今日のNBAファイナル

キャバリアーズ114-124ウォリアーズ

4年連続同じ顔合わせとなるNBAファイナル、ウォリアーズがホームでオーバタイムを制して先勝。

オーバータイムにもつれ込んだ時点で層の厚さの違いが露骨に出るのは分かりきっていた結果ですね。

ステファン・カリーが3Pを5/11決めて29点6リバウンド9アシスト1スティール、クレイ・トンプソンが3Pを5/10決めて24点3リバウンド1アシストとスプラッシュ・ブラザーズっぷりを発揮、ケビン・デュラントがFG8/22と率は悪いのですが26点9リバウンド6アシスト1スティール3ブロック、ドレイモンド・グリーンが13点11リバウンド9アシスト5スティール2ブロックとほぼトリプルダブルとビッグ4が揃えば勝ちますね。

キャブスはレブロン・ジェームズが51点8リバウンド8アシスト1スティール1ブロックと戦術レブロンぶりを発揮、脳震盪による欠場から復帰したケビン・ラブが21点13リバウンド1アシストと奮闘しますがオーバータイムまで縺れるとなると限界がありますね。

トリスタン・トンプソンは2点5リバウンド1ブロックと低迷したあげくオーバータイムでドレイモンド・グリーンに煽られて揉めてテクニカルくらうという踏んだり蹴ったりで、改めて私生活でごたごたした悪影響だと見なされても仕方が無いなぁって。

本気で今シーズンのキャブスの低迷した要因としてトリスタン・トンプソンは上げなくてはいけなくなっていますからね。

初戦だけの結果でどうこう言っても仕方が無いですが、オーバータイムまでもつれ込んで負けたというのはキャブスに重くのしかかってきそうですね。

ラリー・ナンスJrが9点11リバウンド1スティールと頑張っているので、若手に起爆剤として期待するというのも手かもしれないですが・・・荷が重そうですね。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

今日のマジック HC就任

フランク・ヴォーゲルHCが解任となったHCの座に前ホーネッツHCで元マジックのACだったスティーブ・クリフォードが就任する事が決定したようですね。

いろいろと噂が出たりもしましたが、直近になってほぼスティーブ・クリフォードで決まりというような感じになっていたので、決まったんだなっていう感じですね。

正直今シーズンのホーネッツはスターターを見る限り東でプレイオフ進出争いをしていて当たり前としか思えない中、プレイオフ争いに全く絡めなかったという事で、正直スコット・スカイルズ、フランク・ヴォーゲルと続いてきた中では格落ちにしか思えないのですが、弱いチームをプレイオフ進出させる経験という意味では、フランク・ヴォーゲルよりも経験があるという事にはなりますし、長期的に任せるというよりはチーム力向上へ向けて叩き台という扱いならば無難という考え方もできるのかもしれないなとは思ったりします。

かなり初期段階で噂に上がっていたジェリー・スタックハウスのようにNBAでHC経験のない人選よりはあくまでも無難、ドワイトメアによるチーム再建期初代となるジャック・ヴォーンという失敗例からも、HCとしての経験皆無という人選という賭けに出るのに臆病にもなっていますしね。

マジック最後の(と言ったところで2回しか経験無いですが)ファイナル進出となる2009年にACでもありましたので、良い時のマジックのイメージも持ち合わせているというのも選ばれた理由になっているようですし、2013-14のシャーロット・ボブキャッツ最後の年、前年21勝61敗から43勝39敗とジャンプアップさせた手腕の再来を期待しましょう・・・なんて簡単には思えませんが、少なくとも就任初年度にチームを一気に変えた経験だけは忘れていないで欲しいとは思っています。

正直、HCの手腕よりも選手編成がどうなるかの方が大事でしょうけれどもね。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

今日のNBAプレイオフ・カンファレンス・ファイナル

ウォーリアーズ101ー92ロケッツ

ウォーリアーズが勝利し4年連続ファイナル進出決定ということで、4年連続NBAファイナルは同じ組み合わせということも決定。

ケビン・デュラントが34点5リバウンド5アシスト1スティール3ブロック、ステファン・カリーが3Pを7/15と決めまくり、27点9リバウンド10アシスト4スティール1ブロック、クレイ・トンプソンが19点3リバウンド1アシスト2スティール、ドレイモンド・グリーンが10点13リバウンド5アシスト1スティール1ブロックとビッグ4がしっかりと活躍し、軸が揺るがなければそりゃ反則なチームだよねというのを出せた試合になりました。

ロケッツはクリス・ポールの欠場が大きすぎ、代わりに入ったエリック・ゴードンは23点3リバウンド6アシスト1スティール1ブロックと穴埋めは出来ましたが、エリック・ゴードンがスターターに回った事によるベンチの起爆剤の穴は誰も埋められず。

ジェームズ・ハーデンも32点6リバウンド6アシスト4スティール1ブロック、クリント・カペラが20点9リバウンド2スティール、PJタッカーが14点12リバウンド2アシスト4スティールと奮闘したものの、これにクリス・ポールがいればと思わせるまでが限界でした。

トレバー・アリザが7点2アシスト2スティールとFG12本打って全く入らずというのも誤算過ぎる結果になりました。

4年連続ファイナルの組み合わせが同じになったという事で、そろそろ変化が欲しいというのは、それぞれのチームを応援している人以外の勝手な感想になると思いますが、その変化という意味では一番期待されていたチームがロケッツになるんだろうと思います。

7戦目まで縺れましたし、敗因もはっきりとクリス・ポールの欠場さえなければという事になりますが、あと少しで何かしら運に恵まれなかったというのか、ウォーリアーズが幸運過ぎたと見るのか分かりませんが、変化が起きそうで起ききらなかったというシーズンになりましたね。

ファイナルはどっちが勝つのか分かりませんが、どうしても悲壮感漂うのはキャブスですよね。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

今日のNBAプレイオフ・カンファレンス・ファイナル

キャバリアーズ87-79セルティックス

キャブスが4年連続ファイナル進出決定。

レブロン・ジェームズが35点15リバウンド9アシスト2ブロックと7戦目になるとレブロンの成績はよくなるという戦術レブロンで決まる予想が出ていたとおりの結果ですね。

ケビン・ラブ欠場もジェフ・グリーンが19点8リバウンド1アシスト1ブロックとベテランらしい穴埋めをして見せましたし、チームとしてそれぞれが上手く機能しているかどうかを度外視するだけの個々人の経験値が高かったという事になりますね。

まぁ負けに対する危機感の違いというのも大きそうですが。

セルティックスはルーキーのジェイソン・テイタムが24点7リバウンド1アシスト1スティールとルーキーらしからぬ活躍。

正直ドラフト3位という高順位指名選手として、それにふさわしい存在になるとは予想していましたが、予想の方向性はエース的な存在としてではなく、数字に表れにくいチームプレイヤーとして不可欠な存在という方向性で評価の高くなるプレイヤーになるのではないかと勝手に想像していました。

ある意味デューク大学出身者というイメージ先行でバイアスがかかっているだけですけれども。

負けはしたもののセルティックスはカイリー・アービングとゴードン・ヘイワードというエース級が欠場という、普通それだけでカンファレンス・ファイナルに当たり前のように出ていることの方がおかしな状況で7戦目まで縺れる試合をしたわけですから、未来は明るいと予測する人だらけになるんじゃないですかね。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

今日のNBAプレイオフ・カンファレンス・ファイナル

ロケッツ86-115ウォーリアーズ

ウォーリアーズがホームで大勝し勝負は最終戦へ。

ステファン・カリーが3Pを5/14と決めて29点5リバウンド6アシスト3ブロック、クレイ・トンプソンが3Pを9/14と決めて35点6リバウンド2アシスト4スティールとスプラッシュブラザーズらしい活躍でチームを引っ張り、ケビン・デュラントも23点7リバウンド4アシスト1ブロックとしっかりと補佐した格好ですね。

ロケッツはクリス・ポールが前の試合でハムストリングを痛め欠場。

代わりにエリック・ゴードンがスターターに入り19点2リバウンドとまずまずの活躍を見せるもののポールの穴埋めにまではならず。

ジェームズ・ハーデンは32点7リバウンド9アシスト3スティールと奮闘しているもののチーム全体を上手く乗せるには、やはりクリス・ポールの穴埋めなんか簡単にできる物ではないと証明した格好ですね。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

おまけ

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログラム