今日のマジック ユーロユーロバスケットラウンド・オブ・16 ドイツvsフランス

ドイツ84-81フランス

というわけで、ベスト8進出を賭けたノックアウトステージ初戦、フランスはドイツに敗れてしまい終了。

我らがエヴァン・フォーニエは3Pを3/8と決めて27点3リバウンド2アシスト4スティールとスコアリーダーなだけではなく、フランス代表のエースとしてふさわしい活躍を見せるものの試合は敗戦。

こういう、接戦はするけれども、活躍はするけれども、結局勝てないよねっていうのはマジックではよく見ることだっただけに、フォーニエが大活躍してなおかつ試合にも勝つという経験を多く積んできて欲しかったのですが、残念ながらそうはならず。

フランス代表で一番大舞台を経験し逆に重要なところで存在感を発揮する術をもっているボリス・ディアウも15点9リバウンド5アシスト1ブロックと奮闘したのですが、それでも勝てずで、フランス代表はメンツを見ると知っている選手が多いというせいもあるのですが、ここで負けるようなチームではないよなぁとは思いますね。

ただ、ディアウは+/-を見ると4とプラスになっていて、このスタッツは単純にその選手がいるから良いのか悪いのかを表しているというわけではないというのであったとしても、どうしても、これが勝ちを経験してきている選手の力かと思わずにはいられず、フォーニエが-5となっているのも、本当の意味で勝ちに繋げられるプレイヤーにはなっていない事なんだよなぁって考えさせられますね。

ドイツはデニス・シュルーダーが21点4リバウンド8アシスト2スティールと、戦前にフランスは抑えるのに苦労するんじゃないかと予想したとおりの活躍。

ただFGは5/15と確率は悪かったのでフランスもしっかり対策はしてきた結果ともなるんでしょうが、やっぱり率が悪くてもチームを引っ張る存在という事でしょうね。

さらにベントにスタートのダニエル・テイスが22点7リバウンドとしっかりとチームの起爆剤になっていますし、これが勝敗を分けた事になるんですかね。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

今日のマジック ユーロユーロバスケット グループフェイズ モンテネグロvsルーマニア

モンテネグロ86-69ルーマニア

ユーロバスケットは今日でグループフェイズおしまい。

モンテネグロは最後勝利で飾り、グループC3位通過で無事にベスト16に残り、グループD2位通過のラトビアと対戦する事が決まりました。

この試合、我らがニコラ・ヴチェヴィッチは11点6リバウンド3アシスト2ブロック、FGも5/8と確率良く決め、ゴール下をしっかりと制して、これを求めているんだ!という活躍ですね。

幸い、ルーマニア相手に点差もつけられてプレイタイムも抑え気味に出来ましたし本当に嬉しい限り。

とにかく、マジックはチームとして勝ち方を知らなさすぎるので、個人として代表チームで勝ちを経験してチームに戻ってくるという事は重要ですね。

ただ、ラトビアはクリスタプス・ポルジンギスが大会得点6位と好調ですし、チームとしても凄く勢いを勝手に感じるのですよねぇ。


マジックはFAのまま特にどことも契約という話もでず、クロアチア代表にも選ばれずすごく宙ぶらりんな立場になっていた、ダミアン・ルデズとノンギャランティー契約を結んだようで、とにかくキャンプやプレシーズンマッチで様子は見てみようという判断のようですね、キャンプお試し契約でトロイ・カペイン(読み方適当)、カリン・ルーカスと先に2人呼んでいますが、ここら辺と生き残り競争をするだけではなく、そもそも普通に契約をしている枠は15人揃っているので、なかなか厳しいですかね。

エイドリアン・ペインは2ウェイ契約だから、これは下でやらせた方が良い扱いにすると1枠開けることは出来るとかありますが、どうもフランク・ボーゲルHCはクロアチア人プレイヤーと噛み合わせが悪いのか干す傾向がありますから、どうなることやら。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

今日のマジック ユーロユーロバスケット グループフェイズ スロベニアvsフランス

スロベニア95-78フランス

フランスはグループフェイズ最終戦、グループAをここまで無敗でやってきた好調スロベニアを相手にする事になりましたが、スロベニアは本気で好調でした。

スロベニアはこの大会で無敵モードにスイッチが入った感じになっているゴラン・ドラギッチがこの試合でも本領発揮で22点3リバウンド8アシスト2スティールと大活躍。

来年のNBAドラフトで上位指名と予想されているルカ・ドニッチも15点9リバウンド3アシスト2スティールと18歳と若いながらもスターターで出場しているのは今後への期待だけではなく、純粋に今のスロベニアにとっては不可欠な存在となっているからというのもよく分かる活躍。

あと、アンソニー・ランドルフって知らないうちにスロベニア代表になっていたんですね。

国籍に関しては日本人の感覚と違って、二重国籍が認められるとかそういうのも関係するかもしれないですが、あっさりと代表のために変更したりとかもあったりするのでしょうが、結構驚き。

まぁ日本もスポーツ選手の帰化からの代表っていうのもいますけれどもね。

しかし、アンソニー・ランドルフも随分懐かしい名前に感じたのですが、NBAにいたのは2014年までだったんですねぇ。


敗れたフランスですが、まずは我らがエヴァン・フォーニエは3Pを2/4と決めて11点1リバウンド1アシスト2スティール、スターターの中では唯一+/-が+8とプラスになっていますが、プレイタイムが18分と長くないからというもので、直接的にフォーニエが良いからとまでいうのは無理がありますね。

ただ、個人的には3Pをしっかりと決めていてくれるのは嬉しいものですね。

エースな活躍をしているナン・デ・コロは16点とスコアリーダーですが3Pが0/4というのは誤算になるでしょうね。

まぁフランス云々よりも今大会はスロベニアが絶好調であると評価した方が良さそうですね。

これでフランスはスロベニア、フィンランドに次ぐグループ3位でベスト16入りし、グループBの2位抜けドイツと対戦する事になりますね。

スコアリングPGのドラギッチに続き次もスコアリングPGのデニス・シュルーダーを相手にしなければいけないので、そこを修正出来るのかどうかは大きそうですね。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

今日のマジック ユーロユーロバスケット グループフェイズ チェコvsモンテネグロ ポーランドvsフランス

チェコ75-88モンテネグロ

モンテネグロが我らがニコラ・ヴチェヴィッチの17点14リバウンド2アシスト1スティール2ブロックという大黒柱な活躍で勝利。

ヴチェビッチはFGを8/13と確率良く決めてくれましたし、本当に理想的ですね+/-もチームトップの22ですし、この良いイメージを強く持ったままマジックに戻って来て欲しいと本気で思うレベル。

グループCはモンテネグロはグループフェイズ最終戦はこの大会に入ってから4連敗で負け抜け決定しているルーマニア、4位5位につけているハンガリーが最終戦スペイン、チェコはクロアチアという事でノックアウトステージ進出をほぼほぼ決めたという事で良さそうですね。

本当にヴチェヴィッチはこの大会でチームの主軸として勝ちに繋げられるプレイヤーとして殻を破ってもらわないと。


ポーランド75-78フランス

フランスはトーマス・ウルテルが23点64リバウンド6アシスト3スティールと大活躍して勝利に導き最終戦を待たずにノックアウトステージ進出決定。

我らがエヴァン・フォーニエは3Pシュートを3本はなって1本も決められず結局4点1リバウンド1アシスト1スティールと残念な結果になってしまいましたが、フランスは層が厚いチームだと改めて思わせる結果ですね。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

今日のマジック ユーロユーロバスケット グループフェイズ モンテネグロvsクロアチア

モンテネグロ72-76クロアチア

旧ユーゴスラビア同士の対決であり、本来ならばマジックの選手同士が対決することにとなるはずというか、そういう期待をしたくなる組み合わせ。

モンテネグロよりも実績のあるクロアチアの方が勝ちましたが、試合としては僅差でしたのでモンテネグロも旧ユーゴスラビアの中では国が小さいというのも関係あるかもしれないですが、実績で後れをとっているところから追いついていく可能性は見せたのではないでしょうかね。

我らがニコラ・ヴチェヴィッチは12点5リバウンド1スティール、大黒柱としてチームを牽引する活躍というのは物足りないですが、個人的にはようやくFGが6/11と5割を上回ってくれたことが嬉しいですね。

率が高いことを目的化してしまうと、確実に決められる時しか打たないという事にも繋がったりするので、一概に褒めるわけにはいかない事にもなりますが、とりあえずは率が悪いという事からの脱却で良いイメージを掴んでくれたら良いんですが、センターとしてフリースローを1本も貰っていないというのも、実はヴチェヴィッチの課題としてフリースローで得点を稼げないというのもあるので、それを考えるとこの試合褒めるにはまだまだ過ぎるというのもありますかね。

期待が大きいので課題を克服して欲しいんですよね。

クロアチアはエースのボヤン・ボグダノビッチが3Pを4/7と決めて23点6リバウンド1アシストと見事なまでのエースっぷり。

次期エースのダリオ・サリッチも14点と決めて得点源がしっかりと決めるというのが重要だよなって。

ポジションの関係もあるのでしょうが、未完の大器ドラガン・ベンダーが8分プレイして5点とっていたりするのを見ると、NBAでの出番がなくてもマリオ・ヘゾニアは呼んでもらっても良かったんじゃないかなぁとか思うのですが、選出されなかった本当の理由は知らないので何とも言えず。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

おまけ

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログラム