fc2ブログ

今日のキングオージャー 第35話

「泣くなスカポンタヌキ」

王様戦隊がチキューを離れている間に5王国はすでに宇蟲五道化の手に落ち、6人の王達は民達から追われる存在とになる。そして元シュゴッダム国王ラクレス・ハスティーが宇蟲王配下として復活するとさ。

貴様何故生きてるダグデドに魂を売ったのかとギラが言うと、もとよりシュゴッダムは宇蟲王に仕えるさだめ、全ては我が大義のためだとラクレスは答えます。

俺様は何度でも貴様を討ち滅ぼすとギラは斬り掛かるも、ジェラミーは止めて撤退させます。

追いますとドゥーガはラクレスに言って追跡開始。

お前のチキューお片付け面白いねぇ。あいつら帰ってきてもっと楽しくなるんじゃ無ぁいとダグデドが現れると、はい存分に滑稽に滅んでもらいましょうとラクレスは答えます。

何で止めたんだよジェラミーとギラが言うと、本当に他の国が支配されているのならお前さんが最後の切り札だ、捕まりでもしたらおしまいだろうとジェラミーは答えます。 

ギラはジェラミーの言い分が正しいと気付き謝ります。

何してんだスカポンタヌキとヤンマはパソコンなどなどを破壊している3人組の前に現れます。

ンコソパ国王ヒルビル様の命によりパソコンは全部ぶっ壊すとヤンマは殴られます。

お待ちくださいの声にギラとジェラミーが振り返ると、凍えているドゥーガがいて慌ててギラは駆け寄ります。

お前さんまさかゴッドタランチュラにしがみついてきたのかいとジェラミーは驚きます。

面目もありません。家族を人質にとられているようなもので逆らえず、私の知っている事はお教えしますとドゥーガが言うと、頼むわと顔がボコボコになったヤンマが現れてぶっ倒れます。 

最初に宇蟲王の手に落ちたのはンコソパでしたとドゥーガが話し始めると、狙いは情報網かとヤンマは指摘すると、おっしゃるとおりかととドゥーガは同意。

ンコソパの玉座に座るのはヒルビルです。言葉で人を操る能力で一夜のうちに陥落しましたとドゥーガが説明。

例えば世界放送か何かしてチキューが一瞬のうちに洗脳されてしまうんじゃないかいとジェラミーが言うと、それは無いでしょう、あの力それほど万能とも思えません、例えば洗脳を受けたものは皆耳元で囁かれたと言っておりましたとカグラギが現れます。

それが洗脳の条件だろうな、やられたそういう事かンコソパ国民の90%以上が音楽再生デバイスを使っている、それ全部ハッキングされたらとヤンマは気付きます。

私はンコソパの奪還を優先すべきと進言しに来たのです。情報を握られてしまえば嘘が真にされていまう。トウフにも鬼ごっこつまり王様戦隊を捕らえたものには王族にしてやるというお触れが出ていましたとカグラギが言います。

てめぇの事だからてっきり俺等をダグデドにつきだして王族にしてもらうつもりかと思ったぜと言うヤンマに、お互い様でしょうとカグラギは煽り返します。

ギラは怖い事言うのは止めてよと割って入り、こんな時の王様戦隊だみんなに聞いてみようとギラは言うと、姫野はもう取り返しちゃったけどとあっさり返答。

じゃあこっちを手伝ってよとギラが言うと、私がいない間に問題が山積みになってたのとヒメノのは拒否。

ゴッカンは無法地帯だ囚人があちこちに散らばっているとリタは叫び、頼めないねとギラは諦めます。

よっしゃンコソパ攻略戦まずは内側から崩すとヤンマはシオカラに連絡。

シオカラが出ると洗脳されていたらきるとヤンマが言うと、一度くらってますからね耳栓で対策ばっちりっすよとシオカラは答えます。

パソコンぶっ壊しまくっている狙いはとヤンマが聞くと、テッペンコンピューターっすね、ンコソパの生命線、全システムを司っているコンピューターっす、これ壊されたらンコソパ終わりっすとシオカラは答えます。

下手したら地獄の下請け時代に逆戻りっすよというシオカラに、そうなったらまた偽札作りでもして一儲けすっかとヤンマが言い、偽札なんの事っすかとシオカラがしどろもどろになると、生意気にとぼけんなスカポンタヌキつヤンマはツッコミます。
 
数年前ヤンマ・ガストってのはてめぇか、偽札鑑定機作ってんだろとシオカラが因縁をつけてきて、あの紙切ればらまいたのてめぇらかと、鬱陶しいから鑑定機作りまくってばらまいたわご愁傷さんとヤンマは煽り返します。

偽札を暴く正義の味方ってかとシオカラが静かにキレると、警察は呼ばないでやっから消えろとヤンマは返します。

そいつがなければ作れねぇよなとシオカラはパソコンを蹴り飛ばそうとすると、ヤンマは体をはってパソコンを守ります。

警察なんざ怖くねぇようちの組織が買収してる、王は逃げて国は壊れた。金が欲しけりゃ奪うしかねぇ。騙される奴らが悪いんだよ。それを偽善で邪魔しやがって、ンコソパは終ってんだよとシオカラはヤンマをボコボコにしながら言ってパソコンもぶち壊そうとするも、ヤンマは顔面で蹴りを防ぎ、痛くもかゆくもねぇなテクノロジーの進化は力で止めらんねぇよ、てめぇの目には見えねぇもんがテッペンをとる、おぼえとけこのスカポンタヌキと啖呵を切り、シオカラは3人と共に撤退。

本当にど真ん中突っ切って大丈夫なのとギラが心配していると、あーしのために鬼さん捕まえてという命令に突き動かされたンコソパ民達が現れます。

洗脳はヒルビルの命令が果たされるまで続くとジェラミーが言うと、勝負はもうついてるこいつがテッペンコンピューターだとヤンマがキーボードを叩くと、ンコソパ民達のイヤホンが爆発して倒れます。

ギラが大丈夫なのと心配すると、そんなやわじゃねぇとヤンマは気にせず。

我慢出来ずにお出ましかとジェラミーが口にすると、そんなボロパソコンがこの国の生命線なんだとヒルビル登場。

民への仕打ち肥やしとなって償いなさいとカグラギはヒルビルに向かっていき、近づくなとヤンマは止めようとします。

あーしのお願い聞いてとヒルビルはカグラギの背後から囁くと、神様仏様ヒルビル様とカグラギは大仰に言います。

足疲れたとヒルビルが言うと、カグラギはヒルビルを肩車。

王様戦隊やっつけちゃえとヒルビルが命じると、おまかせあれとカグラギはヒルビルの腕をロックして背後に倒れ込みヒルビルを地面に激突させます。

トドメとカグラギはヒルビルを斬りに行くと、これは避けられヒルビルは何でと戸惑います。

欺き謀り裏をかく、それは自分とて同じ私は己すら裏切る男とカグラギは見得を切り、よく分からないけどカグラギには聞かないのとギラは尋ねます。

そもそも右向けって言われて空を飛ぶ奴だからな、てめぇわざとあいつに突っ込んで誘ったろとヤンマが指摘すると、カグラギはすっとぼけます。

あんあ生き物意味不明とヒルビルは憤り、ドタマ使えなくなったらしまいだなとヤンマが煽ると、サナギムの皆さんが鬼捕まえろとわらわらと現れます。

ギラ、カグラギ、ジェラミーは王鎧武装し戦闘開始。

ヤンマもヒルビルと対峙してから王鎧武装しタイマン開始。 

洗脳の攻略法遠距離攻撃とヤンマがやると、性格悪っとヒルビルは姿を消します。

ヒルビル姿を見失いましたとシオカラがヤンマに連絡をしていると、ここにいるんだけど聞えないのかなとヒルビルが現れます。

後ろだスカポンタヌキとヤンマが走ってくると、シオカラは耳栓を外してしまいます。

その隙にヒルビルはシオカラに近づき、お願いヤンマのボロパソコンをぶっ壊してと洗脳。

シオカラはヤンマに殴りかかるも必死に寸止め。

数年前、てめぇ詫びの入れ方知らねぇのかお前のそのてくのろ何とかってやつ偽札造りに協力するってんなら許してやらとヤンマはシオカラのボスにボコボコにされながら言われます。

偽札どころか現金すら使われなくなる金のやりとりは全部ネット上で完結する時代が来るとヤンマは言い返します。

何言ってんのか全然わかんねぇやとキレるボスに、目に見えているもんにとらわれているうちは死んでもわかんねぇよとヤンマはふらつきながら立ち上がり、何で立つんだよとシオカラは呟きます。

これ以上ゴタゴタ言ってっとてめえの家族恋人みんな死ぬからとボスが脅すと、あいにく、失って困るもんがあるほど贅沢者じゃない、気が済むまで殴れよここにつまった叡智は誰にも奪えねぇとヤンマは煽ります。

死にてぇのかそうまでして抗う意味があんのか俺等は生まれたときから終ってんだよとシオカラが詰め寄ると、ゼロから1を生み出すそれがテクノロジーだ俺には終わりなんて概念はなからねぇとヤンマは言い返します。

どけシオカラもうそいつやっちゃうわとボスが言うと、あんたかっけぇなとシオカラはボスを殴りつけます。

洗脳状態のシオカラは嘘発見器をかぶると、このぼろいパソコンぶっこわしてやらぁと叫び電撃をくらい倒れます。

嘘つくと死ぬレベルの電撃を喰らう、てめぇのお願いに体は支配されてもシオカラのドタマは勝ったんだよとヤンマはヒルビルを煽ります。 

寝てろとヤンマはシオカラに言うと、このぼろいパソコンぶっ壊すとシオカラは言って電撃を受け倒れます。

過去でシオカラはボスをぶっ倒し、頭壊れたあんた殺されるよと仲間に言われても、別にいいわかんねぇけど、この人この国をンコソパを変えてくれる気がする俺は終わりだ、よーしお前等逃げろあんたもとシオカラが言うと、黙ってついてこいスカポンタヌキ、こいつでンコソパをゼロから作り変える行き先はテッペンだとヤンマは宣言。

一生ついて行くっすとシオカラは豹変、3人もついていくことに。

やーん早くあーしのお願い叶えてあげないと死んじゃうじゃん、どうすゆヤンマっぴいとヒルビルが煽ると、おいらはここで終わりで良い王のために命はれっから側近やってんだテッペン行けよとシオカラは立ち上がり啖呵を切り、ボロもヤンマ君もンコソパも全部ぶっ壊すとシオカラが叫ぶと、ヤンマはテッペンコンピューターを斬り捨て、お願い聞いてやったぞ交換条件だシオカラ返してもらうとヤンマは言い、勝手にどうぞーとヒルビルは答えます。

そんなボロぞうきんのために国の命捨てちゃうなんてマジ感動とヒルビルは煽るように嘘泣き。

謝るなよヤンマは間違ってないとギラは釘を刺します。

恩にきるとヤンマはシオカラを背負いながら答えます。

これでこの国はアーシのものとヒルビルはご満悦。

正気を取り戻したシオカラは、ヒルビル倒したんすねとヤンマに聞き、ヤンマが答えないでいると、まさか嘘でしょと気付きます。

見ろよ全部ぶっ壊されてよあの頃みてえだなとヤンマが言うと、ふざけんじゃねぇぞドタマ空っぽになったのか、あんたは王だろ何してくれんだよとシオカラは叫びヤンマに詰め寄ります。

見えねぇ何かに動かされてた。いつの間にか贅沢者になっちまってたのかもしれねぇなとヤンマは答え、 ヤンマ君ごめんとシオカラは泣き崩れながら礼を言います。

泣くなスカポンタヌキ、ゼロから始めるんだよとヤンマは断言。

という事でンコソパは完全にヒルビルに制圧されてしまったという話でした。

ヤンマとシオカラの出会い、完全にヤンキーマンガのノリでした、大きな違いはケンカの仕方が別物というだけで。

テッペンコンピューターをヤンマは自らの手で破壊したわけですが、ヤンマならゼロから全て構築し直す事までは考えているのかなとは思いますね、簡単にできることなのかどうかは分かりませんが。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる