今日のオールスター

チーム・レブロン148-145チームステファン

NBAオールスター、今年から東西で分けるやり方ではなく、ファン投票の東西トップの選手が選手をドラフトする形式に変更し、試合の中身がほぼほぼ燃えないものに成り下がってしまっているオールスターを何とか変えようという実験が行われることになったわけですが、結果として、東西格差もなくなり僅差の試合になり、点差が競っているからこそ数年続いていた試合終盤の単なる3Pの撃ち合いとう時間つぶしもなくなり、今年はハイライトでしか確認していませんが、試合終盤もゴール下にガンガン飛び込んでダンクという、良い意味での華やかなオールスターが帰ってきた感じになったのかなって。

まぁ、1試合まるまる見ていたらば違う感想を持つかもしれないですが、少なくともオールスターのチーム分けを変更した効果は確実にあったことは間違いないんでしょう。

MVPはチームレブロンのキャプテンであり、29点10リバウンド8アシスト1スティールと、トリプルダブルまであと少しだったレブロン・ジェームズ。

オールスターウィークエンドまるまるマジックの選手は関係の無いものになってしまいましたが(アーロン・ゴードンは現地に行ってダンクコンテスト見ていたりしましたけど)改めて当たり前のようにオールスターに出ている選手がいるチームっていうのは、普通に強いチームだよねって。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

今日のオールスターサタデー

NBAはオールスターウィークエンドとなりますが、昨日のライジングスター・チャレンジは155-124と、相変わらずの大味ないかにもライジングスター・チャレンジという試合で、ボグダン・ボグダノビッチがMVPをとって、さすがセルビア代表という結果でしたが、余興という意味では今日が本番。

ダンクコンテストはジャズのルーキー、ドノバン・ミッチェルが優勝。

バックボードに当てるパスを受けて、子供達を超えてのダンクや、ヴィンス・カーターのユニフォームを着てダンクコンテストでヴィンスがやった360°ダンクを再現というのをやったりで見事優勝。

新たなダンクスターの誕生という感じになりましたが、これも全てアーロン・ゴードンが怪我で欠場したおかげですね(遠い目)

まぁダンクコンテストに最初出場しないことになっていた方がおかしいくらい、今年のルーキーでダンクダンクダンクで注目されていましたし、ジャズは本当に新たなスターとして注目を集めることも出来て万々歳でしょうね。

ジャズでダンクコンテスト出場して優勝したの2012年のジェレミー・エバンス以来2人目になりますが、本当にダンクコンテストしか目立てなかったジェレミー・エバンスと違ってドノバン・ミッチェルはルーキーながら即主力級の活躍もしているだけに、ユタ州ではちょっとした祭になっているんじゃないかと勝手に思っておきます。

ラリー・ナンスJrは親父のユニフォームを着て、かつて親父がやったようなダンクをしてみたり、デニス・スミスJrも空中で回転しながらのレッグスルーダンクがダンク・オブ・ザ・ナイトだったり、ヴィクター・オラディポもマスクを被ってのコスプレダンクをしたりとやりましたが、今日は完全にドノバン・ミッチェルの日だったと。

3Pコンテストはデビン・ブッカーが決勝ラウンドでカラーボールを決めまくり28点で優勝。

最後のレーンが全部カラーボール設定にしていましたが、あそこで1個だけ落としてカラーボール全部決めるという事になりいませんでしたが、コンテストではいかにカラーボールで特典を稼ぐのが大事かっていうのがはっきり出たなぁって。

決勝のメンツがブッカーにクレイ・トンプソンにトバイアス・ハリスになりましたが、この並びになるとハリスが一番シューター色が弱かったですね。

スキルチャレンジはバックコート選手を勝ち上がったスペンサー・ディンウィディとフロントコート選手を勝ち上がったラウリ・マルッカネンの決勝、でミスなく最後の3Pまで行ったディンウィディが優勝。

ネッツにとっては数少ない明るい話題になったんじゃないですかね。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

今日のルパンレンジャーvsパトレンジャー #2

「国際警察、追跡せよ」

ガラット・ナーゴからルパンコレクションを奪おうとしていたルパンレンジャーの前に、国際警察が現れ、VSチェンジャーを使って警察戦隊パトレンジャーとなった。

ルパンレンジャーvsパトレンジャーの様相になり、戸惑うルパンレジャーとまだ力を使いこなせていないパトレンジャー。

どさくさに紛れて逃げようとするガラット・ナーゴを魁利は銃撃。

追い詰めてルパンコレクションを奪おうとするも、圭一郎が邪魔しガラットは逃げてしまいます。

ガラットがいなくなったと言うことでルパンレンジャーはレッドダイヤルファイター、ブルーダイヤルファイター、イエローダイヤルファイターで撤退。

しかし、パトレンジャーもトリガーマシン1号、トリガーマシン2号、トリガーマシン1号業で追跡。

空を逃げるのを地上から追跡と追跡側が圧倒的不利な中、高速道路を破壊しジャンプ台にしてトリガーマシン1号は勢いよく飛び出し、圭一郎はさらにそこからジャンプしてレッドファイターに飛び乗ろうとするも、避けられて水落ち。

ビストロジュレに戻り、あと少しのところでルパンコレクションを盗み損ねたのと、何で警察がVSチェンジャーを持っていたのかと、いろいろと混乱する中、初美花は同じものを使ってこっちは快盗であっちは警察ってすごくないかとのんきな事を言い出し、魁利に呆れられます。

警察が来る前に片付けなくてはならなくなったと、焦りを見せる魁利に初美花は最悪コレクションだけ奪ってしまえばと言いかけると、魁利と透真に同時にダメだと言われます。

ルパンコレクションを奪うだけではなく、ギャングラーも自分達の手で倒さないといけない。

ガラット・ナーゴを探さないといけないと魁利は店を出て行きます。

魁利は何か情報は無いかと戦闘現場に戻ってみると、圭一郎が盗まれた宝石を持ち主に返しながら、化け物を倒す事を約束しているのを目にします。

約束という言葉に、魁利は1年前の事を思い出します。

反発していた兄の勝利が氷漬けにされ目の前で消滅。

透真は街の人々が氷漬けになっているのを目にし混乱していると、その中に婚約者の彩を見つけ目の前で消滅。

初美花は親友の詩穂が氷漬けになり目の前で消滅。

それぞれ呆然としていると、コグレさんが現れ、願いを叶える方法があるとVSチェンジャーを渡し、ルパンコレクションをギャングラーから全て取り返してくれれば、アルセーヌ・ルパンの子孫であるあるじが、コレクションが全て揃えばどんな願いも叶えることが出来ると声をかけてきました。

何でも願いを叶えられる、消えた人も取り戻せるという事で、魁利、透真、初美花の3人は集まり、たとえ誰かが倒れても誰か1人残って願いを叶えれば良いと、ルパンコレクションを取り戻し大切な人を取り戻す約束をしていた。

ガラット・ナーゴが街で暴れ出し、魁利達は警察が現れる前に片付けるとやって来ます。

快盗チェンジし、ガラット・ナーゴを囲うように攻撃し、普段隠している腕は既に見切っていたので、しっかりと封じたところで魁利は体の金庫を開けてルパンコレクション回収。

そこに国際警察の3人も登場し、警察チェンジ。

いつの間にかボーダマンもわらわら出現した状況になり、三つ巴の乱戦へ。

今度こそ約束を果たすと、息巻く圭一郎の姿を見た魁利は、圭一郎と争っていた透真を連れて待避。

初美花も後を追うように乱戦現場から屋上へと上がると、魁利は大事なものは頂いたからあとは任せたと撤退。

咲也が追跡するか聞くと、圭一郎は危険度の高いギャングラーを優先すると追跡はせず。

ポーダマンを整列させてからパトメガホーを使い一気に殲滅。

透真は魁利に自分で倒すんじゃなかったのかと、撤退に文句を言いますが、魁利は今回は持ち帰る方が大事かなと思ったと、圭一郎の約束という言葉に感化されたことは誤魔化します。

残りはガラット・ナーゴだけになり、あとはとどめだけというところで、グッドストライカーを使うと、一致団結と3人が融合し、パトレンU号に。

そこからイチゲキストライクで任務完了。

融合してからなんじゃこれはと大混乱の中、ゴーシュが現れ、ガラットを元気にしてあげてと生き返らせて巨大化。

巨大化したということで、高みの見物を決め込んでいたルパンレンジャーも放っておけないとレッドダイヤルファイター、ブルーダイヤルファイター、イエローダイヤルファイターで応戦。

苦戦していると、束縛はやめてとグッドストライカーがいきなり飛び出し、魁利のもとへ行き、気分が良いから手伝ってやると言い出します。

試してやるかと言うと、快盗ガッタイム開始しルパンカイザー完成。

グッドストライカーはルパンコレクションを強くするコレクションと名乗りコクピットに登場。

ミサイルを避けるように飛んでから、グッドストライカー連射倒れちまえショットで永遠にアデュー。

結局快盗が最後持っていった格好でしたが、圭一郎はギャングラーが一体いなくなたから今回はよしとしようと、意外と早めに柔軟性をみせます。

ビストロジュレでは何もしないでコレクションが1つ増えたと喜び、グッドストライカーは長いからと初美花はグッティと呼んで良いかと喜んでいると、国際警察の3人が来店。

慌てて初美花はグッティを隠しますが、果たしてバレたのかと緊迫感を持って次回へ。

ルパンレンジャーvsパトレンジャー2話目、ルパンレンジャー3人がルパンコレクションを狙いルパンレンジャーになった経緯が明らかにされ、パトレンジャーは初めてパトレンジャーとなり、手探りやりくりしているという形が描かれたり、当面の基本フォーマットが提示されたという感じですかね。

魁利と圭一郎の2人が約束という言葉を重要視しているのも対比されていたり、前回も思いましたが掴みは結構よかったんじゃないかと思います。

パイロット版という事で、巨大戦も力が入りまくりですし、あとは今後どうなっていくのか。

グッティは結構重要なキーアイテムになりそうですね。

今日の仮面ライダービルド 第23話

「西のファントム」

東都と北都の代表戦に勝った戦兎は、改めてカシラに暴走してしまった事を詫びるも、カシラは終わったことだから気にするなと言い帰って行きます。

美空は戦兎にスイッチを返し、使わなければいけないかと思いはらはらさせた罰として食事当番を戦兎にお願い。

カシラは美空のお願いの言葉に反応し、慌てて戻って来て美空がみーたんだと興奮。

沢渡一海29歳独身、ネットで初めてあなたを見た時から心火を燃やしてフォーリンラブでした、握手してくださいと迫ってきます。

紗羽は握手するなら5万ドルクで整理券を買うようにと割って入り、戦兎や龍我をあきれさせますが、カシラも払おうとするのでツッコミが忙しい状況へ。

そこに氷室首相から連絡が入り、戦兎は西都が北都の政府官邸を襲い制圧した事を知ります。

それを聞いたカシラは北都の多治見首相に連絡をいれますが、出たのはマスター。

マスターは北都全域を制圧し、家族や仲間も西都の支配下に置かれるとし、西都の首相から東都へ連絡がいくからそこでの指示をまつようにカシラに伝えます。

氷室首相は西都が北都を奇襲攻撃し、北都は何もできないまま制圧されたらしいという情報を戦兎達に説明。

そこに西都の御堂首相から宣戦布告する映像が送られてきます。

俺たちの沢渡ファームに集められた人々がガーディアンに囲まれている中、黄羽がやってきてハザードスマッシュになり戦闘開始。

ガーディアン達を蹴散らすと、2人組がやって来て、ギアエンジン・ファンキー、ギアリモコン・ファンキー、潤動。

カイザーシステムでエンジンブロスとリモコンブロスとなり、黄羽と戦闘開始。

黄羽は空中戦を仕掛けるも、撃ち落とされ撃ち負けしてしまいます。

そして黄羽の命を助けて欲しければ西都の兵器になれと、カシラに伝えます。

御堂はカシラに良い返答を期待すると伝え映像は終了。

カシラは黄羽を助けに行こうとすると、戦兎は罠だと止めようとし、龍我は自分も行くと言うと、戦兎はそれもダメだと止めます。

自分達が北都に行けば侵略行為と見なされると、戦争が激しくなり東都市民が危険にさらされる可能性が高まると戦兎と氷室首相が龍我に思いとどまらせます。

戦兎は北都のボトルをカシラに渡し、黄羽を連れて東都に戻ってくるように頼みます。

北都に入って戦う事は出来ないが東都でならば防衛戦争として力を貸すことが出来るという戦兎に赤羽は反発しますが、黄羽を救いたい気持ちは一緒だと戦兎は気合いで黙らせスカイロードで待っているとカシラを送り出します。

カシラと赤羽は黄羽を助けに行くと、エンジンブロスとリモコンブロスは西都の兵器になる気になったかと言いますが、カシアは当然拒否し変身。し戦闘開始。

赤羽は黄羽を助け出し、ガーディアン達を相手にします。

カシラはエンジンブロスとリモコンブロス相手に一方的にボコボコにされ、赤羽と黄羽も銃撃を受け追い詰められているという事で、スカイロードで待つ戦兎たちのもとへ逃げようとヘリコプターボトルを使い撤退。

西都にエンジンブロスとリモコンブロスを与えたのは内海で、カイザーシステムを継承してつくりあげたもの。

難波会長も西都に天下を取らせるために、最高傑作の仮面ライダーを渡していた。

カシラは銃撃を受けスカイロードに着く前に撃墜されると、黄羽は限界が来て消滅し始めます。

黄羽は諦めて、自分を置いて逃げるように言いますが、カシラは当然拒否。

赤羽はリモコンブロスとエンジンブロスに向かって行きますが歯が立たず。

リモコンブロスがファンキーショットでカシラにトドメを刺そうとすると、黄羽は最後の力を振り絞りハザードスマッシュになりカシラをかばいます。

攻撃を食らった黄羽は爆発し、こうでもしないと逃げないだろうと言うと、カシラは思わず聖吉と黄羽に本名で呼びかけます。

カシラはやっぱり記憶を失ってなかった、ウソ下手だと言うとドッグタグを渡し黄羽は消滅。

カシラは我を忘れて変身もせず向かって行きますが、全く相手にならず倒れます。

トドメが刺されそうになったところ、赤羽が爆破で目くらましをしてカシラを連れて何とか撤退。

ボロボロになりながら戦兎達の待つスカイロードに到着。

エンジンブロスとリモコンブロスも後を追って到着すると、戦兎は黄羽のかたきは俺たちが討つと、ボロボロになりながら闘おうとするカシラを止めます。

戦兎はハザードトリガーを使うと龍我に伝え変身。

龍我も変身し戦闘開始。

戦兎はエンジンブロス相手に良い感じに攻めていくも、あと少しというところで暴走モード。

龍我が慌ててハザードトリガーを撃ち落とし、ラビットタンクスパークリングへ。

戦兎達が何で自分達のために必死に戦えるのかと赤羽が疑問を口にすると、カシラはだから強いんだと勝てないわけだと納得。

戦兎と龍我は圧されて、こんなものかと見下されますが、北都の思いも背負っているからまけていられないとダブルライダーキック。

エンジンブロスとリモコンブロスを倒すまではいかなくても形勢不利から脱却したとなったところで、西都の仮面ライダー合流。

エンジンブロスとリモコンブロスは出番はここまでと撤退。

戦兎と龍我は2人がかりで西都の仮面ライダーに向かって行きますが、全く歯が立たず。

ファンキーブレイクで龍我がクラックアップフィニッシュで戦兎の変身が解けてしまいます。

西都の仮面ライダーの名は仮面ライダーローグであり、変身していたのは氷室幻徳。

という事で急展開が続きますが、北都は西都に制圧され、先に特攻していった黄羽は捕らえられたあげく、助けにきたカシラ達の前で消滅。

北都では戦う事ができない戦兎と龍我は西都のエンジンブロスとリモコンブロスを東都におびき寄せて闘うという狙いは一応できたものの倒すまでにはいかず、全く歯が立たない仮面ライダーが現れ、その正体は氷室であったと、かなり詰め込んできました。

東都と北都が手を組む流れになっていますが、強さのインフレが激しすぎてどう対抗すればいいのか分からないというか、またマスターがやって来て危険を承知のパワーアップをさせるのではないかと思うくらい。

マスターの狙いが何なのか分からないですが、ハザードレベルの高い人を作り出すという狙いそのものは着々と進んでいる感じですね。

昨日の牙狼-VANISHING LINE-第18話

「ILLUSION」

ついにエルドラドへ到着。

しかし、ジーナはエルドラドを一目見たところで、武器の補充を兼ねて一旦導きの地へ戻る事に。

厳重に囲まれた街であるエルドラドは簡単には入れないようになっているが、ルークが雨を使って侵入。

寝床も確保し番犬所からの指令でもあるキングの調査に街へと繰り出すと、驚くほどのハイテク都市であり、それを可能にしている世界規模のネットワーク会社であるガルエデンの強い影響力が分かりやすく示されている。

至る所にホラーの気配もあり、ホラーに支配されている街であることもわかり、ソード、ルーク、ソフィは別行動で調べることに。

ソフィはネットを使って調査をしようとするも、通常の方法ではアクセス出来ず、独自のネットであるエルドネットを使うことに。

エルドネットは通常のネットよりも進んだ技術というか、VRの要素まで入り五感全てをかんじるというもの。

ソフィは失踪者捜査を開始するも、快楽漬けになって、楽しそうなことにしか反応しない人々だらけで、一旦行き詰まる。

そんな中、黄金の騎士を知っているかと話しかけられメールを渡される。

ソードとルークの調査からホラーが利用している場所も特定出来、ソフィの接触を求めている情報も罠かもしれないが現場へ出向くことに。

現地に行ってみると案内つきで黄金騎士を待っていた男に接触できた。

男はガルエデンの元社員であり、ホラーから逃げているとの事だった。

ガルエデンの社員として働いている間、プロテクトがかかっている情報が気になって情報にアクセスする事に成功したのだが、そこには食堂と呼ばれ人々がホラーに喰らわれる現場であるとか、ホラーを使ったガルエデンによる支配構造を示したものであった。

元社員は恐ろしくなり逃げようとすると、ソードと名乗るメッセンジャーから逃げるように指示されると共に真のエルドラドを完成させてはいけないというような情報を得ることになり、黄金騎士がやってくるのを待って身を潜めていた。

そんな中、ホラーの襲撃があり、ソードがホラーを受け持ち、ルーク、ソフィ、元社員の3人で逃亡。

ホラーに囲まれた状況で身を潜めている間、元社員はソフィのスマホに自分のノートパソコンに入っているデータを全て渡す。

データを受け取ったソフィは、そこからホラーの居場所を見つけ、ルークに居場所を教えホラー殲滅に一役買い、ソードもルークの戦闘を助けるように合流。

データの中にソフィは兄を見つけると、元社員はソフィの兄はプログラマーであり、妹を自慢していたと教えます。

ソード達は元社員をラッセルシティへ逃し、エルドラドをさらに調査する事に。

ということで、ついにエルドラドまでたどり着きました。

もの凄く発展し、文字通り理想郷のようなエルドラドでしたが、実態は人間を快楽漬けにしてホラーが支配する世界という、絵に描いたような状況でした。

ソフィの兄にも一歩近づいた感じですが、兄がキングという伏線を引きまくっている感じがしますが、本当にそうであっても、ミスリードであってもどっちでも話は作れそうですよね。

おまけ

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログラム