fc2ブログ

今日の読書 首切り島の一夜/歌野晶午

管理教育が全盛時だった昭和の頃でも厳しい進学校の40年ぶりの修学旅行を再現した同窓会、修学旅行先としては異例すぎる離島。

そこでの宴席で当時自分達の高校をモデルにしたミステリを書いていたと告白した男が宿泊先で死体として発見される事に、嵐となった孤島では捜査員達がやって来る事が出来ず、宿にとどまった7人はそれぞれの思いにふける事になるという物語になります。

同窓会に参加した全員の視点で、事件の起きた同窓会という現代においてそれぞれの視点で時間は過ぎていき、同時にそれぞれが過去について回想するという構成になっています。

還暦間近の生徒と、当時は若手だった教師それぞれが考えている事が事件とどう関係していくのかという事で引き込まれていく感じですね。

作者がトリッキーな新本格ミステリの書き手である歌野晶午であるという事を知っているかどうかによって感想が変わるかもしれないですね。

関連記事

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる