町田ゼルビア

徳島ヴォルティス3-2FC町田ゼルビア

ポポビッチ監督含めフロント陣が一気に今シーズン限りで退任を発表し、残り試合どうなるのか個人的には開き直って今までやっていないことを実験的にやってくれることを期待した試合。

ようやく今シーズン夏加入地元出身期待の太田宏介が初先発と楽しみな要素は多かったのですが、何故かDAZNが技術的なエラーでなかなか繋がらず、前半が進んでいき長谷川アーリアジャスールが先制点を決めたというのもリアルタイムで見れず、直後にかつて町田にも在籍した杉森に同点ゴールを決められたのも利ありタイムでは見られず。

ようやく回避ヴァージョンで見る事ができるという情報を得たところ、見始めて即座に平戸のスルーパスを太田修介が決めるという巡り合わせの良さ。

そのまま1点リードで折り返しとなり、ハイライト映像で改めて確認すると全体的に良かった時を取り戻している感じもあり、ようやく底を脱出出来るのかと期待を持ち後半へ。

徳島は後半あたまから2枚替えと勝負に出てくることに。

交代がすぐに効果を現わすことはなく、前半の良い流れを続けていたものの19分に徳島に得点を許し同点。

24分ようやく太田修介から平河に交代するもこの時間帯で1人と徳島が勢いを増している中で交代からの反撃というのは望み薄。

平河がいい動きを見せたものの平河が入った直後に逆転を許し、39分にようやく動き安井、太田宏介、ドゥドゥに変えてチョンテセ、翁長、ヴィニシウス・アラウージョを入れ反撃に移ろうとするも、本職じゃないサイドにヴィニシウス・アラウージョを入れたりと効果的にはならずに反撃できず、死にそうなくらいふらふらになっている長谷川アーリアジャスールを交代せずに交代枠を1枚余らせて試合終了。

同じような負け方の繰り返し、信念を貫くというか現実を受け入れられないというか、5枚交代制がサッカーの常識となりそのための戦術を踏まえて試合中に常に微調整し続けなければいけない時代に取り残されてしまったというか、ポポビッチ監督の監督業が今後続く事があるのかというレベルの心配までしなければいけない事になっているなぁと。

スポーツの世界、常識が一転する事なんてよくあることで、適応力が試されるんだよなぁって。

関連記事

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる