今日のBS アルバルク東京vsレバンガ北海道

アルバルク東京76-81レバンガ北海道

NBAの放映権を失って、その代わりにBリーグの放送を安定的にやっているわけですが、今日はアリーナ立川立飛でのアルバルク東京のホームの試合。

アリーナ立川立飛は最近になって存在を知り、勝手に立日橋近辺だと勘違いしていましたが、立川駅より北口側で確実にアリーナが出来る前というか、モノレールの駅が出来る前に行ったことある場所だし、改めてモノレールが通ったことで新たな展開が行われていると知り、これは多摩センターから延伸して野津田近辺へ通すのは急務だと思わずにはいられない。

それはそれとして、アルバルク東京は昨シーズンも放送がありましたし、元々知名度のある選手がいるので、ある程度分かりやすく助かるチームである一方レバンガ北海道は最年長選手である折茂くらいしか分からないという感じですね。

北海道はディフェンスとマーク・トランソリーニの高さを上手く活用してゴール下の勝負で勝って主導権を握り16-18で1Q終了。

アルバルクは追撃態勢まではできるものの、北海道は追いつかれそうになると粘って追いつかせず30-41で前半終了。

追いつけそうで追いつけないアルバルクに対し逆に北海道がブザービーターで差を広げ51-64と主導権を維持してい最終Qになり、最終Q最終盤にアルバルクの追撃で大逆転劇になってもおかしくないところまで行くも、北海道は逃げ切り成功。

トランソリーニ28点6リバウンド4アシスト1スティール2ブロックと存在感を示して、すっかり覚えた選手と言いたいところですが、名前がきちんと覚えにくいのが難点(苦笑)

アルバルクの方では今シーズン話題の選手でもある馬場雄大は22点7リバウンド2アシスト2スティール1ブロック、ダンク3本と日本人選手として華もありますし今後成長して欲しいとバスケットボール関係者は思っているだろうなぁと。

今日のマジック NBAレギュラーシーズン15戦目

マジック94-99ブレイザーズ

今日のスターターも
PG エルフリッド・ペイトン
SG テレンス・ロス
SF エヴァン・フォーニエ
PF アーロン・ゴードン
C  ニコラ・ヴチェヴィッチ

1Qを33-24と良い滑り出しを見せた試合でしたが、2Qで14-27とお返しされてしまい、4Qの残り6分52秒でフランスのおしゃれ上級者フォーニエがエースらしく3Pを決めて逆転して、その勢いのまま勝ちきれれば良かったのですが、勢いだけで残り時間もって行くには早い時間帯過ぎて、結局再逆転されるとそのまま力尽きてしまったというか、4Qの弱さに定評のあるマジックからの脱却はまだまだ難しいという事ですね。

逆にブレイザーズにはデイミアン・リラードというクラッチプレイヤーとして既に名を残している選手がいますし。

フォーニエはエースらしく22点3リバウンド2アシスト1ブロックとまずまずですが、アーロン・ゴードンが12点5リバウンド1アシスト2スティール、ヴチェヴィッチが11点10リバウンド4アシストとどちらか1人がせめて15点以上になっていないと安定感は増さないかなって。

ペイトンが14点3リバウンド5アシストと怪我による悪影響が見られないのは助かりますし、ジョナソン・シモンズが16点3リバウンド3アシスト、マーリス・スペイツが10点3リバウンド1ブロックとベンチで計算出来る2人はまずまずですが、ロスが5点4リバウンド2アシスト3スティールとオフェンスが外れの日となると、いつも通りの活躍だけでは厳しかったですね。

ブレイザーズはデイミアン・リラードが26点44リバウンド7アシスト、CJマカラムが24点4リバウンド3アシスト3スティールと得点源となるバックコートコンビが通常運転で好調、これに加えてシャバズ・ネイピアーが3Pを5/5と決めまくり19点2アシスト3スティール1ブロックと、今シーズンに入ってようやくコネチカット大時代のNCAA優勝経験者で大学4年までプレイしていたという期待に応える活躍を出来るようになったのを、元いたチームにしっかりと見せつけてくれたと。

ネイピアーが活躍してくれるのは嬉しいですし、今シーズンの頑張りぶりをみると、MIP予想無謀枠でリストアップまでしながらも最後の最後で候補から外したのが悔やまれるくらい。

しかし、何も今日3P決めまくらなくても良いじゃないかと・・・

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

今日の読書 南朝研究の最前線 ここまでわかった「建武の新政」から後南朝まで/日本史史料研究会監修 呉座勇一編

タイトルそのままに最新の南朝研究で分かった事を、過去定説としてきたものと照らし合わせ、過去定説化したものの理由を分析し定説が陥ってしまった錯誤とそれを検証し直した結果を新たに出していくというものですね。

正直私が歴史について詳しいわけではなく、定説も表面的な薄っぺらい知識しかないので、新たな説を出されても、それがどれだけどう評価出来るのかというと全く分からないのですが、全体としてこの時代を検証する上で囚われてしまっているものは、『太平記』史観と皇国史観であると分かれば、研究者ではなく一般人としてはいいのかなと勝手に思っておきます。

『太平記』は物語なので、一次史料として使えば間違いであるというのは重々承知されているにも関わらず、人物評価であるとか、それぞれの行動基準や当時の価値観というものについては、どうしても引っ張られるところがあって、それをそのまま裏付けるか、もしくは歴史は勝者によって書き記されるというものを意識して、書かれている評価とは全く別の評価を探そうとしてしまい過ぎるという、良くも悪くも引っ張られてしまっている事が多いというもの。

皇国史観に関しては、南北朝時代の正当な流れは南朝であると決めてしまったがため、足利尊氏は逆臣、楠木正成は希代の英雄というような評価が固定的にせざるを得なくなったり、明治から戦前まで皇国史観をより強めるため、南朝の正当性を強めるような歴史観を作り上げなければならなくなったり、逆に反動で戦後は皇国史観を真っ当ではないという価値固定化を出発点にし過ぎて、足利尊氏再評価と楠木正成は過大評価扱いなど行ってしまってきたというもので、皇国史観の呪縛からどれだけ逃れて歴史を見直せるかというのが重要になっていると。

南北朝時代が今ひとつ有名になりきらないのが、それこそ皇国史観の呪縛、第二次世界大戦を挟んでの極論から極論に振り切ってしまったという事があると思いますし、共に歴史のイデオロギー利用という意味では害悪でしかないよなぁと溜息をつきたくなりますが、好き嫌い横に置けば、歴史の政治利用というのは古今東西逃れられない物になってしまっていますし、だからこそ、歴史を知っておかなければいけないんだろうと思わずにはいられないですね。

この時代、入り乱れていて結構わけが分からない物になっていますが、エンターテインメントの題材としては埋もれさせておくには勿体ないと思うので、本当に政治利用されてしまっているのが勿体ないと。

はじめに──建武政権・南朝の実像を見極める  呉座勇一 

第1部 建武政権とは何だったのか

【鎌倉時代後期の朝幕関係】
1 朝廷は、後醍醐以前から改革に積極的だった!  中井裕子 

【建武政権の評価】
2「建武の新政」は、反動的なのか、進歩的なのか?  亀田俊和

【建武政権の官僚】
3 建武政権を支えた旧幕府の武家官僚たち  森 幸夫

【後醍醐と尊氏の関係】
4 足利尊氏は「建武政権」に不満だったのか?  細川重男

第2部 南朝に仕えた武将たち

【北条氏と南朝】
5鎌倉幕府滅亡後も、戦いつづけた北条一族  鈴木由美

【新田氏と南朝】
6 新田義貞は、足利尊氏と並ぶ「源家嫡流」だったのか?  谷口雄太

【北畠氏と南朝】
7 北畠親房は、保守的な人物だったのか?  大薮 海

【楠木氏と南朝】
8 楠木正成は、本当に〝異端の武士〟だったのか?  生駒孝臣

第3部 南朝の実像

【建武政権・南朝の恩賞政策】
9 建武政権と南朝は、武士に冷淡だったのか?  花田卓司

【南朝に仕えた廷臣たち】
10 文書行政からみた〈南朝の忠臣〉は誰か?  杉山 巖

【中世の宗教と王権】
11 後醍醐は、本当に〈異形〉の天皇だったのか?  大塚紀弘

第4部 南朝のその後

【関東・奥羽情勢と南北朝内乱】
12 鎌倉府と「南朝方」の対立関係は、本当にあったのか?  石橋一展

【南朝と九州】
13「征西将軍府」は、独立王国を目指していたのか?  三浦龍昭

【南北朝合一と、その後】
14「後南朝」の再興運動を利用した勢力とは?  久保木圭一

【平泉澄と史学研究】
15 戦前の南北朝時代研究と皇国史観  生駒哲郎

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

今日のマジック NBAレギュラーシーズン14戦目

マジック107-125ナゲッツ

今日のスターターは
PG エルフリッド・ペイトン
SG テレンス・ロス
SF エヴァン・フォーニエ
PF アーロン・ゴードン
C  ニコラ・ヴチェヴィッチ

ステファン・カリーが右太ももを痛めて欠場していても、今のマジックにはウォーリアーズ相手に勝てるようなチームでは無かったですね。

とりあえずは、ヴチェヴィッチが20点5リバウンド4アシスト1スティール、FGが7/13と本来あって欲しいシュートの確実性を見せたことは見るべき所ですかね。

それ以外はほぼほぼウォーリアーズに良いようにやられた格好ですが、それでも結果を見るまでも無いとはなから決めかかっていた昨シーズンまでに比べれば、キャブスやスパーズに今年は勝っているし何が起きてもおかしくないかもと期待して結果を見るようになっているのは大違いかもしれないですね。

ウォーリアーズはカリーがいなくてもケビン・デュラントが21点7リバウンド8アシストと普通にオールラウンドにやるだけですし、ドレイモンド・グリーンが20点4リバウンド5アシスト2スティールとカリーがいない分得点に回ることも出来ますし、ショーン・リビングストンが16点2リバウンド6アシスト1スティールと代役を難なくこなしていますし、今のマジックではやっぱり歯が立たないですな。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

昨日のJ2観戦 FC町田ゼルビアvsレノファ山口

FC町田ゼルビア0-1レノファ山口

久しぶりの晴れのホーム野津田に行ってきましたが、ようやく晴れてくれたという感じですね。

注意報が出るレベルの雨だと体調面の弱さに定評のある私は現地に行かないという不義理をするので、晴れの野津田が久しぶりというよりも、行くことが久しぶりになったりしますが、それでもホーム最終戦は晴れで迎えられて良かったなと。

久しぶりの野津田の山登り、いろいろと稼働する試合開始2時間半前よりも少し前に到着しているので、プロ野球ファン大歓迎企画2017でプロ野球12球団のユニフォームやウェアを着た人は先着1000名が無料招待というので、スタジアム付近で早々に阪神タイガース法被を着ている人に遭遇しましたが、まだまだ人もまばらなので動きやすくもあり、YASSカレーで角煮カレー、店名は忘れましたが比内地鶏のつくね串、青空食堂できゅうりの一本漬けを食し、SVOLMEマッチデーとして商品30%引きセールをやっていたので、長袖Tシャツを購入してから優先入場でいつもの位置に席を取り、改めてZ劇場へ。

今日はイベント多めという事で早い時間帯からゼルビア探健隊。

今回もロコモ予防という事で、椅子からの片足立ち、たすくさんがサッカーやっているのに立ち上がれないで難儀するというのは鉄板ネタと化してきている感じもしますが、それなりにハードルが高いんですよね私にも(苦笑)

続いてSPACE CONVOYによるパフォーマンスが、ストームトルーパーの登場と、60'sっぽい男女がロックンロールで踊るというなかなかカオスな空間とその後ストームトルーパーと記念撮影といういろいろとカオスだなぁと。

撮影会が一段落し、次の出し物であり、今日のメインと言っても過言ではない来シーズンのユニフォーム発表までに少し時間があり、たすくさんも時間調整をするような話になっていたところ、たまたま見に来ていたフジテレビのアナウンサーの笠井さんをスタッフの方が見つけてきたのか何なのかで、Z劇場へ予定無く登場。

元々町田市民であり、町田市の成人式の司会をやったり、通っていた小学校の校歌が母親作詞という縁もあり、ガチなサポーターという事で、戸高ユニフォームを着ていたりとなかなか言い掴みをした形で、フジテレビは現在かつての栄光はどこにという状況ですし、何かと偏向報道が叩かれがちですし、偏向報道に関してはなかなか肯定できなかったりはしますが、笠井さんの一存で必要ないところにゼルビアネタをごり押しするとかいう偏向報道ならば歓迎すると都合の良いことは考えました(苦笑)

そして、来シーズンのユニフォーム発表。

毎年恒例のユース選手、これに出ると次の年二種登録するというようなジンクスがありましたが、残念ながら昨年の発表会からは2種登録は生まれませんでしたが、今年はフィールドプレイヤーが佐藤陸選手、ゴールキーパーが市橋知弥選手。

来年のユニフォームはフィールドプレイヤーは今年の濃紺から歴代では多めの明るい青に変更というよりも回帰という感じで、ここ2年縦線が入っていたのが濃紺とゴールドの右肩上がりの斜めのラインが入り、左腹部に市章がうっすらとはいっているという町田色強め。

ゴールキーパーは色は今年に引き続き赤。

画像はどんどん拡散してくれとの話でしたが、日差しが強すぎてばっちり逆光で人様に見せられるようなものにならず・・・

ユニフォーム発表会のあとは久しぶりにベンチ外選手の挨拶でしたが、遠藤選手が挨拶で思いの外盛り上げるというか、ある意味定番とも言える挨拶の声が小さいと何度もやり直すいじりが上手くて、この才能は大竹劇場無き今は貴重な戦力だと思わずにはいられなくなりましたが、普通に出場もする選手ですからね、そっちの期待よりも得点をとりまくる選手になる事を期待しろよという話で。

Z劇場が一通り終わり席に戻ると、晴れの最終戦という事もありゴール裏もそれなりの盛況で、スカスカだから準立ち見は立ち見エリアに移動するという必要性もないなという感じに一安心。

旗の海企画が先週に引き続きあるので旗も渡され、選手のアップ開始。

怪我明けであったり、最近出番が少な目であったり久しぶりのベンチ入り選手が多く、その選手への応援を強めにし、今シーズンで最後となる電光掲示板のドット絵選手紹介も終わり試合開始へ。

スターターの名前を見ていると、ディフェンスラインに大谷、増田、松本、土岐田の4バックで当然本職のポジションを考えれば、右サイドバックから土岐田、センターバックに大谷、増田、左サイドバックに松本となるのが自然であり何も疑いを持たなかったのでしたが、どうにも並び順が違うようにしか見えないので確認すると、右サイドバックに大谷、センターバックに増田、松本、左サイドバックに土岐田と中々不思議な並び順。

本職センターバックと本職サイドバックがいるにも関わらず、それぞれ逆にするという狙いは何なんだろうかと考えながら応援しているうちは、まぁ流れを持っているなと思えていたから。

攻め手はいるものの中々ゴールは決まらず、正直ゴール裏から見る分には向こう側でやられているものは、細かいところでどれだけ本当のチャンスまで繋げているのかは分からないので向こう側で試合が動いている意味以上でも以下でもないという事なのかなぁくらい。

それでも主導権を握っていれば何とか得点に繋げてくれるのではと思っていたらば、逆に前半31分右サイドで良い動きをされてからキレイにクロスを入れられてどんぴしゃに合わされて先制点を失い、ハーフタイム中に誰のプレイだったのか確認して小塚だったのかと分かって妙に納得。

この失点からどこかしら焦りというか、流れを持って行かれて修正出来ない、今シーズンの成功体験の少なさがもろに自信喪失になりやすい形となってしまい、またもや前半はばたばたして終了。

ハーフタイムでの修正は先週の千葉との試合でやってのけているので、それに期待して後半開始を待ちますが、後半開始直後くらいに、笠井さんがいろいろと連れられてゴール裏のど真ん中のエリアに移動するのを目撃というか、私の席の隣側の階段を降りていくのに気付いて、Z劇場で応援しているあたりにいるというのは本当だったんだと納得。

後半開始後も中々得点に繋がるような所まで攻めきれず、惜しいは惜しいけれどもコーナーキックを奪うまでが限界だよなくらいまでのチャンスしか作れず、ホーム最終戦なんだから何とかして欲しいという事には繋がらず。

途中交代で戸高、星野、鈴木孝司と今シーズン怪我で欠場期間があった選手(戸高はむしろ2年間の怪我の延長からの調整期間でしたが)が入り、特にほぼほぼ今シーズンポジション怪我人と化してしまっていた星野が交代で入ってきて動きが目立ったのが嬉しく思い、勝敗関係無くとりあえず来た甲斐はあったかなと思ってしまったり・・・

そういう何が何でも勝てよ!という気持ちが薄めになってしまったのが悪かったのか結局試合はそのまま終わり今シーズンはホームで4勝しかできないで終わってしまいました。

試合後、ホーム最終戦のセレモニーも正直空気が重く、キャプテンの李漢宰の挨拶、来シーズンも継続して指揮を執ることが決定している相馬監督と苦しいシーズンを支えてくれた感謝の気持ちというまでが限界で、相馬監督継続記念という晴れ晴れした形になれなかったのは残念。

そして下川社長が対戦相手の山口へのリスペクトを表そうと気を回しすぎて、言葉の選択の失敗から勝ってくれてありがとうなんて言ってしまって、ゴール裏からブーイングが起きたのが個人的にはうるせぇ!でしかなかったのが残念でしたかね。

まぁ、言葉の選択は間違いでしたし、良い事言おうとして失敗しちゃった感ありありでしたが、個人的には自虐ネタをここで言うかと苦笑すれば良い程度のものだと思っていたので、温度差が違うんだろうなぁって。

もちろん、16位と喜べる順位でも何でも無いですが、去年基準にするとそもそもハードルを上げすぎですし、チーム予算を考えると、もっと悲壮感満載に降格争いを最後の方までやっていないといけないところまで覚悟しておかないといけないものだと思っていますし、それを考えたらば現在のチーム状況として上限は昨シーズン下限は今シーズンという1つの基準として認識しておけば良いんじゃないかと思ったりしているのですが、感じ方は人それぞれなんでしょうね。

今シーズンになってから、良く話をさせていただいている方とはよく話しますが、負け試合は負け試合で悔しがりますが、この予算でこれだけ頑張っているから文句は言えない、降格争いに巻き込まれないで済んでいて、悲壮感なく単純に勝ち負けに喜んだり悔しがったりできているだけで、ある意味幸せという基準は、割と現実的なんじゃないかなぁと思うのですが、これも1つの考え方であって絶対的に正しいとは思いませんし、人に強要する気は全くありませんし、同じような感覚で楽しめる話し相手がいることに感謝するしかないなという所ですかね。

ちょっと残念なセレモニーになってしまいましたが、選手達がハイタッチで一周してきて記念撮影となるところで、選手の子供達もやって来て、子供達が父親の番号のついたユニフォームやTシャツを着ているのを見てなごみましたし、今シーズンから発売されるようになった背番号つきTシャツ、自分のがある谷澤とかだと3人お子さんがいるようですしユニフォームよりも安上がりで助かっているだろうなと余計な事を考えたり。

失敗したなと思ったのは、電光掲示板最後のセレモニーを見るのを忘れて席を立って帰ろうとしてしまったことですかね、隙間から少しだけ見ましたが。

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

おまけ

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログラム