今日の読書 ペルーを知るための66章/細谷広美・編著

今シーズン、予想外の好調な滑り出しを見せているFC町田ゼルビアですが、その好調の要因の1つが新加入のペルー人ロメロ・フランク選手の活躍。

ペルーといえば基本的な知識というと、アンデス文化とかインカ帝国があった地域、ナスカの地上絵があるところ、元大統領が日系人のアルベルト・フジモリという程度のもので、さすがにこれは表層的過ぎる知識でしかないなという事で、表層よりは多少知識を深めておくのも悪くは無いということで、手を出しました。

基本スペイン人に支配される前の時代というのは、文献が残っているわけでもなく、遺跡から推測するものがほとんどと言う事で、考古学的なものになるわけですが、面白いのは山岳地帯だらけで高所での生活として発展しているのと、いわゆる平地民との差異と交流によって地域間の発展が為されているところですね。

神殿が残っているなど、キリスト教に滅ぼされる前の民族宗教関連のものは、改めて滅ぼされて勿体ないと思わずにはいられないんですが、それ以降の歴史、近代以降は明らかにキリスト教徒にあらずば人に非ずという勢いがあったわけで、なかなか難しかったんだろうなぁというのもありますね。

面白かったのはスペイン人によるこの地域の制圧は少人数で全てをなしえたので、いろいろな説、果てしなくスペイン人が強かったとか、露骨に謀略の限りを使ったとかがあるものの、単純に全体でスペイン人と現地人が一斉に戦闘を行ったわけではないから、小規模戦を順番に片付け行った結果、少数で圧倒的多数を制圧しただけという説ですね。

スペイン人統治後の人種の交わり方で、ペルーとしてのアイデンティティって何?とか、東アジア移民、日本人移民の苦労、第二次大戦のアメリカによる露骨な差別だとか、全体的にひっくるめて、比較的暗めの記述が多くなってしまうのは仕方が無いのかもしれないですね。

元知識が少なすぎたので、あまり覚えきれないのですが、初代インカ皇帝であるマンコ・カパックという名前は今後忘れなそうというか、仮に世界史の教科書で名前が出てきていたらば、頭の悪い男子高校生が大声でインカ皇帝の名前を叫んでいたんだろうなぁって思わずにはいられなかったですね。

少なくとも、私の知っているところならば、確実に叫んでいたというのが容易に想像出来ました。

I 最初のアメリカ人からインカまで

第1章 アンデスの自然と古代文明――文明を生み出した多様な自然環境
第2章 最初のアメリカ人――アジアからアメリカへ
第3章 採集狩猟時代――変化する自然環境への適応
第4章 農耕と牧畜・漁労の登場――文明形成の基盤
第5章 神殿の誕生――形成期初期の社会発展
第6章 形成期の神殿と社会――神殿更新と社会発展
第7章 多様な地方文化の時代――モチェとナスカ
第8章 神殿と都市――ティワナクとワリ
第9章 近づく帝国の足音――地方王国の拡大
第10章 インカ帝国の成立――インカの神話的世界
第11章 帝都クスコの整備とインカの世界観――双分制と三分制
第12章 インカの地方支配と経済システム――インフラ整備と租税

II 征服、独立、国民国家への道

第13章 スペイン人の到来――征服者フランシスコ・ピサロ
第14章 カハマルカの戦い――インカ帝国の制圧
第15章 スペイン植民地支配の確立――征服者どうしの争い
第16章 ビルカバンバの新インカ帝国――マンコ・インカからトゥパック・アマル1世まで
第17章 ポトシ銀山と先住民社会の変容――副王トレドの大仕事
第18章 植民地時代のリマ市――都市文化の爛熟と啓蒙時代
第19章 トゥパック・アマルの反乱――植民地の危機とブルボン改革
第20章 プマカワとサンマルティン――独立戦争(1)スペイン領植民地最後の牙城
第21章 ボリーバル――独立戦争(2)フニンとアヤクチョの戦い
第22章 「アヤクチョの英雄たち」の時代――ペルー・ボリビア連合とグアノ・ブーム
第23章 もうひとつの「太平洋戦争」――グラウとボログネジ
第24章 立ちなおるペルー――カセレスからレギーアまで
第25章 アプラとマリアテギ――1920年代のペルー急進主義
第26章 アプラの武力闘争時代――1930年代の激動
第27章 エクアドル・ペルー紛争――第2次世界大戦から1963年まで

III 現代ペルーの政治と経済

第28章 「失われた機会」――非合意社会とフリーライダー
第29章 引き延ばされた改革――寡頭支配と一次産品輸出経済体制
第30章 ペルー革命――軍による改革で変わる社会
第31章 「失われた10年」――民主主義の幕開けと古い政党政治
第32章 センデロ・ルミノソの台頭――萎縮する市民社会
第33章 日系人大統領の登場――フジモリの新自由主義革命
第34章 資源開発型経済の光と影――「黄金の台座に座った乞食」を脱することができるか
第35章 フジモリ政権と一変した日本との関係――「日本カード」は活かされたか
第36章 革命政権の末路――フジモリの日本亡命
第37章 初の先住民系大統領、トレド政権――輸出ブームの陰で混迷する政治
第38章 自由貿易・投資による急速な経済成長――第2期ガルシア政権の変貌ぶり
第39章 「社会的包摂を伴う成長」へのウマラ左派政権の挑戦――親子2代の日系大統領の誕生は成らず

IV 自然環境とその利用

第40章 多様な環境――高地は住みにくいか
第41章 ジャガイモとトウモロコシ――ペルーの主作物
第42章 アンデスのラクダとユニークな牧畜――搾乳をしない、定住的牧畜が成り立った理由は?

V 多様な人種と文化

第43章 多様な人種構成と自然環境――コスタ・シエラ・セルバ
第44章 インディオとは誰か?――文化としての人種
第45章 「魂の征服」――カトリックの布教とワカ信仰
第46章 フォーク・カトリシズム――聖人崇拝とバラヨック
第47章 アンデスの先住民宗教――山の神信仰とパチャママ
第48章 奇跡と巡礼――コイリュ・リティ
第49章 征服の痕跡――アンデスの妖怪ヘンティルとピシュタコ
第50章 暴力の時代と先住民――真実和解委員会と平和構築
第51章 多彩なアンデス音楽――シエラの音楽
第52章 クレオル音楽の黎明期――コスタの音楽(1)
第53章 クレオル音楽のブーム以降――コスタの音楽(2)
第54章 移住者たちの音楽――チチャとアンデス・ロック
第55章 国産ロック――人種、階級の壁とグローバル化
第56章 新しい演劇、ユヤチカニ――アンデス世界と西欧的世界の狭間で
第57章 マルティン・チャンビ――ラテンアメリカを代表するインディオの写真家
第58章 小説の誕生からペルー伝説集へ――ペルーの文学(1)
第59章 モデルニスモから現代小説へ――ペルーの文学(2)
第60章 日本語で読めるペルー文学――ペルーの文学(3)

VI 日系人社会の歩み

第61章 日本人移民が生まれた背景――奴隷制・クーリー・契約農園労働者
第62章 第2次世界大戦以前の日系人――移民から民族集団へ
第63章 第2次世界大戦と日系人――排日運動・強制連行・戦後の再出発
第64章 現代における日系人のプロフィール――世代構成・職業構成・イメージ
第65章 日本社会と日系ペルー人の新しい関係――移民とデカセギ
第66章 グローバル時代における在外ペルー人――21世紀にペルー人として生きる意味とは

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

今日の読書 逆説の日本史20幕末年代史編3/井沢元彦

井沢元彦のライフワークとなっている逆説の日本史シリーズの20作目になります。

幕末年代史の3つめは西郷隆盛と薩英戦争の謎というのをメインに扱っています。

逆説の日本史シリーズは、通説に対抗して逆説ということにしており、通説として定着させている歴史学会に対する限界というものを指摘し、通説でそう規定するのは問題ではないかというようなものをまとめ上げていく形であり、いわゆる歴史学会の弱点として文献至上主義、宗教的視点の軽視や欠如、専門的になりすぎたせいで通史としての視点の欠如というのに力点をおいているわけですが、幕末というか江戸末期からは特に朱子学の毒というのは、かなり力点が置かれていますし、いろいろと文献が多く残っている時代になってきているので、関わっている人物の性格というものを重視しているというのは特徴になりますかね。

ただ、これはシリーズを読み進めてきて思うことですが、このシリーズが書かれ始めた時代と比べて、現在は歴史的な視点の多様化、特に進歩主義的歴史観に対する懐疑的な論調であるとか、自虐史観的な固定概念に関する批判が苦も無く目に触れるような機会も増えてきているので、個人的には全体的に目新しさというのもは感じなくなってきてはいます。

幕末というのは歴史の中でも人気分野の1つであり、既に教科書的な通説以外のものも私が目にしているというのもあるのでしょうけれどもね。

ただ、朱子学の功罪の罪多目という観点は幕末の攘夷というものに対する観点の移り変わり、いわゆる小攘夷という夷狄は全部気合いでぶっ殺すというものから、とりあえず現実的に日本は現状ガチで戦ったら負けるよというものを踏まえ、攘夷をするなら開国して同等レベルになるまで国力あげてからという大攘夷思想に変化するまでのものは意識しておいて損はなにでしょうし、これを踏まえて二次大戦まで突っ走ったという事は頭に残しておいて良いでしょうね。

あとは、歴史の結果を知っているから薩長同盟とか上手くできる土壌があったと勘違いしがちだが、もの凄い奇跡的な結果でしかないし、長州の取った行動とか手段と目的が入れ替わったり、普通ならばさっさと決断すべき時に政争に使ってグダグダっぷりを発揮していたり、これは幕府型もそうですが、なんていうか今の日本の政治家のグダグダっぷりと被る要素は多すぎるなぁって・・・それを含めて日本人なんでしょうけれどもね。

第1章 1862年編 幕府を窮地に陥れた生麦事件と島津久光
第2章 1863年編 “攘夷は不可能”と悟らせた薩英戦争と下関戦争
第3章 1864年編 沖永良部島流罪の西郷赦免で歴史は動いた!

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

今日の読書 蒙古襲来と神風 中世対外戦争の真実/服部英雄

鎌倉時代に日本を襲った元寇は、島国であり対外戦争を避けることが出来る恵まれた環境の中で数少ない襲撃ですが、その元寇はどのようにして防ぐことが出来たかというと台風という自然現象、通称神風によって守られたと大筋では教えられることが多いものとなっています。

今の時代、教科書に載っているからというだけで、台風が全てを守ってくれたと鵜呑みにするに人はほぼほぼいないとは思いますが、神風という非常に魅力的な要素はなかなか捨てることは出来ずに放置され続けており、戦時中は神風特攻隊として悪用され、戦後は国防という概念の流布を避けるため、元寇は武士が命がけで戦ってくれたおかげで防ぐことが出来たという常識をスルーという事になっています。

戦後教育で神風という概念の放置について、国防や軍事力というものへの極端過ぎる忌避感があったからという説明は本書では一切合切触れられておらず、通説を唱えた学者の権威が強すぎたという事ですませていますが、神風という神話をぶち壊したい、通説になっているけれども、ツッコミどころ多すぎて学術的に放置していられないという意欲の源は、どうにも戦時中までの日本は神によって守られている神風信仰を木っ端微塵にしたいという気持ちが見え隠れしている気がしなくもないのですが、それはそれとして、史料解釈についてはいたずらに現代の価値観をおっかぶせることなく、検証しているものになっています。

前半は日本、中国、朝鮮半島に残された史料から実際に元寇が行われた行程であるとか、元と日本が戦争する事になった理由であるとかを読み解き、後半は合戦に参加した御家人である竹崎季長が指揮して絵師に描かせた『蒙古襲来絵詞』を読み解くという構成になっています。

前半部、日本と元が戦争になった要因としては、当時元がまだ中国全体を統治する前、宋と争っていた時、日本と宋との貿易、特に日本から中国では産出されていなかった硫黄を売っていたことが、そのまま兵器に使われるという事で、元には厄介であり貿易を辞めさせようとした事が軸であり、元から宋へ硫黄を売らないように要請された日本は当時宋が中心で元は夷狄という認識であったがために断り、これが積もり積もって、元が先に傘下にしていた当時の朝鮮半島国家高麗と手を組み日本へと攻撃するというながれであり、元は高麗と手を組んで宋と日本と滅ぼす気になっていたというもの。

で、元と高麗が日本に攻めてきた行程が書かれた歴史書を追っていくと、後に神風で全てを解決したかのように記された『八幡愚童記』に書かれていることが、単なる宗教宣伝になっていたり、現場を知らない公家が無邪気に信じているだけというのが分かるというのを検証。

後半の絵巻を検証し、神風に頼ったのではなく武士が戦った様子を検証し自然環境に頼って日本を守ったのではなく、しっかりと人力で戦ったというのを証明します。

元寇の神風神話でもそうですが、日本の悪いところなのか人間全てに普遍的なのか分かりませんが、結局は現場のことを分かっていない人間が、現場の努力を過小評価し恩賞を与えない口実を一生懸命作り上げて残してきているのが、根っこにあるのでははないかと思えて仕方が無いですね。

実際問題、鎌倉幕府は恩賞を与えようにも無い袖は振れないというか、防衛戦争は得る物がないので仕方が無いからというのはありますが、後々に備えて恩賞を与えない口実作りを残してしまい、その幻想を悪用し続けているという感じでしょうか。

ある意味、いつの時代も変わらないものは変わらないなって切なくなりますね。

序 章 神風と近代史
第一章 日宋貿易とクビライの構想
第二章 文永の役の推移
   第一節 蒙古・高麗軍の規模
   第二節 合浦・対馬・壱岐
第三章 弘安の役の推移
   第一節 東路軍の侵攻、世界村はどこか
   第二節 東路軍拠点・志賀島の攻防
   第三節 江南軍、鷹島へ
   第四節 閏七月一日の暴風
   第五節 台風後の死闘
   第六節 海底遺跡の語ること
   第七節 終戦、その後
第四章 竹崎季長の背景
第五章 『蒙古襲来絵詞』をよむ
   第一節 『絵詞』に描かれた文永の役の推移
   第二説 『絵詞』に描かれた弘安の役の推移
   第三節 鎌倉・安達泰盛邸でのできごとの意味
第六章 その後の日元関係
第七章 遺跡からみた蒙古襲来
   第一節 石築地
   第二節 鷹島神崎沖・海底遺跡と沈没船
終 章 ふたたび神風と近代へ

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

今日の読書 超・戦略的!作家デビューマニュアル/五十嵐貴久

作家デビューをゲームとして捕らえて、しっかりとゲームの攻略法を踏まえれば作家デビューは難しくないどころか簡単だ!と提示し、その攻略法をイガラシメソッドとして紹介した1冊です。

作家デビューを考えているけれども、まだ小説を書いたことがない、今までに新人賞に応募した事はあるけれども、箸にも棒にもかからないといったような人を対象に、作品の文学性がどうとか、そういったものを一切考えずに、とにかくデビューするための作品はどう書けば良いのかと徹底したものであり、実際にこのイガラシメソッドを使って作家デビューした人の言葉も添えて説得力を持たせています。

私は実際に書いてみようとは思わないのですが、作家になるための方法として最短ルートとなる新人賞の傾向についての寸評が、自分が投稿する対象としてというよりも、その賞をとってデビューした作家の傾向を知るための手段として、ぼんやりと知っているものも含めて楽しめましたね。

本気で作家になるのを考えている人はもちろん、これを踏まえて自分の読書傾向の新規開拓を考えている人、単純にどういった方法論で書かれているのか気になる人は目を通して損はないですね。

Part1 作家になるのは簡単だ
 Chapter1 作家とは何か?
 Chapter2 新人賞とは何か
 Chapter3 作家になるためのスタートライン
 Chapter4 僕がお勧めする新人賞20選

Part2 新人賞というゲームの攻略法
 Chapter5 作家になるためのリアルな方法論
 Chapter6 長編小説の書き方
 Chapter7 審査について

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

今日の読書 足利将軍と室町幕府 時代が求めたリーダー像/石原比伊呂

足利将軍家、室町幕府は南北朝時代という色々ややこしい、歴史上何を目指してやっていたかなど分かりにくいというだけではなく、戦時中までの皇国史観の影響で正面切って興味を持つこと持たせることに対するバイアスがかかりすぎるという意味でもややこしいし面倒臭い時代だったりします。

そのせいもあってか、私は日本史のほとんどをエンターテインメント方面から仕入れて、そこからある程度学術的な方向に逆流するという方法論の中には室町時代に対して興味の引っかかりがない、そもそも一般向けの文献が掃いて捨てるほどある戦国時代などと違って極めて少なく手に取りようがなかったわけです。

それが、皇国史観全肯定の時代から全否定の時代という呪縛が解けてきた近年、室町時代に対する一般向けの文献が増えてきて、実際プチブームも来ているということらしいです。

足利将軍家、室町幕府というのは鎌倉幕府と江戸幕府に挟まれ幕府としては、いまひとつ冴えない幕府扱いになっています。

幕府成立過程で、ある程度はっきり勝者が作り上げた印象を上げている幕府と比べ、なんとなくなし崩し的に、南朝と北朝と皇室が割れる形で成立したという出発点を考えてもグダグダ感を払拭できません。

そういうイケてない、明確に実力者が勝者として君臨している感がない室町幕府だからこそ、今の時代ではかえって感情移入しやすく参考にもしやすいのではないかというのは筆者の考えのようですし、実際問題現在の日本をみても手段と目的が入れ替わったり、何を目的とするのか分からない離合集散にばかり力を入れている政治集団がいてみたり、グダグダこそが日本の伝統ではないかというのも、あながち的外れではないように思えたりするのが、果たして良い事なのかどうかは分かりません。

イケていない扱いをされる室町幕府ですが、三代将軍義満は天皇になりかわろうとするほど野心を持ち合わせ、それが出来るだけの怪物であったというような扱いをされたりし、過小評価なのか過大評価なのか矛盾が見えてしまうというのが世にはびこっているが、どうも近年での研究では天皇家のっとりというのは違うようだと結論が出てきていて、将軍家と天皇家という2つの存在で対比する事が勘違いの元になっていて、天皇家は南朝と北朝が出来ただけではなく、北朝は北朝で一枚岩ではなく派閥が出来上がっていて、将軍家というか将軍も天皇家全体と関係が出来上がっているというよりも、それぞれの派閥との関係性によって上手くいっていたりそうで無かったりがあるという理解をしないと間違えるという扱いになっています。

足利将軍家というのは、決して軍事的に力があったわけでもなく、基本天皇家の補弼関係を作りダ気権威付けを上手くやりくりし、成熟した儀礼社会という室町時代を作り上げ、非実力主義型リーダー像が、良い意味でなあなあの関係でまとめ上げたと考えるとちょうどいいようなものだという事ですね。

なあなあでグダグダだけれども、ストイックではない人間には意外と住み心地が良さそうという幻想をもってしまうのが室町時代なのかもしれないですね。

序章 日本史上最高の権力者と出来損ないの将軍
第一部 南北朝期の足利将軍家と北朝天皇家
 第一章 足利尊氏・直義と北朝天皇家
 第二章 足利義満と北朝天皇家
第二部 足利義持と北朝天皇家
 第一章 後円融天皇を無力化した義満
 第二章 義持と「准摂関家」
 第三章 北朝天皇家と「王家」の執事
第三部 足利義教と北朝天皇家
 第一章 義教と後小松上皇
 第二章 義教と伏見宮家
第四部 室町期公武関係の成立要因
 第一章 南北朝内乱と足利将軍家
 第二章 義詮が築いた公武関係の基調
終章 足利将軍家とは何だったのか

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

おまけ

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログラム