fc2ブログ

今日の仮面ライダーギーツ 15話

謀略Ⅵ:仮面ライダーの資格

佳境をむかえたデザイアグランプリ第3回戦にてタイクーン、ナーゴ、バッファが不屈の活躍で勝ち抜ける中、パンクジャックがゲームマスターに操られ前回のデザ神ギーツこと浮世英寿がまさかの脱落 結末はどうなってしまうのかとツムリは記録。

英寿は蒲団の上で朝を迎え、食卓ではギロリが英寿に今日の予定を聞きます。

雑誌の取材が5件、グラビアの撮影が3件夜はバラエティ番組の収録だよと答えると、忙しいなスターはとギロリは返します。

英寿はスター・オブ・ザ・スター・オブ・ザ・スターと訂正してから出かけます。

デザイアグランプリに関する記憶が完全に消去されたようですねとツムリが言うと、何か不満でもとギロリは反応。

ギーツを落としたやり方はデザイアグランプリのルールに違反していますとツムリが批難すると、デザイアグランプリを存続させるためだとギロリは反論。

意外だったよあのギーツが脱落とはな、今度こそ我がジャマトが世界を滅ぼすばんだ、とっておきのラスボスが目覚めたぞと植物園のオヤジが電話で話すと、成長したライダーは他にもいる我々を見くびるなとギロリは返し、それはこっちだって同じ、栄養と学習でジャマトは進化するとご機嫌。

ラスボスが搭乗し、最終戦戦艦ゲームが始まった。

今回はスコア勝負、ラスボスが退去するまで街の防衛をすることだとツムリは説明。

3人だけと祢音が弱気になっていると、スコアトップの方がデザ神となり理想の世界を叶える事ができますとツムリは奮起させるように言います。

勝てば本当の愛が手に入ると祢音は思い出し、退場した人達を甦らせるためにと景和も決意を固め、全ての仮面ライダーをぶっ潰す力を手に入れると道長は気合を入れ直します。

最終戦、街中の人々は大惨事に逃げ惑っていた。

スコアの高いジャマトは俺がもらうと道長は駆けだし、景和は人命救助を優先、どっちも大事だと祢音はそれぞれ変身し戦闘開始。

ジャマトはパワーアップしていて大苦戦し道長は本丸を叩くかと言うと、まさかしろをそれは無理だとジャマトがしゃべり、道長は豪徳寺を思い出しまさかなと振り切ります。

景和と祢音は2人がかりでジャマトライダーを相手にするも大苦戦、こんなところで負けるわけにはいかないとジャマトライダーが言うと、景和はどうしても平の事を思い出します。

数が多くて守り切れない、これが最終戦なのか、今まで私達が生きてこられたのは命懸けで世界を守ってくれる人がいるから、英寿っていうデザ神がいたからと祢音は完全に弱気に。

英寿の撮影にジャマトの皆さんが乱入、英寿はスタッフを避難させるために奮闘しながら、なんなんだこの世界はと困惑。

祢音と景和が改めて英寿の凄さを実感しながら弱気になっていると、道長はギーツなんかいなくたってやれる、デザ神になるのは俺だと強気のまま戦闘続行。

ギーツ抜きで世界は守れるんでしょうかと様子を見ながらツムリが疑問を口にすると、そのために試練を与えて鍛えてきたんだ、やってもらわなければ困ると答えます。

道長はリボルブ・オンをする様子を見て、次のデザ神はバッファが順当な所だなとギロリは言います。

しかしラスボスの攻撃で3人は吹っ飛びます。

ラスボスのお出ましかと道長は言うと、城ってものは内側から崩れるものだという英寿がやった事を思い出し、中に入ろうとフィーバースロットバックルをセット。

プロペラが出てくると、どうやら運が巡ってきたようだなと道長は飛びます。

その様子を英寿が駆けつけて目撃。

道長はラスボスジャマトに翻弄され墜落。

おい大丈夫かと英寿が駆け寄ると、ギーツと道長は言い、ギーツ何の事かと英寿は戸惑います。

脱落したから記憶を消されたのか、どけお前の出る幕はないと道長は英寿を押しのけラスボスに向かおうとするもダメージの影響で転んでしまいます。

誰だか知らないが無理するなよ、勇気と無謀は違うと英寿は声をかけます。

以前にも言われたことを思い出した道長は、この期に及んでもマウントとる気かと文句を言いながら俺が勝つんだ立ち上がります。

命が惜しくないのかと景和が言うと、自分の理想のために他人を蹴落とす、そういう奴らが許せなかった、だから仮面ライダー是認をぶっ潰す力が必要なんだと道長が言うと、関係無い人まで巻き込むのは逆恨みだよと祢音が言うと、俺からすりゃどいつもこいつも変わらないんだよと吐き捨ててラスボスに向かいます。

しかし道長はラスボスの一撃で変身が解けてズタボロになって倒れます。

英寿がしっかりしろと駆け寄ると、何故だ俺とお前の何が違う何故お前に出来て俺には出来ないと道長は悲痛な疑問を口にするも、英寿は何の事だと戸惑うまま。

とぼけるなお前が言ったんだろ、負けなければいつか勝てる日が来るってと道長は苦しみながら言うとドライバーを英寿に向かって差し出し、英寿は道長のIDコアに触れます。

全部嘘だったのか、俺たちを化かしていただけなのか、もし違うというなら証明して見せろ、お前の言葉を信じさせてみろと言いながら道長消滅。

それを目撃した景和と祢音はジャマトライダーに突き飛ばされ変身が解けてしまい大ピンチ。

個々は引くぞ、お前らが退場したらゲームオーバーだと英寿は2人に駆け寄り逃げ出します。

サロンに戻り、何故君がここにいるとギロリは英寿に向かって言うと、バッファのIDコアを触って思い出したからだ、あいつが知ってる俺の記憶をなゲームマスターと英寿は返して、景和と祢音はギロリがゲームマスターだと知り驚きます。

どこまでも悪運の強いやつだと言うギロリに対し英寿はギーツのIDコアをくれと言います。

君はすでに脱落した身だ仮面ライダーの資格はないとギロリは宣告。

敗者復活しようなんて気はさらさら無いと英寿は余裕で返し、仮面ライダーが全滅すればジャマーエリア区域が滅ぶそれはあんたの望みじゃないだろうと強気で交渉を続けます。

タイクーン、ナーゴ君たちのどちらかがゲームをクリアすればすむ話だとギロリが言うと、俺には無理ですよ、そもそもジャマトって何ですか、退場した人と何か関係があるんじゃ、こんな迷いの中でどう戦えって言うんだと景和はぶちまけます。

理想の世界を叶えたくないのかとギロリが続けると、叶えたくても実力が無いんです今はまだ祢音は本音を漏らします。

よし分かったならば君たちの助けになるアイテムを用意しようとブーストバックルをギロリは渡すと、俺たち参加者はゲームマスターの駒じゃない戦うかどうかは自分達で決めると英寿は断言。

ならばなぜ君は闘うたとえラスボスを攻略しても君はもうデザ神にはなれない、なのに何故とギロリが迫ると、俺の世界を守るためだと英寿は言い、このバックルは借りていくぞとブーストバックルを手にし、この世界は俺に任せておけろ景和と祢音に言います。

ギロリはひと笑いしてから却下だ、お前にはもう仮面ライダーの資格は無いとばっさり。

仮面ライダーの資格がありますと言ってツムリがドライバーを手にしてやってくると、彼が一番最初に叶えたと言って、俺が死ぬまでデザイアグランプリに参加できる世界と書いたデザイアカードを見せ、彼が死なない限り仮面ライダーギーツですと宣言。

まさかこうなる事まで計算していたのかとギロリが苦虫をかみつぶしたような顔で言うと、そうだと言ったら俺の言葉を信じるかと英寿は言います。

英寿は部屋にメモを細かく分けて書いていて、ポスターの裏に記憶を失った自分に向けて、世界が危機に陥ったら怪物と戦う戦士を探せ、戦士の腰にあるドライバーに装着されたIDコアを触れば消された記憶を戻せる、あとはツムリからドライバーを受け取れと。

英寿はドライバーを受け取るとちょっと行ってくるよ世界を救いにというと変身。

ブースト、マグナムとバックルを使って次々とジャマトの皆さんを蹴散らし、マグナムアクティカルロスブラストでさらに一掃。

ゾンビ、コマンドツインバックルを使ってわらわら出てくるジャマトの皆さんをボコボコに蹴散らしていきます。

私の父がデザイアグランプリのスポンサーだと知りましたと祢音がギロリに迫ると、あなた達は一体何を隠しているんですかと景和も迫り、ツムリはこれ以上はもうとギロリに黙っていられないだろうと促すも、ギロリは黙れと一蹴。 

英寿はあらかたジャマトの皆さんを倒すと、さあここからがハイライトだジェットアンドキャノンでラスボスに向かって行き城って奴は外側からでも崩せる武器次第でなと、さあ打ち上げと行くかとタクティカルレイジングでラスボス撃破。

流石ギーツこれこそがリアルとニラムはご満悦。

ラスボスを倒したものの何故ゲームが終らない。

ツムリがやって来てゲームマスターが正式に敗者復活戦に招待すると伝えます。

英寿はどういう事だと戸惑ういます。

デザ神になる最後のチャンスを与えよう、ゲームに挑戦してもらう、デザイアグランプリデザ神決定戦とギロリは景和と祢音に言います。

ラスボスを倒したんじゃと2人は困惑。

ゲームマスターの承認がなければ、ゲームクリアにはならない。

という事で、前回脱落となった英寿はあっさりとデザイアグランプリ復活となりました。

ゲームが続行中で世界が作り替えられる前という事で、英寿が作り替えた世界はそのまま継続していたおかげ、脱落して記憶が消されることも考慮して部屋に秘密のメモを置いておいたおかげで助かりましたが、家族になることがノリノリで英寿の部屋にギロリが入っていたりしたらバレていたかもしれないですな。

ラスボスを倒したのにゲームが終了しないという、ゲームマスターの後出し、ゴールポスト動かしというやりたい放題でゲームは続行、しかも本来デザイアグランプリでは禁止行為といしているライダーバトルという事までやってきて、ギロリの退場なのかゲームマスターとしての役割の剥奪なのか分からないですが、少なくとも今の立場は長くないなと。
関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

仮面ライダーギーツ 第15話「謀略Ⅵ:仮面ライダーの資格」

仮面ライダーギーツの第15話を見ました。 第15話 謀略Ⅵ:仮面ライダーの資格 英寿が脱落する中、ラスボスが出現し、デザイアグランプリの最終戦がスタートする。 景和は祢音、道長の3人はデザ神となるためライダーに変身し、ラスボスに立ち向かう。 しかし、3人は大苦戦し、強引に攻撃を仕掛けた道長はラスボスの強烈な一撃を浴び、変身解除に追い込まれてしまう。 「なぜだ…俺とお前の何が違う・・・...

仮面ライダーギーツ 15話「謀略Ⅵ:仮面ライダーの資格」

15話「謀略Ⅵ:仮面ライダーの資格」 ゲームマスターの電話の切り方が毎度雑で笑う。

デリシャスパーティ・プリキュア40+仮面ライダーギーツ15+暴太郎戦隊ドンブラザーズ41

暴太郎戦隊ドンブラザーズ ドン41話「サンタくろうする」内容脳人には、年に一度しなければならない義務があった。ソノイ(富永勇也)たちは、タロウ(樋口幸平)たちに相談しようとするが、どうしても。。。敬称略なんか。。。ホラーだよね(笑)怖すぎるプレゼントだよ。脳人たちも、楽しそうだし。まぁ、この時期の風物詩だからね。こんなところだろう。仮面ライダーギーツ 15話「謀略Ⅵ:仮面ライダーの資格」内容...

謀略Ⅵ:仮面ライダーの資格

仮面ライダーギーツ 15話「謀略Ⅵ:仮面ライダーの資格」仮面ライダーギーツ | 東映例え記憶を失っても…。

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる