fc2ブログ

昨日と今日のNBAプレイオフ・カンファレンス・ファイナル

ナゲッツ(西1)119-108レイカーズ)西7)

ナゲッツが3連勝で勝ち抜けまであと1つ、お掃除で勝ち上がる可能性も出てきました。

ジャマール・マレーが37点7リバウンド6アシスト2スティールと大爆発、不当に評価が低いよねっていう論調が強まっているというか、単にメディア注目度が極端に低いよねという事ですよね。

ニコラ・ヨキッチも24点6リバウンド8アシスト1スティールですが、これで調子よくなかったのかと錯覚してしまうというわけのわからなさですね。

ナゲッツの安定感の高さ、敵は主力選手の怪我だけという感じは騒がれて良いはずなのですが、アメリカ単位では嬉しくない強豪チームなんだろうなぁって。

レイカーズはアンソニー・デイビスが28点18リバウンド1アシスト2ブロック、レブロン・ジェームズとオースティン・リバースも20点超えですが、デアンジェロ・ラッセルがFG1/8と入らず分かりやすい形で足を引っ張ったなと。

そして八村塁は13点6リバウンド1アシスト1スティールですが、全うにプレイタイムをもらった中では一番となる+/-での-3、マイナスなんで凄いとは言いにくいのですが信頼できる選手となっているよねって。


セルティックス(東2)102-128ヒート(東8)

ヒートも3連勝で勝ち抜けまであと1つであり、お掃除してしまう可能性もあるという事で、ここまではわりと競って勝ち上がってきていたのに、カンファレンス・ファイナルになったらどっちも一方的になるというのが面白いというかなんというか。

ゲイブ・ヴィンセントが29点2リバウンド3アシスト1スティール1ブロック、ベンチスタートのケレイブ・マーティンが18点3リバウンド4アシスト1スティール、ダンカン・ロビンソンが22点2リバウンド4アシストとどうやったらドラフト外選手だらけで勝てるようなチームになるんだよというのがヒートですよね。

これをまねできるチームってほぼほぼ無いでしょう。


セルティックスはジェイソン・テイタムが14点10リバウンド2アシスト2スティール、3pが1/7と外しまくったのにスコアリーダーだったというのが全てを表わしている結果ですね。

関連記事

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる