今日の読書 プーチンの国家戦略 岐路に立つ「強国」ロシア 小泉悠

現在世界中を見回してみて、存在感のある政治家としてプーチンほど長い間その地位を守ってきた人はいないのではないかと思います。

最初に大統領になったのが2000年ですから、そこからずっと1度大統領を任期満了しておきながら、首相になってなおかつ大統領に再選するという荒技を使って国家元首を続けてきているというだけで、ある意味驚きですが、そのおかげでプーチンに絡んだ書籍も沢山目にしてきました。

いろいろと読んできた中でも私もまだまだ知らない事だらけだなと本書を読んで思わされたのは、プーチンに力点は置いていますが、基本ロシアの現状分析とロシアを分析する上での前提条件として、思考そのものの根本的な違いを軸に、軍事や安全保障をメインに扱っているという事ですね。

どうにも、軍事系の知識は疎いので理解しきれていないのですが、ロシアの過大評価してもいけないし、過小評価してもいけない感はありありと伝わってきますね。

筆者が前に読んだ『大国の暴走』という米中露という大国が暴走する理由というのを、座談会形式でまとめたものの、ロシア担当だったということで、被る部分があるのですが、そのおかげでロシアの国家概念の違い、いわゆる国境線で別の国という近代国家のお約束ではなく、勢力圏という概念と、ソ連解体から勢力圏が削られていく事への危機感というのは、覚えておかなければいけないことだと理解を助けてくれましたし、ハードパワーとソフトパワーという概念の西側諸国との違い、ハードパワーというベタな軍事力とソフトパワーという文化的な影響力という一般的な西側諸国の使い方と違い、ロシアのソフトパワーはベタな軍事力ではない形での武力行使、テロリストや一般人の暴動というかたいのものと想定しているという事。

認識の違いを理解しておくというのは、改めて重要ですし、日本とロシアの連携が仮に強くなるにせよ、価値観を共有していないという理解をもっておいて、互いに都合の良い解釈のしあいにならないようにすることは大事だよなと思わされるものですね。


序 章 プーチンの目から見た世界
第1章 プーチンの対NATO政策
     1ロシア軍の復活
     2NATOに対する「弱者の戦略」
     3ロシアの軍事力を支える「介入」と「拒否」
第2章 ウクライナ紛争とロシア 「ハイブリッド戦争」の実際
     1「ハイブリッド戦争」の方法論
     2クリミア半島電撃戦
     3泥沼化するドンバス紛争 もう1つの「ハイブリッド戦争」
     4ロシアにとっての「ハイブリッド戦争」
第3章 「核大国」ロシア
     1ロシアと「核なき世界」
     2積極隠しようドクトリンへの傾斜?
第4章 旧ソ連諸国との安易ならざる関係
     1不信の同盟CSTO
     2「同盟」のレゾンデートル
     3ミンスクに「礼儀正しい人」が現れる日
第5章 ロシアのアジア・太平洋戦略
     1日中露の三角関係
     2極東ロシアの軍事力
第6章 ロシアの安全保障と宗教
     1宗教をめぐるポリティックス
     2ロシアの安全保障と「イスラム・ファクター」
     3「イスラム国」とロシア
第7章 軍事とクレムリン
     1「シロヴィキ」の台頭
     2シロヴィキをめぐる軋轢
     3「国家親衛軍」をめぐって
第8章 岐路に立つ「宇宙大国」ロシア
     1宇宙作戦能力の回復
     2宇宙産業の建て直しはなるか
     3もう1つの重要課題 外国依存からの脱却

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

今日の読書 国旗で知る国際情勢/ティム・マーシャル著 田口未和訳

日本では国旗についての扱いというか、日本国国旗についての扱いは特に教育の場でないがしろにされているというか、国旗=軍国主義の象徴であり日本人が日本国国旗を愛することはけしからん扱いをするという不思議すぎる風潮がありますが、普通は国旗というのものは国民にとって愛着のあるものであり敬意を表すもの、軽い扱いをするなんてとんでもないというものです。

ただ、国旗の成り立ちによっては国民の中から反発があって変更されることがあったりする事はありますが、国旗を変更することもなく国旗掲揚をするなんて頭がおかしいとヒステリックに叫ぶ国といのはむしろその方が頭がおかしく、国旗に対する国民の敬意があるからこそ他国の国旗にも敬意を表するものになりますし、逆にだからこそ他国の国旗を燃やすという行為が行われる場合、最大限の侮辱であることを表するもの、ある意味喧嘩上等戦争上等くらいの気持ちをもってするものであると理解しておくことは国際社会上では常識として持ち合わせておく必要はあるでしょう。

国旗が愛国心をかき立てる理由には、それぞれの国の成り立ちであるとか、民族的なもの、宗教的な意味合いなど内包している分かりやすい象徴であるからこそのものですが、だからこそ他国から見た場合には逆に憎悪をかき立てる要因にもなり得るというのも、また真実。

有史以来何一つ瑕疵のない国家というものはありませんし、嫌いだから全否定せよという態度をとるというのも、争いの要因になりますしね。

国旗に込められているもの、それぞれの国での扱いなどを9章にわけ、国旗大好き国家アメリカ、イギリスの国旗ながら4つの国を1つにしているという特殊事例とかつての植民地に多くの名残を残す、イギリスはそれぞれ1つに扱い、あとはキリスト教国家、アラブ系の国家、ISのようなテロリストがプロバガンダとして利用するもの、中東地区はアラブ系として暑かったので残り東南アジアをスルーしたアジアの国家、アフリカ大陸の国家、ラテンアメリカ諸国、海賊やオリンピックなどその他のものという風に扱っています。

日本の場合は国旗である日章旗だけではなく、自衛隊旗である旭日旗も触れていますが、自衛隊旗になんでかつて日本軍の旗として使っていた旭日旗を使うなんて面倒臭い事をしてくれたんだという、苦虫を噛み潰したような顔をしているのが分かるような書き方をしていますが、同時にかといって全否定をするとかつて植民地を持っていた国の国旗は全部変えるべきという暴論に繋がるし、全否定扱いとなったナチスの鉤十字と違って、植民地化を目的とする前から制定していて同じ扱いにする無理があるしと別枠であることはしっかりとフォローしているあたりは一応フェアだなって思いましたね。

いかんせん、日本国旗を扱う場は国旗の成り立ちは国旗の成り立ちとして触れているのにも関わらず植民地拡大路線に即突入していったという所に力点を置きまくりでしたから(苦笑)

個人的には、国旗はぱっと見でどこの国であるか分かりやすく、なおかつ小学校低学年でも賭けるようなものが好みなのですが、そういった自分の好みはともかく国旗について知ることって面白いよなって思いますね。


第1章 星条旗
第2章 ユニオンジャック
第3章 十字と十字軍
第4章 アラビアの色
第5章 恐怖の旗
第6章 エデンの東
第7章 自由の旗
第8章 革命の旗
第9章 よい旗、悪い旗、醜い旗

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

今日の読書 問題は英国ではないEUなのだ 21世紀の新・国家論/エマニュエル・トッド

ソ連崩壊、リーマンショック、アラブの春、ユーロ危機、英国のEU離脱と預言を的中させたと話題のフランスの歴史人口学者、家族人類学者のエマニュエル・トッドによる初の日本向けというか、日本でのインタビューを元にまとめたものになります。

タイトルだけ見ると、英国のEU離脱についてがっつりと扱っているように思えるものですが、このタイトル部分に関わる物だけ別枠でやっていて、他は日本での仕事ということになります。

エマニュエル・トッドはEUの問題点としてドイツ帝国の拡張主義による1人勝ち状態という事に力点を置き、EUが理想とは乖離した状況に陥っているし、そもそもEUという組織作りにおいて想定されてきたグローバリゼーションは米英アングロサクソン的なグローバリゼーションでしかなく、現状そのグローバリゼーションに対する疲弊からグローバリゼーション否定へと真っ先に向かっているのがアングロサクソンであるということなどなどから、ある種グローバリゼーションは終わりの始まりに向かっているという視点を持っていたりします。

かといっていわゆるグローバリゼーションは世の中を疲弊させるとして否定的に見ている物の移民に関しては賛成派、メルケル首相のように際限なく移民を流入させる事こそ正義みたいな扱いにするのではなく、ようは歯止めの利いた移民推奨という立場ですね。

そういった物事の見方をしていたり、数々の預言を的中させたという事から、そのベースとなる視点について解説していて、今後の世界情勢をどう予想するのかというのが本書。

人口変動と家族制に着目しているのが特徴で、ソ連崩壊を予想した時は人口変動で極端な数字が出たり、急に発表しなくなったりがきっかけでダメだなと分かったという事で、これはどういった国であれ、何か極端な数字が出た時には極端な変化が国を襲うと念頭に置いておいて良いという感じでしょうか。

日本として気掛かりになる、世界情勢というか日本により直接的に関わるものとしては、これから安定化するのは米露、不安定化するのは欧中であり、これまでと国際関係が変動する事も念頭に置いておく必要性、特にロシアに関しては今までが悪いイメージでありすぎたが、覇権狙いの危険な存在というのは過大評価、中国に関しては経済大国となっている事は過大評価であるというのは何度も繰り返されて出てきます。

特に中国に関しては、極端な少子高齢社会へ突入、しかも男女比が極端に男が多いと言う問題点(一人っ子政策というものは取り立てて触れていない)高等教育を受けている率が先進国としては著しく低い事が問題として噴出するということ、中国幻想に囚われている人が世界的に多すぎるが、数字を見ると幻想に過ぎないというのは分かるとしています。

個人的には近場に巨大国家があるのはいろいろと脅威なので、中国が春秋戦国時代なみに分裂するかもくらい予言してくれていると助かったのですが、そういうものはとくに言及されていないですね。

今世界情勢を考察する時に有名な学者がトマ・ピケティ、スティグリッツ、ポール・クルーグマンと経済学者に偏重しているのが実は大きな問題というのも、ピケティは結局私は手を出していないですが、スティグリッツとクルーグマンは読んでいるので、ちょっと興味を持ったというか、個人的に経済学的分析に興味を持っていて、市場原理主義批判をするアメリカの学者というのが都合がいいと手を出しているのですが、経済分野以外の分析というのが、あまり世に出回っていないという事でもあるんですね。

そこら辺が問題としていますが、逆に日本の場合は初歩的な経済学理論をスルーした政府批判だらけなのが問題ではなかろうかと思ったりもしましたが、そういうのは当然書かれてはいません。

とりあえず、いわゆるグローバリズムに関して全肯定しないといけないかのような風潮に対し疑問を持っている人は読んでみると、考え方として納得出来る部分を見いだせるものが多くあるのではないかと思います。


日本の読者へ 新たなる歴史的転換をどう見るか?
1 なぜ英国はEU離脱を選んだのか?
2 「グローバリゼーション・ファティーグ」と英国の「目覚め」
3 トッドの歴史の方法 「予言」はいかにして可能なのか
   歴史かトッドはいかにして誕生したか?
   国家を再評価せよ
   国家の崩壊としての中東危機
4 人口学からみた2030年の世界 安定化する米・露と不安定化する欧・中
5 中国の未来を「予言」する 幻想の大国を恐れるな
6 パリ同時多発テロについて 世界の的はイスラム恐怖症だ
7 宗教的危機とヨーロッパの近代史 自己解説『シャルリとは誰か?』

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

今日の読書 かくて行動経済学は生まれり/マイケル・ルイス著 度会圭子訳 阿部重夫解説

メジャーリーグの中で貧乏球団であるアスレチックスが独自の統計数字を元にチーム編成をして成功したという事を扱った『マネーボール』の著者が、『マネーボール』とは要するに行動経済学だよねという反応があり、指摘されるまで行動経済学を知らなかった著者が行動経済学の生みの親である2人の天才であるダニエル・カーネマンとエイモス・トヴェルスキーについて取材し、心理学を科学的に扱ってきたところから行動経済学に結びつく過程を物語として追っていくものになります。

いわゆる行動経済学の専門書ではなく、出来上がるまでを描いているため導入部は著者の大ヒット作であるマネーボールを元に、専門家が失敗する理由としてNBAのヒューストン・ロケッツのGMにスポットを当て、他のNBAのチームよりも先に統計学の手法を使いデータを集め、データで計りきれなかった失敗が起きるとさらに細かなデータを集めるという作業によって、成功例の1つとしてはドラフト下位指名でパトリック・ベバリーの指名を出来たこと、失敗例の1つとしては、専門家のバイアスによってアジア系プレイヤーでは身体能力に劣るとしてドラフト指名を見送ったジェレミー・リンがその後大ブレイクをして、データを取り直してみると実は俊敏性のデータが非常に優れた数字を出していたのに、まだデータとして生かす記録ではなかったために、指名を見送ったというもの。

多くの選手を見てきて、成功も失敗も予測がつけられそうなものなのに、得てして失敗するのは、見ている側にバイアスがかかってしまうから。

人は自分が信じたい方に物事を考える傾向はなかなか捨てにくく、NBAのドラフト候補の選手を見る場合でも、それぞれ似たタイプの選手と重ね合わせて考えてしまいがちであるので、ロケッツでは同じタイプの選手だと当てはめて考える場合に、同じ人種や似たような経歴の選手に例えて評価する事を禁止、誰に似ているかと考えるならば絶対に別の人種で例えるようにとしたところ、それだけで選手の評価にバイアスがかかる事を防ぐことが出来るようになったなど、個人的にはこれを読めただけでも十分面白く感じられるものを出してきて、人間が間違った判断をしがちであり、では何故間違った判断をするのか、間違った判断に傾向があるのかと突き詰めていく2人の天才学者の物語へともって行きます。

現在いわゆる主流派経済学理論で回してきた結果、理論と現実社会が乖離しているというのは明白となっています。

そもそも経済学の大前提として人は皆合理的に行動するというものを掲げて、だからこういう政策をすれば上手くいくんだという事にしていますが、現実の人間は合理的に行動し続けるわけではないというのは当たり前、しかし合理的ではないとした時点で理論構築が面倒になってしまうので、現実社会との乖離という問題点を横に置いて経済学理論のための経済学理論として研究し続けるという失敗への道を進んでしまいました。

まぁ経済学に限らず社会学系の学問の大半は、現実社会と乖離した状況であるのは、例えば政治学理論としてのリベラリズムの理想論が暴走して現実社会を破壊する勢いになっているなんていうのもありますし、こういうのも結局は人間の直感は間違うという大前提を元に理論構築し直せば、また変わってくるのかもしれないと思わずにはいられないですね。

行動経済学はまだまだ理論としては新しい分野といっていい物であり、私は面白いなと注目しているものですが、成立過程を追うことでまた余計に面白いと思えるようになり、もっと現実社会で応用されるようになるといいなぁと思わずにはいられなくなりましたね。

序 章 見落とされていた物語
第1章 専門家はなぜ判断を誤るのか
第2章 ダニエル・カーネマンは信用しない
第3章 エイモス・トヴィルスキーは発見する
第4章 無意識の世界を可視化する
第5章 直感は間違える
第6章 脳は記憶にだまされる
第7章 人はストーリーを求める
第8章 まず医療の現場が注目した
第9章 そして経済学も
第10章 説明のしかたで選択は変わる
第11章 終わりの始まり
第12章 最後の共同研究
第13章 そして行動経済学は生まれた

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

今日の読書 フィンランドを知るための44章/百瀬宏・石野裕子編著

基本的に私はいわゆるグローバル化というものによって、人・物・金が動きまくる世界というのは望んでいませんし、激しすぎるグローバル化は絶対に無理が生じて悲劇的な状況を生み出すと考えていますが、特に激しすぎる人の移動はよろしくなく、制限を設けるなり国を超えての移動は何かしらハードルを上げておく必要性があると考えているのですが、今の時代それを声高に言うと、差別主義者のレッテルを嬉々として貼りまくる勢力がいて辟易してしまうのですが、何よりもそれぞれのお国柄であるとか、伝統文化、民族性というと明らかに差別主義者のレッテルを貼られそうなので、土着性土着文化の伝承などが残っていた方が面白いだろうというのがあります。

そういった意味で、フィンランドという国の好ましいなぁと思うところは人名がフィンランド人っぽいよねっていうのがあるところですね。

ハッキネン、ライコネン、コバライネン、リトマネン、アホネンといった有名スポーツ選手で頭をよぎるのは、~ネンという名前の多さであり、これを聞くととりあえずフィンランド人だろうなぁって予想しやすいというのがあり、このいかにも何人だよねっていうのが残っているのが個人的には嬉しくなってしまう要素ですね。

もちろん、これに当てはまらない有名人というのも知っていますが。

個人的にフィンランドのイメージというと、~ネンが多いというだけではなく、速いF1ドライバーを輩出しているというのと、偏ったイメージになってしまいますが屈指のヘヴィメタル排出国という事でしょうか。

北欧というと非常にメロディアスな曲を作り出すイメージがありますが、となりのスウェーデン人ではメタルに関わらず多くのおしゃれなポップミュージックを輩出しているイメージ、これはアバが世界的な突破口となったのも大きいのでしょうが、結構幅広くやっている印象があるのですが、フィンランドになると個人的に耳にするのはメタル方面ばかり(笑)

私の知識が偏っている影響でしょうが、フィンランド人って結構日本について興味を持ってくれている、親日傾向があるんじゃないかと勝手に思えてしまう根拠となるのもメタルから。

Children of Bodomが日本盤のボーナストラックとして日本のヘヴィメタルバンドの重鎮LOUDNESSのCRAZY NIGHTSをカバーしていたり。



BATTLE BEASTというバンドはBlack NinjaなんてPVにツッコミを入れたくなるような曲を作っていたり(笑)



WHISPEREDという歌舞伎を元ネタにするようなバンドがあって、JIKININKI(食人鬼)なんていう曲をやっていたりしますしね(笑)



ということで、私のフィンランドに対するイメージといえば、~ネンという名前の人が多い、F1ドライバーが速い、メロディアスなヘヴィーメタルバンドが多いし、結構親日かもという程度の知識ですね。

で長すぎる前振りですが、私のこういった前知識はほぼほぼ出てこないのが本書になります(笑)

小国としてロシアに接し、北欧で西側諸国との関係性としては別物であり、歴史も1918年に近代国家として成立するという若い国でスウェーデンとロシアの狭間に生き抜いてきたけれども、言語としては大多数はフィンランド語という言語体系が他のヨーロッパ諸国と微妙に違う物(スウェーデン語も公用語)と独自性があるというもの。

第二次世界大戦後はソ連との関係性が強く、経済もソ連依存が強かったのが、ソ連崩壊でフィンランド経済も一緒に崩壊しかけるなど小国の厳しさを体現したり、教育に力を入れて国家として生き残る術を見いだそうとしているとか、中々興味深く読むことが出来ました。

なにせ、私の持っている知識は偏りまくっているので。

これが出版されたのは2008年なので、EU加盟や統一通貨ユーロへの参加を他の北欧諸国に比べて速くに決めている事をもの凄く高く評価しているのですが・・・10年後を見るとねぇというのが気になったりはしますが、まぁそれはそれとして当時はそうだったと思うしかないんだろうなぁというのは、時事問題が絡むと仕方が無いよねって。

このシリーズは何冊か目にしていますが、文化関係はもう少し触れて欲しいのと音楽に関しては本当にもう少しクラシック音楽以外にも目を向けて欲しいと思うのですが、なかなかそういうのは触れられないというのが残念ですが、基本面白いシリーズだと楽しく読んでいます。


1 小国の歩み
2 現代フィンランドの諸相
3 文化としてのフィンランド
4 交流の歩みから 

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

おまけ

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログラム