fc2ブログ

今日のJ1観戦 FC東京vsFC町田ゼルビア

FC東京1-2FC町田ゼルビア

公式戦初対戦となるFC東京、ダービー扱いにしようとするメディアがあったりはしますが、今まで対戦してきていない相手なのでダービー感は感じず。

味の素スタジアムは時間としては野津田に行くのとほぼ変わらず(無料シャトルバスありならば)ヴェルディ相手に何度も足を運んでいますが、仕様が違って新鮮。

青赤パークまで歩いて行き、スタグルとしては何年ぶりとなるかつての野津田の名物スタグルとして名を馳せていたyassカレーでW盛り、改めて野津田のスタグル運営と揉めてしまった事が惜しまれる。

先発はGK谷DF望月、昌子、ドレシェビッチ、林MF宇野、仙頭、藤本、髙橋FWナサンホ、オセフン

柴戸が出場停止というのも絡んできていますが、ルヴァンカップの勝利を踏まえて前節の敗戦を踏まえてチーム内の競争力を高めるため、変化をつけるためなど多くの狙いが含まれた選手構成。

試合開始から互いのゴールに近づく速い展開、14分にコーナキックからナサンホが決めて先制点。

アウェイだとゴールのリプレイを流してくれないので、現場で観ているとゴールが決った事だけが分かって誰がどう決めたのか全く分からないというか、ゴール裏だと前半味方のゴールって基本向こう側で分からない物なんですよね(苦笑)

これで流れを掴みたいところだったのが21分ハンドの判定からPKを与えてしまい、それを決められて同点。

現場では何が起きていたのか今ひとつわからず、誰も倒れていない状況だしあるとしたらハンドだよなくらいの認識でしたが。

25分右サイド望月からのクロスをオセフンがダイビングヘッドで決めて再びリード、決まって大喜びしましたが細かな所は遠くて見えないし、そのあとVARでチェックが入った意味も分からなかったんですけれどもね。

VARはホームが有利になりそうな所で入ったり、ファウル判定もホーム寄りかなという感じがあったりで、それが不利な状況になることを心配するような展開、リードしていても安心感はないという状況で折り返し。

後半頭から髙橋に代えてバスケス・バイロンを投入。

後半は攻撃してきてくれると、近くで見やすくなるので期待が高くなるものの、思うように攻めることは出来ず。

セカンドボールは簡単に拾わせてくれないし、高めでボールを奪うことも出来ず、個人の能力としては明らかにFC東京に分があるなぁと思わずにはいられない流れ。

16分にナサンホに代えて荒木を入れ運動量を上げる狙いも、これまでの試合から考えるとそこまで上手くははまらず。

基本的に我慢の時間帯が続き、26分にオセフンと仙頭に代えてミッチェル・デュークと安井を入れ変化はつけられるものの主導権を一気にもってくるまでにはならず。

昌子を中心に、ひたすら我慢の展開をしっかりと守りきる事に集中しそのまま逃げ切り成功。

連敗をしない黒田監督というのは継続、首位セレッソ大阪が敗れた事により、首位に復帰。

後半右サイドがよく見える場所のゴール裏だったこともあり、右サイドバックの超大型大卒新人望月ヘンリー海輝の攻撃時がしっかりと確認できたのですが、192㎝のサイドバックというだけで異質感が飛び抜けているし、その大きさで身体能力の高さも分かりやすいと言うことで、期待するなと言う方が無理だと。

関連記事

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる