昨日のBS ウォーリアーズvsスパーズ

ウォーリアーズ129-115スパーズ

NBAプレイオフ・カンファレンス・ファイナル4戦目、ウォーリアーズが3連勝と勢いに乗っているのに対し、怪我人が増えていき勢いを失い続けてしまっているスパーズ。

流石に誰が出ても大丈夫のようなチーム作りをしているスパーズであってもトニー・パーカー、クワイ・レナードと立て続けに主力が欠場してしまえば無理がありすぎですね。

今回のプレイヤーズゲストは名古屋ダイヤモンドドルフィンズの中東泰斗選手。

後がないスパーズはマヌ・ジノビリがスターターとして出場して何とか流れを変えようとするものの立ち上がりにステファン・カリーがガンガンゴール下へドライブして得点を重ねて流れを作るとウォーリアーズが主導権を握り続け31-19と差をつけて1Q終了。

大差が出来た余裕のあるウォーリアーズはスパーズがコツコツと点差をつめて1桁得点に近寄ると、そこから本気出すという形になり常に2桁点差は保つようにゲームコントロールをして65-51で前半終了。

硬派に入っても点差の余裕からスパーズがじわじわと1桁得点差が見えるまで近づくと、ケビン・デュラントがこれ見よがしに得点を決めて突き放しにかかり主導権は変わらず96-78で最終Qへ。

点差が縮まりそうになると本気を出すウォーリアーズという実際の点差以上の差が見えた試合、スパーズ側もその隙を突いて一気に主導権を奪うまでのものは見せられず、これはこのまま試合結果は見えたなと言う空気に完全になり、ジノビリがベンチに下がると現地サンアントニオは一斉にジノビリに向かって大拍手。

今シーズン限りで引退を噂されているということで、最後はお疲れ様と同時に今までの感謝と、まだこれだけできるんだから引退するという噂を払拭して来シーズンも戻って来てくれていいんだよというのと、いろいろとあるんでしょうね。

ベンチに座ったジノビリの目頭が赤くなっていましたから、噂通りに引退するのかもしれないですが、もしそうならば、また1つの時代が終わるなぁと寂しくなりますね。

結局ウォーリアーズはスパーズをお掃除で退けファイナル進出決定。

カリーが36点5リバウンド6アシスト、デュラントが29点12リバウンド4アシスト1ブロックとしっかりとチームの中軸が引っ張り余裕の勝ち上がりでした。

スパーズはジノビリが15点1リバウンド7アシスト3スティールと引退しなくていいんじゃないという、スターターでは一番の活躍でした。

来シーズン以降のスパーズがどうなるかは知りませんが、少なくとも若手ロールプレイヤー達はこのプレイオフで良い経験を積み、スパーズらしい伝統は続いていく感じはしますね、再び優勝を狙えるチームにまでなるかは補強次第でしょうが。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

昨日のBS セルティックスvsキャバリアーズ

セルティックス キャバリアーズ

NBAカンファレンス・ファイナル東の3戦目。

ここまでキャブスが2連勝とセルティックスのホームコートアドバンテージを粉砕し、プレイオフに入ってから無敗とキャブスがやっぱり優勝候補の一角というか、今年も結局キャブスとウォーリアーズのファイナルになりそうとなっていますが、セルティックスが打破できるかどうかという試合とはいえ、アイザイア・トーマスが股関節を痛めて今シーズン終了になってしまったので厳しいにも程がある状況。

今日のプレイヤーズゲストは京都ハンナリーズのシューター岡田優介選手。

立ち上がりからキャブスがケビン・ラブの立て続けに決まる3Pで主導権を握り、ラブの3Pの勢いに乗っかるようにカイリー・アービングも続いて3Pを決めて、このままキャブスが楽勝ペースになるのではないかという形となり24-35で1Q終了。

2Qに入ってもラブの3Pが止まらず、セルティックスはなかなか追撃態勢に移れずに時間だけが過ぎて50-66と大差で前半終了。

後半に入りセルティックスのディフェンスが修正できて、前半以上にキャブスにタフショットを打たせるようになり、キャブスは前半入っていたタフショットを決め続けるのに無理が出てきて3Pが入らなくなりチームの勢いも右肩下がりへ。

セルティックスはマーカス・スマートの3Pがいつになく決まり、ヨナス・ジェレブコが体を張ったプレイでチームを盛り立てて82-87と逆転可能な得点差で最終Qへ。

チームが連動してきたセルティックスに対し、キャブスは対応出来ないようになり、チームバスケット相手に、その努力を無にしてしまうような戦術レブロンが全く発動されず、残り5分というところでスマートの3Pで最大21点差ついた所から追いつき、シーソーゲームへ。

逆転したセルティックスがその勢いで一気に突き放すとまではいかず、もつれにもつれラストプレイをエイブリー・ブラッドリーがフリーでボールを受けしっかりと3Pを沈めセルティックスがようやく1勝目、キャブスのプレイオフ無敗もようやく止まる事に。

マーカス・スマートが27点5リバウンド7アシスト2スティール1ブロックは、スターターになってプレイタイムが41分と長くなったから普段以上に出来たとする事も出来ますが、3Pが7/10、FGも8/14というのは一体何が起きたというレベルですね、シュート率の悪さが弱点な選手だけに、怪我で欠場が決まったアイザイア・トーマスが乗り移ったんでしょうかね、エイブリー・ブラッドリーも20点3リバウンド4アシスト2スティールとバックコートコンビがしっかりと中心になりジェイ・クラウダーが14点11リバウンド4アシスト3スティールとダブルダブル、アル・ホーフォードも16点2リバウンド6アシスト1スティールとしっかりとフロントコートも活躍、アミール・ジョンソンが早々に怪我でプレイしなくなった穴埋めにケリー・オリニクが15点3リバウンド1アシスト、ヨナス・ジェレブコが10点5リバウンド1アシストと十分過ぎる活躍をベンチから出来たのも大きいというか、ジェレブコが本当に終盤良い働きをしましたからね、ルーキーシーズンから目をつけ続けて良かったと思わずにはいられない。

キャブスはラブが28点10リバウンド3アシスト2ブロック3Pを7/13、カイリー・アービングも29点2リバウンド7アシスト1スティールと決めまくったのですが活躍が前半に偏りすぎた結果になってしまい、必要以上に終盤が残念に見えてしまいましたね。

それ以上に、前半ラブやアービングがいいからゲームコントロールや裏方に徹していただけかと思ったレブロンが11点6リバウンド6アシスト止まりが誤算でしたね。

逆転されそうになったらば、戦術レブロンで突き放すというのが、嫌がらせのようなお決まりですが、全くその気配がなかったのに驚きでした。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

昨日のBS ウォーリアーズvsスパーズ

ウォーリアーズ120-108スパーズ

NBAプレイオフ・カンファレンス・ファイナル西の3戦目。

スパーズは初戦中にクワイ・レナードを足首の捻挫で欠く事になってから、完全に手詰まりになってしまいスターターをスモールラインナップにして変化をつけて勝負する事に。

ウォーリアーズも怪我で欠場のザザ・パチュリアの代わりにマギーがスターターになりましたが、このスターター変更に成功したのはウォーリアーズ。

アップテンポな走り合いという、ウォーリアーズの土俵に上がってきたスパーズに対し、ある意味何も考えずに走る事が出来るマギーが得点ゴール下で躍動し主導権を握る。

スパーズはマヌ・ジノビリとデビッド・リーのベンチメンバーがベンチメンバーらしくゲームの流れを変えると、ステファン・カリーがファウルトラブルを起こしたりと、スパーズの修正力の高さを見せますが、そのベンチメンバーで流れを変えたリーがシュートを決めた時に足を痛めて車いすでロッカーに運ばれるという不運。

しかし、ジノビリがかつての無敵モードを発動させスパーズが逆転して一気に主導権を持って行きかけますが、イアン・クラークがタッチダウンパスからのブザービーターレイアップを決め29-33とウォーリアーズに流れを戻すように1Q終了。

拮抗した展開のまま2Qは進んで行くも、終盤ウォーリアーズの主力がシュート入るようになったのに対し、スパーズはシュートが嫌われて拮抗状態が崩れ64-55で前半終了。

後半立ち上がりラマーカス・オルドリッジが連続得点で一気に差を詰めて、まだまだスパーズが逆転可能という流れに持ち込みますが、ケビン・デュラントを中心に得点をばらけさせながら決めまくるウォーリアーズは突き放す事になり100-88と1試合終了のようなスコアで最終Qへ。

最終Q序盤こそ逆転可能な得点差でしたが、スパーズは反撃のきっかけを作りきれずベンチメンバーの時間帯となりウォーリアーズの3連勝。

ウォーリアーズが元々反則級のメンバーであるのは分かりきった事ですが、スパーズがどんどん選手が怪我をしていくのでは厳しいにも程がありました。

ただ、スパーズのベンチ陣も若返りが進んだので、ロールプレイヤー育成ということでは良い経験を積ませる事が出来てるとは思いますね。

それが一番の収穫ではどうしようも無いですが。

ウォーリアーズはケビン・デュラントが33点10リバウンド4アシスト2スティール1ブロックという活躍を筆頭にスターター全員2桁得点、チームの3Pが11/27と効率よく決めていてウォーリアーズだなって感じでしたね。

スパーズはジノビリが17分のプレイタイムで21点と大暴れしたのですが、それだけでは厳しいですね。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

今日のJ2観戦 FC町田ゼルビアvs大分トリニータ

FC町田ゼルビア2-2大分トリニータ

今日は午前中に祖父の13回忌をやっての流れで、昼飯をとってから出かけたので優先入場前に到着しましたが、腹が減っておらず。

入場してから、相手がJ2J3入替え戦で戦った大分トリニータで絶対に負けられないと思って戦ってくるだろうとか、その時喧嘩を売る形を取った重松がスターターって攻めているなとか、出場停止の松本に代わって怪我明けの星野がスターターで、怪我さえなければこれが一番しっくりくる選択であるだの、多少長めに今シーズンというか昨シーズン最終盤に何気に話すようになった方とくっちゃべってからZ劇場へと。

あまりにも暑かったので隠れ家食堂でソーダのソフトクリームを買ってからZ劇場を見ると本日1つめの出し物のタヒチアンダンスのORIMANAの中盤から終盤という感じ、露出の多いものでしたからある意味暑くて良かったねと思ったり。

次はTHE BOXING SHOWということで、6月25日に町田市立総合体育館で行われる町田初のプロボクシング興業の告知込みでのトークショー。

やって来たのはジムの新井会長と野津田高校出身で高校時代陸上部だったので、野津田のトラックで走った経験もある高橋選手と、女子の小関選手。

タスクさんとボクシングについての初歩的な話し、サッカーとボクシングの少しの共通点と多くの違う点を交えてとその後はミット打ちのデモンストレーション。

ゼルビー、空手をやっているというちびっ子、ボクシング経験者という大人の方とやった後に小関選手がやるという事で良い感じになりました。

続いて、ベンチ外選手の挨拶ですが、今回は累積による出場停止の松本、深津両選手が順番で挨拶。

何気に昨日この2人はジョルナでイベントをやっていたんですよね、渡しは行きませんでしたが。

缶バッチのガチャを回して星野選手が当たると、これは今日復帰した星野大活躍の予兆だと勝手に決めつけて、ゴール裏に戻り、今日は旗の海という企画で旗を貸し出ししていたのですが、旗を渡されたので、定位置であるはずの準立ち見エリアから、最近試合前になると移動する事になっている立ち見エリアに微妙に移動。

大分の選手紹介では出場するキーパーの上福元、控えキーパーの修業の2人に拍手をし、旗を振っての応援へ。

とにかく西日を直接受ける格好での試合ですから、試合開始からとにかくまぶしくて細かいところがほぼほぼ分からない(苦笑)

試合を見ている感じはなかなかつかめないのですが、ちょいちょい危ないシーンがあり、これはまぶしい影響だろうと思えるレベル。

前半19分には右サイドの角度のないところで撃たれたボールを高原が弾くもそのまま驚くくらいあっさりとゴールに吸い込まれて先制されてしまい、やっぱりまぶしいからだと。

先制されてそのまま主導権を握られるかというとそうでもなく、反撃体勢へ。

攻撃の時間が長くなってきたなと思っていた中、ゴール前の混戦から押し込んで同点に。

ゴールが決まったのは分かった物の誰が決めたのか全く分からないと、大谷のゴールと分かり、移籍後初めてゴールだと。

そのまま前半スコアが動かず。

後半に入り、まぶしいのは大分側になると言う事で大いに期待していると、やはりまぶしい影響はあるのだと言わんばかりに立ち上がり速攻でコーナーキックから戸島がヘッドで合わせて逆転。

戸島が普通にゴールを決めるようになって大盛り上がり。

これで、一気にイケイケになると信じていたのですが、理想通りにはいかず主導権を握るという事にはならないでもやもやする展開に。

どうにも攻め手に欠くなぁと思っていたらば後半23分コーキックからあっさり失点で同点に追いつかれてしまい、残念な空気へ。

そして、主導権が握られっぱなしで防戦一方、遠くへ行ってしまっているので誰がどうとか今ひとつ分からずに選手達も我慢の時間帯だけれども、見ている方も我慢の展開。

熊本戦で途中交代から決勝点を決めて、その記憶も新しい井上、今のゼルビアでは一番攻撃のリズムを作れる吉濱と投入されるも、それでも流れを引き寄せきれず。

防戦の中でも相手陣ないでのパス回しをかっさらってシュートまで持ち込んだ中島のプレイなど、決めきるまでは素晴らしいのにというのを目の当たりにするも、なかなか良い形でゴールが奪えず、ひたすら我慢の時間帯。

応援する方も暑いし我慢の時間帯が続きすぎるしと、いろいろきついなぁとなっていたところ、その気持ちを払拭する選手交代が。

戸高の2年以上ぶりの試合復帰!

戸高が入った瞬間の歓声からのチャントのヴォリュームが明らかに上がった感じ、どうしても応援する方も限界突破するための何かが必要ということが、もろに分かった感じになりましたね。

しかも、その戸高が左サイドをドリブルで運んでシュートを放つと、入ってもおかしくないシュートでしたが上福元に防がれてしまいラストチャンスを生かせず試合終了。

我慢の時間が長く続きすぎた感じはしますが、昇格プレイオフ圏内で思うところがあるだろう大分相手に引き分けというのは、それだけ取り上げると悪い試合では無かった。

怪我人の実戦復帰、特にまるまる2年間リハビリだけに費やしていた戸高の復帰、しかもドリブルは健在で決勝点を取りかけたということで得る物はある試合だったと。

ディフェンスラインが2人出場停止でいじらざるを得なくなり、そのピンチをチャンスとばかりに復帰した星野の存在であるとか、あれだけ防戦一方な時間帯を作られながらも同点までで防いだ事といい、得る物は沢山あった試合ではあったと思います。

得る物がある事そのものは良いのですが・・・そろそろ得たものから成果をドン!と出し切って欲しいんですがねぇ・・・

試合終了後には大分のキーパー2人上福元と修業がやってきてくれて、ちょうど帰ろうとしていたタイミングなので、危なかったなぁと。

帰りはツインライナーに座って帰れたのですが、わりとゆっくりと出てもしっかりとツインライナーに間に合ったというのが、楽で助かって良かったのですが、それはつまり3500人しか入らなかっただと思うと素直に喜べないんですよね・・・

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

今日の仮面ライダーエグゼイド 第32話

「下されたJudgment!」

黎斗の父親であり、幻夢コーポレーションの元社長の壇正宗が出所。

初級中級のバグスターが攻略され、残るはパラド、グラファイト、天ヶ崎の3人。

パラドは仮面ライダー全員をぶっ潰すと本気モード。

飛彩は黎斗にプロトガシャットのありかを聞きます。

全て衛生省に没収されたという事で、飛彩の恋人の小姫はプロトドラゴナイトZの中。

ポッピーピポパポは飛彩が小姫を復活させようとしているのかと言いますが、飛彩は関係無いと。

そこに通報があり出向く事に。

どうしようもなく不格好に戦うライドプレイヤーがパラド、天ヶ崎にあざ笑われている現場に永夢達がやってくると、さらにグラファイトもやって来ます。

さらに大我もやって来て全員集合で因縁の対決へ。

飛彩は術式レベル50、大我は第伍拾戦術、永夢はマックス大変身。

飛彩は天ヶ崎と、大我はグラファイトと永夢はパラドと戦闘開始。

ニコは大我に上級は危険だからトドメを刺す係ということで戦闘には加わらず。

グラファイトは超絶進化でレベル99へ、天ヶ崎は恋愛ゲームなので暴力は好感度マイナスということになり、飛彩は斬れども斬れどもダメージを与えられず。

超絶奥義ドドドドド紅蓮爆龍剣で大我が、レディ達の攻撃で飛彩は変身が解けてしまいます。

残るは永夢だけとなったところで、ライドプレイヤーが永夢をかばうようにパラドの前にでますが、一撃で吹っ飛び変身が解けると院長でした。

圧倒された状況で一時撤退。

院長はラブリカのゲーム病に感染。

院長は衛生省が禁止しているゲームをやっているとばれたら立場がなくなるということで、口止めを願う姿は何とも惨めなものでしたが、飛彩が何故仮面ライダークロニクルをやっていたのかと聞かれ、小姫が消滅して悲しんでいて、仮面ライダークロニクルをクリアすれば消滅した人々を救えるかもしれないと思ったらばゲームをせずにはいられなかったと。

ただし、一体も倒す事が出来なかったあたりが本当に院長の限界だったというだけ。

院長なりに戦っていたという事を受けて、自分に出来る事はないかと言う院長に飛彩は衛生省が黎斗から押収したプロトガシャットを預かれないか交渉して欲しいと頼みます。

院長はそれを受け入れます。

永夢と明日那は院長が普段はお調子者なのにやる時はやると褒めていると、飛彩は誰の背中を見てドクターを志したのかと言い、何気に父親の事をしっかり見ていたんだなと。

正宗は5年ぶりに社長室に戻りました、ゼロデイの首謀者は黎斗ということで冤罪が晴れたという事。

社員達は正宗の復帰に大喜びですが、天ヶ崎は社長は自分であると抗議。

社員達をどかせ2人きりで話す事にし、正宗はバグスターである天ヶ崎をヴァグバイザーに閉じ込めようとしますが、バグスター用に作られていて人間が使用すれば大量のバグスターウイルスに感染して消滅と煽ります。

仮面ライダークロニクルのクリアの証しを9個集め、パラド、グラファイト、ラブリカを倒せばあとはラスボスだけ。

ここからはバラバラに戦っても手が出ないということでチーム医療に、黎斗もチームに加えて院長のためにもラブリカを撃破しようと永夢は提案します。

明日那は黎斗に仮面ライダークロニクルのラスボスについて尋ねると、究極のバグスターのゲムデウスであり、あらゆるゲームを凌駕する全知全能の神で全てのクリアの証しを揃えた時降臨する。

誰もゲムデウスを攻略できず、プレイヤーは不可能に挑んで無残に散っていきゲームは永久に続くというほぼほぼクリア不可能な仕様。

しかし、伝説の戦士仮面ライダークロノスの力を手に入れればクリア可能、しかしあらゆる種類のバグスターウイルスの感染をものともしない完全な抗体を身につけた者のみであり、奇跡に等しいと。

クリア条件が奇跡レベルという欠陥ゲームに対し永夢はみんなで力を合わせてクリアしようと前向き。

厳重に保管されていたはずのプロトガシャットは消えたとの事。

仮面ライダーとバグスターとの最終決戦へと盛り上がりを見せます。

天ヶ崎とグラファイトは培養、パラドはマックス大変身。

飛彩は術式レベル50、大我は第伍拾戦術、黎斗はグレードエックスゼロ、永夢はマックス大変身。

それぞれの因縁に決着をつけるべく、バグスター切除手術開始、ミッション開始、コンテニューしてでもクリアする、ノーコンテニューでクリアしてやると戦闘開始。

永夢は恋愛ゲームはもう終わりとマキシマムマイティクリティカルフィニッシュでリプログラミングし天ヶ崎のレディ達を排除。

永夢がリプログラミングをするのを、飛彩達がしっかりと壁になりチーム戦は良い流れを作り、飛彩は切除しにいきます。

トドメを刺すべくニコが変身しようとするといきなり夜に変化。

そして正宗が登場しこのゲームは無効だというと、仮面ライダークロニクルは永遠に愛されるコンテンツでなければならない、ここで安易に決着をつけて貰うと困るというと、黎斗とパラドにデンジャラスゾンビとパーフェクトノックアウトを作りだし私の仮面ライダークロニクルをよくぞ完成させたと褒めます。

黎斗の才能、バグスターの力は幻夢コーポレーションの商品の一部に過ぎない、幻夢コーポレーションを作ったのは黎斗でも天ヶ崎でもない、自分こそ社長であり今こそ審判の時というとバグバイザーで仮面ライダークロノスへ変身。

世界で初めてのバグスターに感染したのは永夢だけではなく、正宗も自らバグスターウイルスに感染し完全な抗体を身につけた。

永夢、飛彩、大我は正宗に向かっていき、黎斗はそれを止めようとすると、正宗はポーズと時を止めその間に攻撃。

バグスター勢も正宗に向かって攻撃しようとしますが、時を止められ攻撃を受けますが、天ヶ崎は商品価値は無いとクリティカルクルセイドで終焉の一撃でトキメキクライシスは絶版。

天ヶ崎が倒れて、院長のゲーム病は完治。

止まった時の中で死を迎えた者にコンテニューの道はないということで、グラファイトが天ヶ崎を復活させようとしても出来ず。

今後は正宗が仮面ライダークロニクルを運営するルールへと。

パラドは天ヶ崎の死に激しく動揺。

ということで、仮面ライダークロニクルのクリアが見えてきて、そのための最終決戦へとなるかと思いきや、反則級の仮面ライダークロノス登場。

初登場から放置され続けてきた黎斗の父正宗がついに話に絡んできましたね。

これでまた、話しがどう転がるのか全く分からなくなりました。

おまけ

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログラム