今日の読書 応仁の乱/呉座勇一

歴史上の出来事としての知名度は上位に入ることは間違いく、同時に中身はよく知られていないという事でも上位に入ることが間違いない応仁の乱。

日本の歴史が好きという人の大多数が戦国時代に関する知識を持っている場合が多い中、戦国時代を生んだきっかけと言っても過言では無い応仁の乱に関しては誰が誰と戦って誰が勝ってどうなったのかを完結に説明出来る人はほぼほぼいないというのが現状ではないでしょうか。

完結に説明できるような単純なものではないというのも大きな理由ですし、戦国時代を生んだ大乱というだけで正直勝者がいないというか、関わった人達はぐだぐだな状況で最終的に皆負けみたいな感じになっているというのも、よく分からないということで。

そんな出来事としては重用なんだけれども、内容については今ひとつ有名では無い応仁の乱を扱った本書が、何だかんだと結構な売れ行きを残したというのが、日本人って歴史を学ぶの好きなんだなと思わずにはいられないですね。

存在の知名度と比べて実態が知られていないというのを何とか実態も知名度を上げたいという狙いで書かれたものになりますが、読み終わっての一番の感想はこれが結構な売れ行きがあって、勝った人の大半が理解出来ているとするならば、みんなすごく教養水準が高いんですねって。

まぁ私の教養水準が著しく低く、私よりも教養水準が低い人を探す方が困難だと自負していますが、私は読み終わっても元知識が弱かったというのもありますが、ぼんやりとしか分からなかったというか登場人物を覚えるだけでも結構知らない名前があるので大変な思いをすることになったというか。

ただ、日本の歴史解釈において、いわゆるマルクス史観が戦後幅を利かせてしまった弊害、いわゆる革命史観であるとか、階級闘争史観が応仁の乱の理解をする上で大いに邪魔になっていたのではないかという理解を深めたりはしました。

それぞれの対立構造も、分かれて戦っているといてもそれぞれが一枚岩というわけではなく、それぞれの利害の上で戦っているし、戦う理由も単なる自己防衛もあれば、権力欲に動かされてのものあり、また最初から長期戦を考えていたのではなく、大事では無い局地的なものの短期戦を想定していたのに、関わりを持っている人がこじれてしまって、戦いたいわけではないのに無駄に被害を増やしてしまったと。

構造としては第一次世界大戦に近いものがあり、そっちの知識を得ている人には理解しやすい部分も多いという事ですが、残念ながら私は詳しくは無いので表層的な理解を深めるにとどまりました。

京都市街を舞台とした戦いでありながら、理解の鍵は大和国の自社勢力が火薬庫になっていた事にあるとか、単なる室町幕府の中の将軍人事による対立ではないという事を理解出来ればいいんでしょうかね?少なくとも室町幕府内の権力争いというわけではないから、バカみたいに長引いた、裏には室町幕府とそれに付随する既得権益があり、争っているうちに既得権益にいろいろと飛び火してしまったと。

なんというか、現在の日本の政治も似たような事をやっているというか、権力者を引きずり下ろそうと持ってきたネタが、持ってきた側の既得権益を破壊する結果に跳ね返ってみたりというのを見ていると、ある意味では日本は変わっていないねと理解の一助になるのかもしれないですね。

ただ、改めて本当にこれが売れていて読んだ人はみんな簡単に理解出来たんだろうかと。

第1章 畿内の火薬庫、大和
第2章 応仁の乱への道
第3章 大乱勃発
第4章 応仁の乱と興福寺
第5章 衆徒・国民の苦闘
第6章 大乱終結
第7章 乱後の室町幕府
終 章 応仁の乱が残したもの

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

今日の契約

NBAもまだまだ大物のトレードの話は出ていますが、FA選手の契約は微調整段階になってきていますねぇ。

ジャズがヨナス・ジェレブコと2年820万ドルで契約

ジャズはづしてもアメリカ人選手には土地柄居着いてくれないというスモールマーケットの悲哀を味わい尽くしていますが、直近でゴードン・ヘイワードがセルティックスに移ってしまいましたが、そのセルティックスから、ジェレブコを引っ張ってきましたね。

スウェーデン人初のプレイヤーで、プレイスタイルも個人的に注目したくなるインサイドの選手ということで、常に気にかけている選手ですが、勝手にジャズでは歓迎されるんじゃないかなぁって思ったりしますね、ディアウが抜けてインサイドが手薄になりましたしスモールマーケットだからといってチームに嫌気がさすとかないでしょうしね。


セルティックスがポール・ピアースと1日契約

長らくセルティックスの顔としてプレイしていたピアースが引退する時のチームはセルティックスでということのために1日契約という事ですが、アメリカらしいなぁと。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

今日の契約

昨日チェックを怠っていたNBA契約。

ペリカンズがレイジョン・ロンドと1年契約で合意

ロンドの場合は実力云々ではなく、人間としてチームにフィットできるかどうかという、面倒臭い選手になってしまっていますからね・・・実力の方も、今のNBAはスコアリングPGが潮流になっていて、3Pで得点を稼ぐ選手の方が、アシストしまくるというベタに司令塔タイプのPGよりも好まれる傾向が出来つつあり、そういった時代に迎合しないタイプが迎合しないで信念を貫き続けられるのかどうかという事になってもいますが、ロンドの場合はそれよりも結局は人間として面倒臭い選手という評価そのものをどうにかする必要性がありますからねぇ・・・まだ衰えるような年齢ではないのに1年契約しか決まらないあたり、まだまだがっつり貼られたレッテル剥がしは大変でしょうねぇ。


ロケッツがルーク・ムバムテと契約合意

オフェンス時にボールが偏るロケッツでは、昨今珍しくなっているディフェンス専門選手は居心地が良いという可能性は高いですかね。

とりあえず、今オフのロケッツはチームを別物にどんどんしていっている感が強いですなぁ。


セルヒオ・ロドリゲスがチェスカ・モスクワと契約

昨シーズン2009-10シーズン以来のNBA復帰をしていたロドリゲスでしたが、1年でユーロリーグに戻るという事になったようですね。

チェスカ・モスクワとしてはNBAが決まったミロシュ・テオドシッチのポジションの穴埋めという事のようですね


テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

今日のJ2観戦 FC町田ゼルビアvs水戸ホーリーホック

FC町田ゼルビア2-0水戸ホーリーホック

今日も暑い中出かけてきました。

ここ数試合は行きのバスの中に野津田に行くなっていう人を見かけなかったりしましたが、今日は何人かいて良かったねと思えたり。

山登りをしてゼルビーランドについたらば、YASSカレーで本日の特別メニューのソーセージカレーを先行入場前から早くもZ劇場でタスクさんと本日のゲストであり今シーズン2度目の登場な渡辺裕太さんのトークを横目に見ながら食べ、コンフィを食べてから先行入場でいつもの如く準立ち見エリアに席を取ってからZ劇場へ戻り、新商品レポートなど動きのある事をしていた続いていたトークを見る事に。

続いて本日のマッチデースポンサーのJ:COM MOBILEの宣伝コーナー、新たに始めたサービスなどなどの説明がありますが、私の目の前にいるJ:COMのざっくぅが気になって話が頭に入らない(笑)

続いて、町田出身、在住のシンガーソングライターの小浜里砂がタイムトラベラーズというバンドを率いてのライブ、前にも出演していたのは覚えていたのですが、一昨年のJ3時代、ガイナーレ鳥取戦以来、その時の試合は勝ちだったということで縁起が良い。

最初の2曲はパレード、木綿のハンカチーフと有名どころのカバーから、その後オリジナル曲へとアコースティックな編成で、パーカッションの人がカホンに座ってカホンを叩くだけではなくいろいろと叩いているのに目がいったり。

J:COM MOBILEのコーナー再びを挟んで、タスクさんと渡辺裕太さんのトークショー。

すでに散々しゃべってネタがないとする渡辺裕太さんでしたが、タスクさんは構わずにいじり倒す構図ですね。

そして、水戸の公式で天空の城を使った煽りがあったという事で、それを使って盛り上げようとするタスクさんですが、見た事が無い相手と話す羽目になって、熱の落差がありすぎるというネタになる羽目に、まあ詳しい人と全く知らない人との認識のずれはいじりやすい感じでしたし、個人的には楽しめましたね。

ベンチ外選手の挨拶、今日は吉濱選手が登壇する前からマイクを渡されていて、しゃべる気満々扱いされるも、思いの外あっさりとした挨拶に終わるという(笑)

席に戻り、選手のアップ、選手紹介と続き、試合開始前のキックオフセレモニー。

マッチデースポンサーのJ:COM町田川崎のお偉方の挨拶から、ざっくぅのPK、ゼルビーがキーパー、審判が渡辺裕太というもので、無事にゴール。

試合開始から、前半は暑さも関係するのか、なかなか流れを掴みきれず我慢の時間帯多め。

完全に押し込まれているわけではないけれども、なかなか自分達の攻撃にまで持って行けず、見ている方も我慢。

時々チャンスを作っているように見えるも、ゴールが遠いだけではなくチャンスが単発では厳しさを感じるもので、過去の対戦5戦で勝りはなく、引き分けだらけな組み合わせだったというのが頭をよぎったり。

とはいえ、もの凄く露骨に早い水戸のFWの前田相手に良いように突っ走られずに、ピンチらしいピンチまで持っていかれず、さらに前半終了間際に水戸のチャンスもゴールに繋げさせなかったりと、後半への希望を残してハーフタイム。

あまりの暑さで疲れてしまい、クレープくれよんでマンゴーソフトクリームを頼み、体を中から冷やし体は一息ついた形へ。

後半はこっち側に攻撃されるということで、前半以上に期待。

日も完全に落ち、涼しげな風が拭いていて、いかにも動きがありそうな予感があり、その予感を外させないようにとばかりに、徐々に流れを掴みかけてとまではなるものの、なかなか得点まではならず。

後半14分に最初のカードとして、前の試合で2アシスト、翌日のトレーニングマッチでも好調だった平戸が交代で入ると上手く主導権を握れそうな流れへと変わっていきます。

平戸が交代で入って即得たFKが惜しくも外れてしまうも、明らかに流れが変わった瞬間を見たと思えるくらい。

前半で見られなかったような流れるようなパスが繋がりはじめ、ゴールに切り込んでいくと言うところだった戸高が倒されてPK獲得。

これを中島がしっかりと決めて先制!

これでチームとしては流れを掴んだものの、決定機になりそうなパスを追いかけて走った中島が接触から転倒してしまい、担架が呼ばれるという心配な場面。

一応事なきを得てピッチに戻りプレイ続行。

その直後にまた流れるような展開でペナルティエリアに進入し、平戸がマイナスのパスを出し、それに戸高が滑り込んでゴール。

2点差をつけて、完全にお祭りモードとなり、中島が出て、代わりにCBの藤井が入ってきて、1体どういうフォーメーションになるのかと思いきや、FWに金聖基という荒技。

おっきいのが前からプレスに行くという圧が半端ない、高めからの守備も機能して危なげない形になって試合終了。

いままで勝利無しの水戸相手に完勝、これで3連勝、しかも2ゴールともこっちサイドでのことですから凄く見やすいゴールでもありましたし、順位も13位と2つ上がりましたし本当に良い物を見たという感じになりました。

この勢いが続くと良いんですが、果たしてどうなるか。

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

今日の仮面ライダーエグゼイド 第39話

「Goodbye俺!」

飛彩の大我に対する態度が変わり、敬語で患者として接する様子を見たニコと永夢は飛彩をからかい、大我も今までと同じで良いとしますが、それを聞いた飛彩が本当に前に戻して大我を無免許医扱いにまでなって、飛彩は不器用さを晒します。

そこに通報が入り永夢は大我を飛彩に任せて出向きます。

パラドとグラファイトの前に正宗が現れ、永夢から変身能力を奪うためにパラドを倒すために先制攻撃をしポーズしますが、グラファイトはゲムデウスの力のおかげでポーズ中にも動く事ができて正宗の思うようにはさせず。

正宗はポーズだけではないとグラファイトをぶっ飛ばし、パラドは変身して正宗と一騎打ちへ。

パラドは一方的にボコボコにされ、死の恐怖をあじわい、正宗はじわじわといたぶってからクリティカルサクリファイスで仕留めにかかります。

ギリギリのところでパラドは逃げられたものの追い込まれ、そこに永夢が助けに入ります。

正宗は永夢達に対し、パラドの運命と患者の運命どちらを選ぶかと選択を迫ります。

貴利矢はゲーム病で苦しむニコを発見します、診断するも見た事の無いマークで戸惑っていると、黎斗が通りがかりゲムデウスであると報せます。

正宗はニコをゲーム病に罹患させたのは、仮面ライダークロニクル攻略に一番近いライドプレイヤーでかつ、永夢達の仲間だから。

ニコを助けたければゲムデウスを急いで攻略しなければならない、そのためには上級バグスターのガシャットロフィーを集めなければならない、つまりはパラドを攻略するしかない。

正宗はパラドを倒したならば特典としてトキメキクライシスのガシャットロフィーを与えると永夢に渡します。

正宗は所詮ゲームの敵キャラでしかなく人間に倒される運命だとパラドを煽ると姿を消します。

ニコはゲーム病発症を大我に報せないように貴利矢に頼みます。

貴利矢はそれを受け入れ、速効ゲームを攻略しようと言いますが、黎斗はゲーム攻略のためにパラドを倒せば永夢が変身できなくなるからダメだと貴利矢を止め、ニコにはデータは残るから黎斗や貴利矢と同じくバグスターとして生きていけば良いと言い放ち、貴利矢を怒らせます。

パラドは永夢に助けた理由を聞こうとしますが、明日那が代わりに永夢が変身能力を失わないためだと説明します。

パラドは自分がクロノスを倒すとバレバレの強がりを見せながらの逆ギレ。

永夢は冷静にパラドでは勝てないと断言しますが、パラドは仮面ライダークロニクルの主人公は自分だとして、受け入れることが出来ず。

永夢がパラドを倒さざるを得ない状況に追い込んで正宗はご満悦の所、仮面ライダークロニクルの海外展開について工場先のマキナビジョンがプロジェクトに協力する条件としてゲーマドライバーを1つ譲って欲しいという要望があったという報告を受け、ジョニー・マキシマ社長の強欲さに呆れます。

飛彩は貴利矢からニコがCRに運ばれた事と、それを大我に教えないようにという報せを受けます。

しかし、大我は飛彩の態度からニコがゲーム病になったと忖度します。

ニコの治療に出向こうとする大我を飛彩は必死に止めます。

今までのゲーム病よりもニコの症状は重く、苦しみながらニコは誤解から永夢を恨んでいた今までの事を永夢に謝り、死にたくないと本音を語ります。

永夢は死の恐怖を感じているニコにかつての自分も重ね合わせて、絶対に治すと断言します。

パラドはグラファイトのバグバイザーを渡すように言い、グラファイトはクロノスへの報復ならば一緒に行くと言いますが、パラドは渡すようにとキレると同時に死の恐怖に襲われ倒れ込んでしまいます。

永夢は黎斗にライダークロニクルガシャットを破壊したらどうなるか尋ねます。

永夢はゲームが強制終了されたらばゲーム病も治るのではないかと自分の考えをぶつけると、黎斗はすっとぼけ、ニコの命を救うことで頭がいっぱいの永夢に向かって、ニコはデータ保存されるから正宗を倒すことだけを考えろと誘導しますが、永夢を怒らせるだけではなく、明日那、貴利矢と敵に回します。

黎斗の態度に永夢はキレてパラドのもとへ。

怯えているパラドに、誰だって死ぬのは怖いと指摘し、自分も16年前パラドが感染して間もなくの頃、交通事故に遭い自分が死ぬかもしれないと思った時に心が震えたと語り、そんな怖い思いをニコにさせたくないと自分の覚悟を聞かせ、決着をつけるという約束を果たすと宣言。

パラドも正宗に対する恐怖という囚われを押しやって受け入れると、マックス大変身、永夢もハイパー大変身。

最終決戦の開始。

永夢はパラドを圧倒、無慈悲なまでの実力差を見せつけ、一旦撤退しようとするパラドを逃さずパラドを追い込みます。

決着が付こうという現場に黎斗とポッピーピポパポがやって来て、パラドを本気で倒しに言っている永夢を見た黎斗は焦りまくりで、クロノスのガシャットを壊せばニコは治ると教えますが、もはや永夢は聞く耳を持たず。

ハイパークリティカルスパーキングでついにパラドに引導を渡し、パラドは錯乱しながら消滅。

黎斗は永夢がパラドを倒した事で変身出来なくなると錯乱。

ということで、もう最終回直前でしたっけ?というくらいの動きになりましたね。

正宗はニコにゲムデウスのゲーム病発症させて、永夢がパラドを倒すように誘導成功。

まぁ永夢が後先考えずに突っ走ってしまった原因は黎斗との価値観のずれが大きかったというか、本当にこの父子はという事になりますが、パラドが死への恐怖で錯乱していたのと形こそ違えども永夢も追い込まれていたというか、視野狭窄を起こしてしまったというか。

パラドが急激に弱体化してしまった感もあり、思いの外あっさりと終わってしまったので、まだパラドは終わっていないんじゃないかと疑いたくなりますが、とりあえず、全くもってすっきりした着地点が見えないですねぇ。

おまけ

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログラム