今日の読書 南北朝動乱 太平記の時代がよくわかる本/水野大樹

タイトルそのままの本ですね、南北朝動乱、鎌倉時代末期から南北朝と天皇が同時代に2人いるという日本史上独自の時代がおさまるまで。

一般向け、詳しくない人向けに分かりやすく歴史を教えますよという形の本というのは沢山ありますが、その沢山あるものも時代に偏りがありまくりで、それこそ戦国時代、幕末あたりはすでに沢山出ているよねとツッコミたくなるくらい山ほど目にすることが出来ますが、それ以外の時代となると残念ながらなかなかお目にかかれない、太平記というどういう話かは知らなくてもタイトルくらいは目にしたことがある(本当の太平記そのものよりも、○○太平記みたいな流用で知っているというのもあるでしょうが)ものであっても、なかなか、太平記がよくわかる本みたいなものは、なかなかお目にかかれない。

まぁ需要と供給の問題であって、仮に太平記や南北朝なんていうのを扱っても、売れないというのもあるのかもしれないのですが、知名度がないから扱われない、扱われないから知名度も上がらないのスパイラルに陥っているというのもあるでしょうし、戦後日本のいわゆる進歩的知識人層というのは、戦前までの価値観を全否定する事こそ正義と硬直化してしまっている部分があり、太平記のヒーローに1人である楠木正成がいわゆる皇国史観で英雄に祭り上げられた事から、知名度を上げることすら嫌がっているというのも、大いに影響しているでしょうし、南北朝という天皇家が2つに割れて天皇を名乗っていた時代を扱うというのは万世一系こそ正義としている人々からも、あまり細かく検証したくないという事情もあるかもしれないですね。

その影響か、太平記の大まかなストーリーも知られなくなっていますし、しかも、太平記そのものも分かりやすい勝者がでてめでたしめでたしでは終わりませんし、室町幕府誕生も時代の区切りとしてすっきりしきらない、南北朝わかれたままだし、その後南北朝が統一されていく過程もすっきりしないまま、とかく分かりにくいカオスというのも、人気になりにくいというものなのかなぁというのもありますね。

私も基本的な知識というのも、大まかな流れを知っているだけですし、概ねこの時代の歴史小説を見つけて読むようになってから得ているというもあり、本気で流れを知っているだけなので、改めてその流れや背景を初心者向けにまとめられているのは非常に助かりました。

カオスなことには変わりないですし、この時代の人気が高まるのかというと、上に上げた理由も込みで難しいんだろうなぁと、何か劇的な変化が起こった時代ではなく、基本グダグダでもありますし、逆にグダグダながらも何とかやり繰りしていると理解すると、現代の日本に通じるものも感じられたりしますかね。


第1章 南北朝動乱前夜
第2章 鎌倉幕府滅亡
第3章 建武の新政失敗!
第4章 朝廷が南北に分裂
第5章 南北朝の動乱をもっと知るための人物辞典

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

今日の読書 経済大変動 「日本と世界の新潮流」を読み解く60の視点/伊藤元重

経済学者である伊藤元重の2015年10月から2016年11月までの『日経MJ』連載、『静岡新聞』連載、『論壇』連載を加筆修正してまとめたものになります。

連載時ではまだアメリカにトランプ大統領が誕生していなかったので、その影響については触れられなかった分、はじめにで触れていて、基本結果的にどうなるかは分からないが、いろいろと極端な動きに振り回される可能性だけは指摘しています。

連載スペースは毎回限られているという事もあり、触れられているネタについて大きくツッコむというよりも、その前段階で基本的にはこういう事というのを提示し、そこからどう結論づけるかは読み手にある程度委ねるというスタンスであり、とかく政治経済の話題では自分の導き出した結論を押しつけるような論調が目立ったりする中で、非常に良心的であるとも言えますし、逆に何かをぼろくそに批判しているようなものを読みたいという欲求を抱いている人には物足りなさを感じるかもしれません。

特に日本経済の今後ということに関しては、デフレ脱却の重要性に触れていて積極的な金融政策と財政政策の有効性について、それを使っていかにイノベーションを起こすことが必要じゃということに触れていて、日本は巨額の財政赤字があるから緊縮財政こそ正義!という論調の人にとっては面白くないことでしょう。

まぁ財政赤字に関しても、巨額すぎることの問題には触れていますが、ようは財政赤字だから緊縮財政という欲しがりません勝つまではという全否定か全肯定かという短絡思考で考えてはいけないというような説明になっていますし、とかく存在を全否定する事に命を賭けている人の目の敵となっている安倍首相だからこそ、アベノミクスは全否定すべきという坊主憎けりゃ袈裟まで憎い型の思考ではなく、数字上安倍政権以前よりも改善ている所は改善している、その改善が大多数に恩恵を与える段階にはなっていないので、実感がまだ薄いが、実感がないから全否定という短絡思考型の人は、何が何でも否定したいのであれば全否定ではなく部分否定をするための材料として、一読してみるのもいいのかもしれません。

個人的には安倍晋三のことは嫌いでも、デフレ脱却のことは嫌いにならないでくださいとして、財政再建至上主義者による緊縮財政こそ正義という流れが無くなって欲しいんですよね、その中には当然消費税増税なんていうのも含まれますが。

第1章 最新技術が買えるビジネスの未来地図 AI・IOTの本質を読み解く
第2章 どうすれば、日本経済は浮上するのか 日本の経済政策と企業・労働者の今を探る
第3章 日本の成長を支えるローカル戦略とグローバル戦略 「企業」「地方」「人材」それぞれの視点
第4章 グローバル経済の新潮流を読む 世界経済の鍵を握る米国は何を考えているか
第5章 今、世界で何が起っているのか 重大ニュースから読み解く未来のカタチ

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

今日の読書 グローバリズムその先の悲劇に備えよ/中野剛志・柴山桂太

TPP亡国論など、とにかくグローバリズムが世界を破壊するよというのを啓蒙活動中の中野剛志氏と柴山桂太氏の対談形式でグローバリズムの限界が明らかになっているからこそ、イギリスのEU離脱やアメリカのトランプ大統領誕生が起きていて、それをイギリスやトランプ大統領というものを全否定で扱って、グローバリズムこそが正義とやっていると現実社会と乖離していくよというのを丁寧に扱っている1冊になります。

私は基本行きすぎたグローバリズム反対論者であり、あるべき姿はそれぞれの地域性、土着性、国民性が残るローカル至上主義ありきで、そのローカルの差異ありきの交流が出来る土壌を作るべき、いわゆるグローカルと言われるものこそが正義と思っている質ですので、いわゆるグローバリズム反対や積極的移民の反対、差別反対という暴力を使った土着文化の破壊などの問題点をあげつらうようなものを狙って読むようにしているのですが、これもその一環ですね。

日本の問題点としては、未だにグローバル化に正義を感じすぎていて、反グローバルな政治政党の存在の空洞化、いわゆる戦後冷戦状況下で保たれた平和というものを特殊なものではなく、普遍的なものであるという幻想を持ったままであること、そのため自国の平和のための行動という概念が育っていないことなどなど、まぁ米中が下手に手を組まれたらばそこで試合終了ですよと言うところに追い込まれているけれども、アメリカは永遠の同盟国という幻想は捨てられないまま、実際に日米同盟が強固なものではなくなるかどうかは別として、そういった選択しに対して備えが無いままということに対して無防備なままなど、狙って危機感を煽っている部分はあるのでしょうが、世界的に反グローバルに針が振りきれた時に対する準備がなさ過ぎは煽りまくりです。

まぁそれについては、中野氏の『富国と強兵』なんかにも書かれていますが、それを踏まえなくても対談形式ですので入り口として分かりやすくなっています。

日本の問題点は日本の問題点として扱っていますが、基本的にはイギリスやアメリカの問題をポピュリズムであるとか、排他的として低く扱おうとするが、そういう上から目線で批判しているエリート層こそが現実社会と乖離しててむしろ問題であり害悪であり、お前らに言われたくないという事であり、トランプ大統領の問題提起そのものは的外れではない、ただし、解決法の提起が下品で的外れなものが多々含まれていて全否定したくなるものだらけになったりするが、だから問題提起も的外れというような扱いをしていると、現実を見誤ると、それにトランプ大統領が成功した大統領となるとは思えないが、時代を変えるきっかけとして今後は反グローバルな勢力が力をつけていく可能性は高いという事。

そして、経済学分野になりますが、とかく幅を利かせている主流派経済学、新自由主義の限界が見えているにもかかわらず、幅を利かせ続ける事によって資本主義構造の限界が来てどんどん世界的に不景気になっていくだろうと。

この構図は第1次世界大戦や第2次世界大戦にも似通っているが、当時の総力戦によって景気回復という事に結びつけられた時代と違って、現代の戦争は景気回復の起爆剤となり得ない状況が次々に出来上がってきているから、なかなか難しいしよと、タイトルに悲劇に備えよと入れているだけあって、まぁ悲観的なこと悲観的なこと(苦笑)

『富国と強兵』に被る部分が沢山ありますが、短くコンパクトにまとまっているのはこっちですので、グローバル化というのは正義ではないよというのに引っかかりを感じる人は是非一読して欲しいなと思える一冊です。

はじめに 思想の座標軸を設定し直そう
第1章  「怒りの政治」が世界を覆う
第2章  EU離脱は国民主権の回復
第3章  真の冷戦終結で日本はどうなるか
第4章  悲劇の時代に何をなすべきか
おわりに グローバリゼーションが国家を作る

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

今日の読書 応仁の乱/呉座勇一

歴史上の出来事としての知名度は上位に入ることは間違いく、同時に中身はよく知られていないという事でも上位に入ることが間違いない応仁の乱。

日本の歴史が好きという人の大多数が戦国時代に関する知識を持っている場合が多い中、戦国時代を生んだきっかけと言っても過言では無い応仁の乱に関しては誰が誰と戦って誰が勝ってどうなったのかを完結に説明出来る人はほぼほぼいないというのが現状ではないでしょうか。

完結に説明できるような単純なものではないというのも大きな理由ですし、戦国時代を生んだ大乱というだけで正直勝者がいないというか、関わった人達はぐだぐだな状況で最終的に皆負けみたいな感じになっているというのも、よく分からないということで。

そんな出来事としては重用なんだけれども、内容については今ひとつ有名では無い応仁の乱を扱った本書が、何だかんだと結構な売れ行きを残したというのが、日本人って歴史を学ぶの好きなんだなと思わずにはいられないですね。

存在の知名度と比べて実態が知られていないというのを何とか実態も知名度を上げたいという狙いで書かれたものになりますが、読み終わっての一番の感想はこれが結構な売れ行きがあって、勝った人の大半が理解出来ているとするならば、みんなすごく教養水準が高いんですねって。

まぁ私の教養水準が著しく低く、私よりも教養水準が低い人を探す方が困難だと自負していますが、私は読み終わっても元知識が弱かったというのもありますが、ぼんやりとしか分からなかったというか登場人物を覚えるだけでも結構知らない名前があるので大変な思いをすることになったというか。

ただ、日本の歴史解釈において、いわゆるマルクス史観が戦後幅を利かせてしまった弊害、いわゆる革命史観であるとか、階級闘争史観が応仁の乱の理解をする上で大いに邪魔になっていたのではないかという理解を深めたりはしました。

それぞれの対立構造も、分かれて戦っているといてもそれぞれが一枚岩というわけではなく、それぞれの利害の上で戦っているし、戦う理由も単なる自己防衛もあれば、権力欲に動かされてのものあり、また最初から長期戦を考えていたのではなく、大事では無い局地的なものの短期戦を想定していたのに、関わりを持っている人がこじれてしまって、戦いたいわけではないのに無駄に被害を増やしてしまったと。

構造としては第一次世界大戦に近いものがあり、そっちの知識を得ている人には理解しやすい部分も多いという事ですが、残念ながら私は詳しくは無いので表層的な理解を深めるにとどまりました。

京都市街を舞台とした戦いでありながら、理解の鍵は大和国の自社勢力が火薬庫になっていた事にあるとか、単なる室町幕府の中の将軍人事による対立ではないという事を理解出来ればいいんでしょうかね?少なくとも室町幕府内の権力争いというわけではないから、バカみたいに長引いた、裏には室町幕府とそれに付随する既得権益があり、争っているうちに既得権益にいろいろと飛び火してしまったと。

なんというか、現在の日本の政治も似たような事をやっているというか、権力者を引きずり下ろそうと持ってきたネタが、持ってきた側の既得権益を破壊する結果に跳ね返ってみたりというのを見ていると、ある意味では日本は変わっていないねと理解の一助になるのかもしれないですね。

ただ、改めて本当にこれが売れていて読んだ人はみんな簡単に理解出来たんだろうかと。

第1章 畿内の火薬庫、大和
第2章 応仁の乱への道
第3章 大乱勃発
第4章 応仁の乱と興福寺
第5章 衆徒・国民の苦闘
第6章 大乱終結
第7章 乱後の室町幕府
終 章 応仁の乱が残したもの

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

今日の読書 人口と日本経済 長寿、イノベーション、経済成長/吉川洋

超少子高齢化、人口減少が進み日本経済は衰退、日本人はこのペースでいくと消滅する運命というような悲観論というのは多くはびこっています。

少子高齢化と現役世代の人口減少によって、年金を筆頭とする社会保障費が賄えなくなるという悲観論は分からなくは無いのですが、同時にだから増税であるとか、だから積極的移民策というような話の流れになると、悲観論を利用したきな臭い動きをしようとしていると穿った見方しか私には出来なくなっているわけですが、悲観論を利用して、短絡的なだから~すべきというものを横に置いて、本当に悲観論しかあり得ないのかと、悲観論一辺倒はおかしいよと指摘するものはないかという私のニーズに合わせたようなものを探していると都合良く現れたのが本書になります。

日本国内では、バブル崩壊以降こと社会分析、経済分析において楽観論よりも悲観論の方が受けが良いのか、このままでは日本社会はこのままでは大不況に陥る的なものが幅を利かせている感を勝手に私は思ったりします。

楽観論と悲観論極端にどっちか片方に振りきれているものはどっちであろうとろくなものではないというのは横に置いて、悲観論を言っておいた方が物事を考えているっぽく見えるという傾向はあるかなと、こと社会分析においては楽観論はどこかバカっぽく見えると判断している人が多いかなとか、単純に何かを批判していると、批判している人は批判いている俺かっこいい!みたいな恍惚感を感じていたりするのに対し、何かを無批判に持ち上げていると、それを書いている奴は裏で何貰ったんだと思われるかもしれないとか、たんなる太鼓もちのようにしか思われないんじゃないかというような判断をしている人が多いのかと思ったり、実際に本当に根拠があって判断しているよりも、何かを良く書くか悪く書くかという前提を先に決めてから根拠を後付けにするというものも溢れているでしょうが、それはそれとして、とかく日本の少子高齢化を扱い、それと経済状況を絡めた物では楽観論というものはなかなかお目にかかれないですよねってことで。

日本人の人口構成を元に行われる経済分析はとにかく悲観論一辺倒になっているというのを、排し経済学上では悲観論を乗り越えることが十分可能であると示そうというのが狙いで書かれています。

経済学としての分析ですから、まず経済学では人口というのものを、どう扱ってきたか古典であるマルサスの『人口論』をメインにして、それまでは人口爆発を危機として考えてきたこと。

人口爆発によって食糧供給が安定できなくなることを真剣に考えないといけない、逆に経済的に裕福になる事は人口が増える事と同義語として考えられてきたこと。

しかし、技術進歩や経済的な余裕ができるようになった社会では日本に限らず人口爆発は起らず、むしろ人口減少へ向かう傾向が現れるようになった。

その理由として、娯楽分野の充実によって金銭を子育てに回すよりも自分に金をかけたいであるとか、単純に子育てに金がかかりすぎるようになって、子だくさんな家庭が減っていくとか、まぁ現実社会と照らし合わせれば理由は誰にでも思い当たる事がいくらでも出てくるようになった。

さらに、医療分野の発達などと共に平均寿命が延びたことによって起きた社会の変化などで社会構造も変化したなどがみられるようになった。

等々を踏まえ、問題は人口そのもの、労働者の数の問題ではなくイノベーションをどれだけ起こせるか、イノベーションによってどれだけ労働者を有効活用できるかが重用だと。

たとえば、かつて人力で農業をやっていた時と比べて、機械が発達した現在では同じ農産物を作るにしても、労働者の数は少なくても大丈夫になった。

かつては駅には切符切りがいたけれども、今は自動改札機ですませられるようになって駅員の数が少なくても賄えるようになったし、労働者を他の分野に回すことが出来るようになったなどなど、働き手が少なくなったから、即座に日本経済は回らなくなると短絡的な結論になるわけでは無いなど具体例を交えながら解説していきます。

日本の問題ではありますが、海外との比較、特に新自由主義批判としてアメリカの市場原理主義の問題点、特に医療分野を提示して、社会保障によって長寿国となった日本を取り上げて、日本は超少子高齢化社会としての問題に直面し過ぎていて、あたかも日本の長寿が当たり前のものであると考えている事の錯覚の指摘などなど、決して悲観論に満ちあふれた社会では無いというのを提示しています。

基本経済学をベースに説明しているので、多少の経済学の知識が無いと学者の固有名詞などで理解がしにくい部分もあるかもしれないですが、私のように理解力が低くても十分に理解できる形にまとめられています。

イノベーションがあれば何とかなるという前提である以上は、イノベーションがなければどうするの?という罠が待ち受けていたりはしますが、まぁ悲観論一辺倒ではないよという希望を提示するのはそれはそれで必要だと思いますし、ある程度はスルーで良いかなと。

景気の気は気分の気ですから、悲観論一辺倒を払拭する事そのものに大いに意味があると思いますし、少なくともデフレスパイラルな日本国内では、何かと悲観論や文句を振りかざすのが正義という世論形成を打破する事は重用だと思いますし。

第1章 経済学は人口をいかに考えてきたか
第2章 人口減少と日本経済
第3章 長寿という果実
第4章 人間にとって経済とは何か

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

おまけ

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログラム