fc2ブログ

今日のキングオージャー 第20話

「王と王の決闘」

バグナラクに占拠されたシュゴッダムを救うため王達は新たな同盟組織・王様戦隊キングオージャーを結成。ギラと共にバグナラクを退けた。そしてヤンマの行きすぎた報復によってラクレスを捕らえる事ができなくなる中ギラは決闘裁判を申し込むのだったとな。

ラクレス・ハスティー、シュゴッドの前に永遠の愛を誓いますかと問われ誓おうとラクレスは答えます。

スズメ・ディボウスキー、シュゴッドの前に永遠の愛を誓いますかと問われ、スズメは満面の笑みで誓いますと答え結婚が成立。

あのスカポンタヌキとんだ裏技かませやがったとその様子を画面で見ていたヤンマが文句を言うと、めでたいっすねぇとシオカラが答え、ツッコまれます。

政略結婚だスズメはカグラギの妹ラクレスは強制的にトウフと同盟結んだようなものだ。しかも結婚の祝福ムードでラクレスのダメっぷりがうやむやになっちまったとヤンマは愚痴ります。 

望まない結婚ほど見にくいものはないとヒメノは呟きます。

カグラギにすりゃ人質に剣を突きつけられたようなものだ。ラクレス側に寝返る可能性がたけぇ。めんどくせぇ事しやがってギラとヤンマは愚痴を続けます。

ここじゃなきゃダメなのかとギラが文句を言うと、お前はまだ反逆者だ。なぜ決闘裁判を仕向けたあの状況なら必ず失脚させられた。だがお前のせいでラクレスに猶予を与えたとリタが冷静に返します。

全てはラクレスをこの手で倒すため俺様が世界を支配する為よとギラは高笑い、リタはストレスで叫びます。 

まっことめでたい私は今日という日を永劫忘れぬ事でしょうとカグラギが仰々しく言うと、過去は水に流そう家族同士助け合おうじゃないかとラクレスも答えます。

ではこれからは兄上と呼んでくださるのかとカグラギは続けると、調子に乗るなよオージャクラウンランスを返してもらおう。ギラの持っていた王冠は戻って来たが、ランスは君が持っていたはずだ。あれは王の真の力を引き出す槍。それにこの城そのものに不可欠な鍵だ。スズメの命は私が握っている。黙って従え、兄上とラクレスが言うと、仰せの通りにとカグラギも従います。

お困りみたいだねぇとジェラミーが声をかけると、かたじけないこれをラクレス殿に渡そうと思いどうか一緒に来ていただけないでしょうかとカグラギは槍を見せます。

妹さんのためかいとジェラミーが聞くと、情けないのは承知だからこそ他の王には知られとうないのです。どうかご内密にとカグラギは頼みます。

哀れカグラギは妹のためランスを邪気暴虐の王に差し出す決意をするのだったとさとジェラミーはヤンマに説明。

べらべら喋って良かったのかそれとヤンマがツッコむと、私がカグラギの立場だったら絶対口止めしてるとヒメノもツッコミます。

行間をどう読むかはお前さん方に委ねると言い残してジェラミーは去ります。

ランスは王の真の力を引き出す、ラクレスの手に渡ったらまずいじゃない、逆に言やぁギラに渡せば決闘裁判に勝てるとヤンマとヒメノは打ち合わせます。

ご結婚おめでとうございますラクレス様とボシマールが言うと、主君を置いて逃げおおせのこのこと戻って来たのかとラクレスは冷ややか。

ラクレス様のために参ったのです。ドゥーガの奴めは戻ってこないじゃないですかとボシマールは必死に取り繕うと、ならカグラギの持っているランスを奪え他の王は確実にギラに渡すために動くできなければとラクレスは剣を振るいボシマールのズボンを落とさせると、使えぬ道具は処分すると言い、ボシマールは慌ててズボンも上げずに出て行きます。

再びの決闘裁判となればこたびの作戦はとカメジムが語っていると、たわけとデズナラク8世はと激怒。

もう小細工には頼らん命を捨てて戦えぬ者には死んでもらうとデズナラク8世は命令し、招致しましたギラを殺して見せますとカメジムは答えます。

これよりラクレス・ハスティーとギラ・ハスティーによる決闘裁判を行なう。この決闘はどちらかが降伏するかあるいは死ぬことで決着するとリタが宣言。

ラクレス・ハスティー勝利の暁に何を望むとリタが問うと、反逆者ギラを王家から追放永久に牢で生きてもらうとラクレスは答えます。

ギラ・ハスティー勝利の暁に何を望むとリタが問うと、貴様の玉座をもらおうとギラは答えます。

両者剣を取れ。はじめろとリタが決闘裁判開始の合図。

両者王鎧武装し、ラクレスはさらに始祖光来。

身ぐるみ全部置いてきなカグラギ様とヤンマが呼び止めると、欲しいのはこれかいとランスを見せ、フードを外すとカグラギの服を着たジェレミーの顔が現れます。

ヤンマとヒメノが唖然としていると、サナギムの皆さんが現れ3人を囲みます。

戦っていると、お助けくださ~いとボシマールが走ってきて、途中でズボンが脱げずっこけそうになりながらジェラミーに向かって飛んで来て、その勢いでランスを手にします。

これはラクレス様にお返ししますというとそのまま逃走。

ラクレスとギラは互角の戦い、シュゴッダムの民はラクレスの応援をしている者が多かったが、中にギラを応援する声も。

何反逆者の応援しているんだと文句を言うと、バグナラクに占領された時助けてくれたのはギラだろラクレスは何もしなかったじゃないかと反論。

揉め事になりそうな所コガネ達が割り込んでギラの応援をはじめ、互いに応援する方に力が入ります。

ギラはオージャフィニッシュからラクレスが防ぐのを先読みし背後から襲いかかるも、ラクレスに見切られ剣をはじき飛ばされます。

ラクレスの反撃をギラはジャンプでかわし弾かれた剣をつかむとオージャスラッシュから怒濤の攻撃へ。

ラクレスは王冠が外れ、俺様は邪悪の王、卑怯!卑劣!最低なのだとギラはラクレスを追い込み変身解除させます。

ギラが勝ったとコガネ達は大盛り上がり。

ラクレス降参するかとリタが問うと、この私がとだけ口に出し悔しそうな顔を浮かべます。

ギラは王冠を手にし剣をラクレスに突きつけて、今まで貴様が積み重ねてきた邪智暴虐その全てをさらしシュゴッダムの民に謝れ。そうしたら僕は降参するとギラが言いだしざわつきます。

あなたのことは許せない。でも僕の記憶の中にいるあなたは、僕も民も小さな国の王様になるそういうシュゴッダムにしたいと言った。僕はそんな国で生きたい。あなたなら今からだって出来るはずだ。みんなに謝ってあなたの理想の王になって欲しいとギラは語りかけます。

それを伝えるために決闘裁判を仕掛けたのかとリタは言い、わかったとラクレスは言います。

ギラが剣を下げると、ラクレスは立ち上がりギラをぶん殴り、決闘の最中だ甘すぎて反吐が出る甘い甘い甘い。私が頭を垂れるなど断じてないととギラに襲いかかります。

お前の首を私が切り落とすだけだとラクレスは剣を振るい、ギラはなんとか受け止めます。

剣を振り下ろすラクレスと受け止めるギラが拮抗状態になっている中サナギムの皆さんがわらわらと現れリタが止めに入ります。

さらにラクレス様のためにとボシマールがランスを手に特攻してきます。

するとランスがいきなり吹き飛び先が空中にとまり、ジェラミーがバンというとランスは巨大なクラッカーのようなものとなって、ボシマールに向かってはじけます。

驚いてひっくり返ったボシマールはカメジムになります。

一同驚愕の中、ラクレス様とカメジムは言うと、自分の異変に気付きます。

これはこれはなんたる想定外ジェラミー殿に作ってもらった囮のランスがよもやこんな事態を招くとはとカグラギは仰々しく言います。

お前がスパイだったのか。いつからだ。本当ののボシマールは殺したのかとラクレスが怒りを抑えながら問うと、とっくに骨になっているでしょうかねぇ。操られていた気分は最悪でしょうとカメジムは煽ると、さあ皆殺しとカメジムはサナギムの皆さんを呼び寄せます。

ラクレスはカメジムに向かって行くと、リタがサナギムを斬り、決闘は終ってないと指示。

ヤンマとヒメノも王鎧武装し参戦しリタに決闘裁判の方へ行くように言い、ジェラミーも参戦。

ラクレスがギラに襲いかかり、まだ戦うのかバグナラクがとギラが言うと、民は道具私が国だ。道具は国に仕えものを言わず考えない。こき使われ壊れるまで働く。それこそ道具の民の幸せだろとだから私が私こそが国であり続けなくてはならないのだとラクレスは言い放ちます。

それを聞いた国民はラクレスから翻意。

ギラは激怒するもラクレスに突き飛ばされ倒れます。

ラクレスが迫ってくると、カグラギが立ち塞がり、ギラ殿聞えますかというと、ギラへの声援がギラにも届いてきます。

幾度となくこの手を汚し、幾とせこの時を待ちち焦がれたか、必ずやラクレスを仕留めてくださいとカグラギはギラにランスを渡します。

民を犠牲にし国を名乗る身の程知らずの雑魚が!雑魚は雑魚らしくひねり潰してくれるわとギラは王鎧武装。

ラクレスも王鎧武装。

ギラは始祖光来。

ヤンマとヒメノとジェラミーはカメジムを追い込みオージャシューティング、ダンシングキング、オージャスラッシュとトドメを刺しにかかるも、まだ死ぬわけにはと言い残してカメジムは撤退。

ギラはラクレスを追い込みオージャクラウンランス、恐怖しろそしておののけ、一切の情け容赦なく一木一草の如く貴様を討ち滅ぼす者のなはギラ!俺様が世界を支配するとキングオージャーフィニッシュでラクレスを吹っ飛ばし、ラクレスは崖の下に落ちていきます。

この決闘ギラの勝利とリタは宣言。

ギラお前は今からシュゴッダムの王だとリタは伝え、俺が王様とギラは決意を固めます。

という事で、ついにというかとうとうギラがシュゴッダムの王となりました。

いろいろと思わせぶりのあったラクレスは王の座を追われる事となりましたが、王の座を手放す時には特に真意というか昔とは別人の主張になった事については明かされませんでした。

まぁギラ同様に崖落ちは死を表わしていない感じなので、まだ真意はあとに持ち越しというのもあるんでしょう。

そしてボシマールがカメジムでした。

早い段階でそうじゃないかと疑っている人がいましたが、答え合わせになりましたね。

スパイとしてシュゴッダムに来ていたタイミング等々今後も鍵になるのでしょうが。

とにかくこれで1つの区切りになりまして、次回はちょっとした通常回扱いという事で、ネタ系となる通常回は個人的な好みではあるので期待。
関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

王様戦隊キングオージャー 第20話「王と王の決闘」

王様戦隊キングオージャーの第20話を見ました。 第20話 王と王の決闘 シュゴッダムからバグナラクを追い払ったギラはラクレスに再び決闘裁判を申し込む。 そんな中、シュゴッダムではラクレスとスズメの結婚式に祝福モードだが、ヤンマは祝福できずにいた。 「政略結婚だ。スズメはカグラギの妹、ラクレスは強制的にトウフと同盟結んだようなもんだ」 決闘裁判を目前に控えたラクレスは義兄になったカグラ...

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる