fc2ブログ

今日の仮面ライダーガッチャード 第7話

さよならサボニードル

クールでキザな超A級錬金術師黒鋼スパナとスパナを付け狙う男鉛崎ボルトがガッチャンコ。ボルトの卑劣な攻撃をものともせずヴァルバラドとガッチャードはマルガムを倒した。順調にケミーカードを集めていく宝太郎達、今日はどんなケミーとの出会いが待っているのだろうか。

さーてカニカニちゃんはどこにおるんやと、蓮華が川を見ると、メカニッカニです。マルガムになる前に捕まえると九堂は訂正しながら言います。

メカニッカニが発する特殊な電波は機械を狂わす、だから詳しい位置の特定は難しい。明るい場所が苦手らしいぜ、日陰を探すかと錆丸は言います。

よーしガッチャしてやる!名付けてカニカニフィッシングwithスマホーンだと宝太郎は叫ぶと、仲間になったばっかだけど一緒にガッチャしようぜとスマホーンに語りかけ、カニカニ君どこからでもかかってこいとするめを餌に釣りを始めます。

ケミーがそんなやり方で捕まるわけないやろと蓮華は呆れますが、スマホーンは反応しまくり。

あいつは探査が得意なケミーという事はと錆丸が驚くと、宝太郎はメカニッカニを釣上げます。

万物はこれなる一者の改造として生まれうくと蓮華と錆丸はメカニッカニを捕らえ、新入りのケミーの出番だ、メカニッカニは明るいのが苦手だから2のピカホタルと宝太郎はケミーカードを手にし、8のスマホーンとガッチャンコとスマホタルに変身し眩い光りを放出。

メカニッカニがひるむと、ケミーキャプチャーで宝太郎はメカニッカニ確保。

メカニッカニよろしくな、ありがとうスマホーンと宝太郎は声を懸けます。

その様子を少年が目にしています。

メカニッカニのガッチャを祝して乾杯と宝太郎が言うと、なんでみんなで捕まえたことになってんねんと蓮華がツッコミ、みんなで協力してガッチャしたじゃ無いですかと宝太郎は宝太郎で何を言い出すんだとなります。

誰の手柄かはっきりしようぜと錆丸も言い、本来なら一ノ瀬だけど仮面ライダー使ったからルール違反と九堂は言うと、蓮華は私らが呪文でとめたからと自分の手柄だと主張し、そこに、こいつ引き取って欲しいんですけどと少年が来店。

いらつくマルガムを奴らにぶっ壊されてばかりじゃ腹の虫がおさまらないとクロトーが言うと、大丈夫さフラスコの中の悪意はたまりつつある。あのドライバーはあとでゆっくり奪えば良いとアトロポスが言うと、安心なさってクロトーとても素敵な器を見つけましたのとラケレスはクロトーをなだめます。

どこへ行くとクロトーが聞くと、アトロポスはお友達と遊んでくると答えます。 

ケミーの名前はサボニール温厚で脳天気な性格だと錆丸は少年のもってきたケミーについて解説。

砂山里玖小学5年生ですと名前を聞いてから、里玖君はどうしてこの子をと九堂が聞くと、一緒にいるところをお父さんに見つかって捨ててきなさいって言われたんです。そしたらと里玖は答えます。

さっきの見られてたかと蓮華はぼやくと、わかったこの子は私達が預かる安心して 悪いようにはしないからと九堂は言います。

この事お別れしちゃって本当にいいのと宝太郎が問うと、お父さんもそう言ってたんでと里玖は答えます。

サボニードルはと宝太郎はサボニードルにも聞き出すと、九堂は一ノ瀬ちょっとと宝太郎を連れ出します。

ケミーの掟忘れたの?目撃したものの記録も記憶も全て消し去るべし。一般人がケミーとはいられないと九堂が言うと、サボニールなら大丈夫、温厚で脳天気なんだろと宝太郎は答えます。

ケミーは夜の秩序を乱す。彼のためにならないと九堂が掟を説くも、マルガムって悪い人間のせいで生まれるんだろ小学生なら大丈夫途方太郎は返し、そんな簡単な話じゃ無いと九堂が重ねて言うも、里玖君とサボニードルが仲良くすれば良い別れさせなくたってと宝太郎は折れず。

何ごちゃごちゃ言うてんの別れても大丈夫言ってたやろと蓮華は口を挟み、ケミーキャプチャーでサボニードル捕獲完了。

蓮華お姉さんまだ話し終わってないですと宝太郎が文句を言うも、私に譲って成績ピンチやねんと蓮華は頼み込み、さっきのガキがいねぇぞと錆丸は慌てます。

俺が行くと宝太郎は慌てて店を出ます。

私は間違っていない私は正しいなのにどうしてと教会で男が嘆きながら祈っていると、あなたの願いあなたの望みとってもどす黒くてぞくぞくしますわ。さあ心の奥底にある感情を解き放ちなさいとシスター姿のラケシスが言うと、男はマルガムとなり、全てを排除してやると言いだし、今こそ思いのまま暴れもっともっと暗黒に染まりなさいとラケシスは嬉しそうに言います。

お遣い頼みたかったのにと店に出てきて宝太郎が良ないのに気付いたお母さんに、私で良ければ力になりましょうかと九堂が声をかけ、お母さんはお得意さんに出前を頼み、お駄賃あげるからというと、蓮華がやりますとくいつきます。

宝太郎は公園で里玖を見つけると、何でいなくなっちゃったのと声をかけます。

用が済んだから、お兄ちゃんは何しに来たわけと当たり前のように答える里玖に、本当はサボニードルと一緒にいたいんだろ、なんかそんな感じがしたっていうかと宝太郎は続けます。

変な人、さっきも言ったじゃんお父さんに捨てなさいって言われたから、勉強の邪魔になるしそれだけだよと里玖はそっけなく答えます。

それだけって、人が話してるんだからゲームばっかりしていないでこっち見てよと宝太郎が続けると、ゲームじゃなくて勉強。今大事な時期だから、お兄ちゃんうるさいから黙っていてくれない。お兄ちゃんと一緒にいたら勉強に集中出来ないって言ってるのと里玖は突き放します。

宝太郎は生意気なという気持ちを抑え込んで、問題を見せてみなさいと言うと、お兄ちゃんにわかるかなぁと里玖は上から目線で答え、俺だって元小学生ですからとと、僕の代わりに解いてみてよ間違ったらジュース驕ってよねと里玖は言い、当然の結果だねと宝太郎はジュースを驕る羽目に。

塾で一番の成績だという里玖に最近の小学生の学力エグすぎませんと宝太郎は嘆きます。

お父さんと約束したんだ。勉強頑張って良い学校に入るって。だから今の僕には友達なんていらないと里玖は言い、宝太郎はサボニードルのカードを懐から出すと、サボニードルはサボ~と嘆いている様子。

宝太郎は意を決して、今度は違う勝負缶蹴りだ元小学生なめんなよ、負けたら俺と本音で話すと言いだし、お兄ちゃんガキっぽい遊びで懐柔できると思ったら大間違いだよと里玖は答え、子供のくせにと宝太郎は笑いじゃんけんをします。 

その様子を逐一見ていた男が許さん全て排除すると叫ぶとマルガムとなり飛び上がります。

宝太郎が缶を蹴ろうとすると、缶を撃ち抜かれ、宝太郎はどこからと大混乱。

里玖を狙っていると考え慌てて宝太郎はスチームホッパーに変身し里玖を避難させます。

なるほど一ノ瀬がケミーを、他に目撃者がいないか関係者を洗ってくれとミナト先生は錆丸から報告を受けて指示します。

笑えないジョークだ。未来の大物錬金術師が聞いて呆れるケミーは道具そう決ってるだろとスパナがやって来ます。

僕ら生徒にとっては研究対象、成績のために集めてるだけですと錆丸は答え、ただの道具に情を入れ込むなど美学に反するとスパナは言い、こいつ苦手なんだよなぁと錆丸は隠れてぼやきます。

先輩何故あいつからドライバーを取り上げないとスパナが問うと、ヴァルバラドではご不満かとミナト先生は帰し、素人には荷が重いと言っているんです。現に掟を破る行動をとっているとスパナは続けます。

あいつは信じてるんだケミーの可能性をとミナト先生が答えると、ケミーが善良な人間に取り憑くのはレアケース、チェスの駒が1つも獲られずにおわるくらい稀なこと。ただのくだらない理想だとスパナが断言すると、理想そうだな、理想よりもよりも守らなければいけないものがあるだがとミナト先生が続けようとすると、スパナは遮り教官であるあなたの判断に任せます、俺は調べたいことがあるのでと言って去ります。

ここまで来ればと宝太郎は何とか逃げ切ると、今の何、お兄ちゃん何者と里玖は大混乱。

安心して俺が一緒なら大丈夫だからと宝太郎は里玖を落ち着かせると、ホッパー1に今のってマルガムだよなと確認。

どこから撃ってるんだよと宝太郎は銃撃されて混乱。

あれはうるさい虫変身する前に仕留める事をお勧めするわとラケシスはマルガムに助言します。

宝太郎は里玖を連れてまたもや避難。 

冥国の三姉妹奴らの目的は暗黒の扉を開くこと。人間をマルガムにする事とどう関係している。ドライバーを狙うだけなら行動が複雑化しているがとスパナは1人考えます。

宝太郎は攻撃を避けながら錆丸に連絡をいれ、多分マルガムに襲われていてと言うと、マルガムの特徴を教えてと錆丸は自分の声で言って小さすぎて宝太郎には聞えず。

錆丸はアイザックに話させようとするも充電してくださいと出てしまって使えず。 

どうした殺気から騒がしいぞとスパナが気付くと、錆丸があたふたしているところから奪い、相手の特徴はと宝太郎に聞きます。

どこにいるか分からない。何か飛ばしてくる何か棘みたいなと宝太郎は必死に答えると、正体不明、遠距離攻撃棘を飛ばすケミーと錆丸は考思いつきます。 

何で優等生ちゃんが着いてくるんもしかしてお駄賃狙いかと一仕事終えた蓮華が言うと、先輩のお目付役ですお金をもらうのは良くない事なのでと九堂は答えます。

ちょっとくらいええやん融通の利かん子やなと蓮華は文句を言うも疲れたからここでティーブレイクしようと九堂をカフェに連れ込みます。

限定のクーポンを探すくらい常連さんの蓮華と違い、九堂はメニューの説明を聞いてもわけが分からなくなりほぼフリーズ状態となり、買い方わからんのと蓮華は気付き、先に席に座るように言います。

学校帰りに寄り道とかしたことないしと呟きながら席に座ると、りんねちゃん遊ぼと背後からアトロポスに声をかけられます。

敵の正体はトンボと宝太郎が聞き返すと、正確にはグレイトンボ安定飛行能力が特徴だと鶴原錆丸はいっている。メモできるようもう一度ゆっくり言ってやろうかとスパナが言うと、一言余計だっつーのと宝太郎はキレて連絡をきります。

グレグレトンボのマルガムって事は敵は空かと宝太郎は気付きそれを見るとマルガム発見。

飛んで火に入る夏の虫だな、これでトドメだとマルガムは攻撃。

宝太郎は胸を撃たれて倒れるも、ホッパーワンのカードに直撃していたおかげで倒れこんだだけですみ、こっから反撃だとスチームホッパーに変身しガッチャージガンで銃撃。

下からの攻撃では不利ということでジャンプするも一歩届かず。

空を飛ぶなら、ホークスター6、4をがっちゃんこすれば10になるとサボニードル力を貸してと言って宝太郎はニードルホークに変身。 

宝太郎は空中戦開始、わざわざ近づいてくれると花手間が省ける排除だとマルガムは連射。

サボニードルはいきなりドライバーから飛び出し変身解除で宝太郎墜落。

里玖はサボ助と呟きます。

という事で、久々に2話完ものという事になるのでしょうか、ケミーが持ち込まれるという初のパターンに宝太郎はむしろ別れさせたくないというか、里玖の本音を引き出したいとする話でした。

2話完型で進むのは、全部それでやると前半は毎回引きで終るという繰り返しになるのでなかなか難しくなるのですが、話を詰め込み過ぎないとなると2話完ものってわりと好きな形式ではあるんですよね。

ケミー集めがある程度進んで、冥国の三姉妹の動きがはっきりすると話の展開が変わると言うことになるのでしょうが、平成2期の前半の頃を思わせる展開は落ち着きが良いなぁとは個人的に思いますな。
関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

仮面ライダーガッチャード 第7話「さよならサボニードル」

仮面ライダーガッチャードの第7話を見ました。 第7話 さよならサボニードル 宝太郎らの前に、サボニードルを引き取って欲しいという少年が現れた。 一般人とケミーは共存できないという掟を大切にするりんねは少年の依頼を引き受けようとするが、宝太郎は納得できない。 本当はサボニードルと一緒にいたいのではないかと思う宝太郎はあの手この手で少年の本当の思いを聞き出そうとするが、そこへ新たなマルガ...

仮面ライダーガッチャード 第7話「さよならサボニードル」

第7話「さよならサボニードル」 戦わずしてケミーをガッチャ。スルメで捕獲されるケミーってw

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる