今日のルパンレンジャーvsパトレンジャー #19

「命令違反の代償」

咲也は通勤中にチンピラ男に絡まれて困っている女性を助けます。

ジム・カーターは都内の数カ所で突然車がすっぱりと斬れる不思議な事件が起きていることを報告。

映像を見る限り誰も何もしておらず、共通するのは直前に突風が吹いたという事しか分かっていない。

かまいたちに似ていると言うことで、圭一郎は自然現象かと怪しみます。

そこに、梁上審議官がやって来て、科特研は破壊されるしギャングラーの撃退率は低く、世間はルパンレンジャーばかりの評判が良いと文句を言い、快盗を検挙しギャングラーの撃退砲を100%にするようにヒルトップ管理官に迫ります。

その様子に咲也がボソッと不満を呟くと、速攻目をつけられ面倒臭く絡まれてしまい、ヒルトップ管理官が間に入ってランチに誘い、とりあえずは収まります。

圭一郎とつかさは、嫌な上司であっても大人になれとたしなめます。

国際警察の面々がジュレに入っていくのを目にしたチンピラ男は、咲也が警察だったと知り悪だくみをし、隠れてギャングラーのスダル・ウルキューの姿に戻ります。

ジュレで梁上審議官はありがたいお説教を嬉々として語り、その大変な様子を魁利は面白がります。

ジュレの扉は誰もいないのに勝手に開き閉まります。

初美花と魁利がコンソメジュレとビヴィシソワーズのパリ仕立てを運び、うんざりしながらも咲也は初美花に小さく手を振ると、早速梁上審議官に注意されてしまいます。

言い訳をしようとする事すら封じられると咲也はいきなりヴィシソワーズを梁上審議官の頭からぶっかけてしまいます。

咲也自身もわけが分からないとなり、あたふたしていると、圭一郎、つかさと次々殴り体が勝手にと言いながらテーブルを持ち上げてヒルトップ管理官をノックアウトし咲也は首を宣告されてしまい、スダル・ウルキューはジュレの外で高笑い。

咲也は2週間の自宅謹慎処分。

咲也は自分のした事ではないと弁解しますが、圭一郎もつかさも聞く耳持たず。

VSチェンジャーはヒルトップ管理官預かりとなり、咲也は謹慎中勝手に家を出れば本当にクビだと釘を刺されます。

圭一郎はジュレにみなさまのパトレンまんじゅうを手に、騒ぎを起こした詫びをし、咲也は自宅謹慎担ったことを伝えます。

ジュレの3人は話の内容よりもパトレンまんじゅうに反応しまくり。

そこにグッディがやって来て、店の中にギャングラーの残り香がぷんぷんすると言い出しますが、店の中にいればとっくに気付くと相手にされません。

それでもグッディは絶対に来たと言い張ると、透真は可能性はゼロではないとひっっかかりを感じ、初美花に頼み事をします。

咲也が昼間からごろごろしていると、初美花がやって来て大喜びでドアを開けると、そこには魁利と透真の姿もあり残念な気持ちに。

透真は店でいきなり暴れ出したことについて詳しく話を聞き出そうとすると、咲也は何かが手を掴んだような気がしたと思い出します。

咲也の家からの帰り道、透真は姿の見えないギャングラーがいたと確信したことを魁利と初美花に告げ、見えない相手をどうやって見えるようにするかが問題だと話します。

咲也は何かが手を掴んだという事から、見えないギャングラーという可能性に考えが至ります。

テレビをつけるとタイミング良すぎるくらいタイミング良く、見えない力で体育館が真っ二つになるというニュースがあり自分の想像が当たっていると確信に至ります。

パトロール中の圭一郎とつかさにジム・カーターからカマイタチ事件が起きたと連絡が入ります。

つかさはカマイタチが本当に自然現象なのかと疑問を持ち、圭一郎も調べようとします。

咲也はジム・カーターに連絡を入れると、ヒルトップ管理官は慌てて自分の方に回し、謹慎中の咲也をしかりますが、咲也は出動許可を頼みます。

咲也はカマイタチ事件はギャングラーの仕業と持論を述べようとすると、ヒルトップ管理官の横にいた梁上審議官はでまかせ言うなと一喝。

ヒルトップ管理官は出任せと決めつけた梁上審議官に異議を申し立てようとしますが、聞く耳持たず。

スダル・ウルキューが次に何を斬ろうと獲物を選ぼうとしていると、圭一郎達のパトカーが近づいてきて、獲物を決め姿を消し、パトカーを一刀両断。

圭一郎とつかさが慌てて飛び出すとパトカーは爆発。

咲也は姿の見えないギャングラーについて圭一郎達が気付いていないと悩みますが、自宅謹慎を破るとクビというのも頭をよぎります。

咲也は自宅謹慎を破り現場に向かおうと走っていると、ヒルトップ管理官がやって来て、自宅謹慎を破ればクビだと立ちはだかります。

咲也は守らなければ家ないのは自分の立場ではなく、みんなの笑顔とクビになっても構わない覚悟を見せます。

ヒルトップ管理官はそれを受け、VSチェンジャーを咲也に渡します。

圭一郎とつかさはカマイタチに襲われ自然現象ではないと確信しますがどうしていいのか分からない状況。

そこに銃声がしスダル・ウルキューが姿を現わします。

咲也は駆けつけた時、風の刃が圭一郎達を襲う時、光る四角い空間が浮かび上がったのを目撃した。

風の刃はルパンコレクションの能力であり、それを使う時に光ったのを見逃さずに撃ったという何気に優秀なところを見せます。

そして昨日自分を操っていたのはギャングラーであったと圭一郎とつかさに説明。

圭一郎は咲也に詫び、警察チェンジ。

実力を行使し始め、追い詰めるとスダル・ウルキューは姿を消して逃亡しようとします。

しかし、姿を消した瞬間カラーボールを投げられ色つきになり姿を消すのに失敗。

色をつけたのは快盗達で、魁利はパトレンジャーに威嚇射撃をし、その隙に透真がスダル・ウルキューの動きを封じ、初美花がルパンコレクションの回収。

コレクションを回収したところで、快盗は撤退。

透真はグッディに警察に力を貸すように言い、グッディも素直に力を貸します。

グッディを使い一体化しイチゲキストライクで仕留めます。

ゴーシュ・ル・メドゥがやって来て巨大化すると、パトカイザーで応戦。

スダル・ウルキューは姿を消し攻撃してくると、パトカイザーストロングバイカーとなると、ヨーヨーで一周攻撃し見つけると、パトカイザーリフトアップストライクで任務完了。

自宅謹慎を破った咲也は厳しい処分が下されるかと思いきや、テレビも新聞もパトレンジャーの活躍一色という事で、梁上審議官は上機嫌、処分何それ美味しいのと浮かれまくりで、ただただ面倒臭い上司でした(苦笑)

ということで、咲也が嵌められてクビになりかけ、謹慎中であっても自分の立場よりも守るものがあると奮闘するというベタな話でした。

何気に影から快盗が手を貸しているという体裁になるので、ベタな話でも微妙に変化をつけられるのが特徴ですよね。

梁上審議官はベタに分かりやすく面倒な上司でしたなぁ、まぁしれっと自分だけの手柄にして処分を下すとか言う救いようのないのではないだけマシですが。

次回はついに追加戦士登場ですが、前例のない戦隊だからこそできる前例のない追加戦士のようですね。

今日の仮面ライダービルド 第40話

「終末のレボリューション」

記憶を取り戻した戦兎はジーニアスフォームに変身。

内海を圧倒しジーニアスアタックで体内になにがしかの影響を与え、ジーニアスブレイク一蹴りで吹っ飛ばし、龍我にマジ強ぇ、マジ最強と語彙力のない言葉を吐かせます。

そこにエボルトが現れ、まだそんなものを隠し持ていたのかと感心し、戦兎の相手は今度にすると言うと、カシラを襲い三羽ガラスのロストボトルを強奪し内海を連れて撤退。

ナシタに戻ると、戦兎は美空と紗羽に本当に記憶が甦ったのかと疑われ、戦兎は戻った記憶は戦兎になってからと葛城巧の高校時代くらいまでであり、悪魔の科学者と呼ばれていたあたりの記憶については実は戻っていないと完璧に記憶が戻っているわけではないと明かします。

カシラは三羽ガラスの使っていたロストボトルを奪われ抜け殻状態。

戦兎はロストボトルは人間の手によって作られた人工ボトルであり、フルボトルよりも好戦的な性格になるボトルであり、エボルトが何故集めようとしているのかは分からないと説明。

カシラはエボルトの目的なんかどうでもよく、フルボトルは形見なんだと荒れ始めます。

戦兎は氷室の姿が見えず、今までは敵だったから呼び捨てだったけれどもこれからはそれもどうかと幻さんは?と尋ねると、幻さんは威風堂々をBGMに登場。

威風堂々と書かれたTシャツノースリーブで変に装飾のついてジージャンに短パンに帽子という想像の斜め上を行く破壊力のある私服に一同唖然。

全てオーダーメードという私服にどう傷つけずに指摘すれば良いのかと相談している中、美空はダサ過ぎる、放送事故レベルとど真ん中直球で指摘。

幻さんは見る目がないとどこ吹く風で戦兎に葛城巧の記憶が戻ったのかと尋ねますが、服装に戸惑っている戦兎はまともに話す自信なしで一旦休憩。

戦兎が海を眺めていると、葛城巧の声が脳内でロストボトルについて気になっているのかと語りかけてきます。

ロストボトルは自分ではなく父が開発したもの、研究データになかったのはエボルトが削除したからかもしれない。

戦兎はいろいろと聞き出そうとしますが声は消えてしまい、代わりにカシラと龍我が揉めながらやってくるのに気付きます。

ロストボトルは北都のファウストで作られたものだから奪われたボトルもそこにあるかもしれないとカシラは北都に行こうとしていて、戦兎は一緒に行くと言いだし龍我は唖然。

戦兎はロストボトルを調べに北都の実家で何か掴めるかも知れないと言うと龍我は勝手にしろと帰って行き、途中で選別だとカシラにスクラッシュゼリーを渡します。

エボルトはスマッシュの最終形態、ロストスマッシュの開発を始めた。

ロストボトルを使ってクローンスマッシュと融合させると最高の奴隷が出来上がる。

欲にまみれた人間が同じ人間を恐怖に陥れて食い尽くす、人間同士を共食いで地球は滅びるというのを楽しみにしているエボルトに内海はエボルトが仮面ライダーを狙っているのはロストスマッシュにするためと気付きます。

エボルトは記念すべきロストスマッシュ第1号を内海に見せます。

北都にある戦兎の実家回りは避難勧告が出ていて人の気配は無し。

戦兎が実家でろすとぼとるについて調べる間、カシラは散歩してくると言い、戦兎はロストボトルについて分かる前にファウストのアジトに1人で突入するようなことはするなと釘を刺します。

カシラは故郷のために戦争を速攻で終わらせるために戦っていたはずなのに、いつの間にか話が宇宙規模になってしまい一体何の為に戦えば良いのか分からなくなってしまったと心情を吐露します。

戦兎は父親の遺品を見つけますが、またもや葛城巧がいくら探しても何も見つからないと語りかけてきます。

ロストボトルは人間を凶暴化して扱いやすくする悪魔のボトルだと言い、何故父さんはそんなものを作ったのかと言い残して突然消えます。

戦兎は手帳をめくっていると、木野礼香とメモされた写真を見つけます。

カシラは単独でファウストのアジトに潜入。

ロストボトルを奪い返そうとしますが、内海にあっさり捕まります。

地下室では幻さんファッションショー。

全身ピンクに親しみやすさと書かれたTシャツにピンクの膝丈パンツ、透明のレインコートという妥協した服装が美空にダサいと一蹴され幻さんはキレてしまいます。

戦兎は写真の画像送り、龍我と密航船に乗せてくれた人だと確認。

戦兎の父親と知り合いだったと知り驚きますが、戦兎は写真にガーディアンが写っているのがおかしいと指摘。

東都でガーディアンが採用されたのはスカイウォールの惨劇から5年後、父親が自殺したのはスカイウォールの惨劇から半年後であり、亡くなったあとの写真となる。

何故それが父親の遺品に入っていたのか。

カシラは高濃度のネビュラガスを注入されハザードレベルは一気に上がったものの、倒されると肉体は消滅するようになってしまいます。

内海は嬉々としてその事をカシラに教えますが、カシラは内海を突き飛ばして逃亡。

戦兎はカシラと連絡が付かず、単独行動をしたと気付き現場へ向かいます。

カシラの逃亡先には北都の多治見首相が現れ、ロストボトルを振りガイアメモリのように顔に押しつけロストスマッシュへ姿を変え襲ってきてます。

カシラは変身し応戦しますが、内海の言葉を思い出し首相を倒せば消滅すると気付き攻撃出来ずに苦戦。

そこにラビットラビットフォームになって戦兎がやって来ます。

カシラはスマッシュが多治見首相であること、倒したらば消滅してしまうかもと伝えます。

荒れ狂う首相に難儀している所に内海もやってきて変身。

内海はカシラを攻撃し、カシラは消滅しかかります。

カシラは自分達はエボルトの実験台らしいと戦兎に伝え、最後かと覚悟を決めかかります。

戦兎はタンクタンクとなり内海と首相に対し仕切り直し。

内海はどれだけ頑張ってもエボルトの支配から逃れられない操り人形だと気付けと言いますが、戦兎はジーニアスフォームになり、人間には心がある、魂がある、全てを投げ打ち誰かを守る覚悟があると否定し立ち向かいます。

その言葉を耳にしたカシラは、戯れ言のオンパレードに自分も毒されたと三羽ガラスの方に行くのはもう少し先、戦場が宇宙規模になろうと誰が敵であろうと関係無い戦ってやると、ドラゴンスクラッシュゼリーを使い両手にツインブレイカーをつけ、愛と平和のために戦線復帰。

内海に対し心火を燃やしてぶっ潰しにかかります。

戦兎はジーニアスフォームならば首相を救えるかも知れないとジーニアスフィニッシュ。


多治見首相は倒れスマッシュから元の姿に戻りましたが消滅せず。

内海が呆然としている隙にカシラはスクラップフィニッシュ、戦兎も同時にキックで内海を追い払います。

ジーニアスボトルはネビュラガスを中和することが出来るようだと戦兎は説明し、カシラにも中和させようとしますが、カシラは折角強くなったしと拒否。

ただ危なくなったらお願いすると言い戦兎を止めます。

カシラは首相を起すと、首相は正気を取り戻し自分のしてきたことを詫びます。

カシラはロストボトルを拾い上げると黒くなっているのに気付き戦兎に渡します。

そこにエボルトが現れ、戦兎はカシラに多治見首相を任せ、ロストボトルを返すようにように言うエボルトと対峙。

エボルトはロストボトルを使い新世界を作ると宣言。

龍我と紗羽は礼香と会うと、戦兎の父親を最近船に乗せたとの言葉があり。

ということで、ジーニアスボトルは凄く強いというだけではなくネビュラガスを中和させることが出来るという、今後に向けていろいろと重要な役回りをこなせそうという事が分かりました。

何となくエグゼイドのリプログラミングが頭をよぎった人は多そうですね。

そして、葛城巧の父親が生きているっぽいという事にまでなって大事になりそうなんですが、その横で私服のセンスが想像の斜め上過ぎというネタキャラとしてしか登場しなかった幻さんの未来というのが別の意味で心配になったり、終盤はいろいろと詰め込んできますね。

今日のワールドカップ グループリーグ フランスvsオーストラリア

フランス2-1オーストラリア

一方的な試合になると予想というか、試合そのものよりもフランスの選手を見てみたいなぁくらいの気持ちで見た試合でしたが、オーストラリアが予想以上にしっかり守り前半互いに無得点で折り返し、後半に入っての最初の得点も今大会1つの目玉となっているビデオ判定によりグリーズマンが倒されたという判定でPKとなり、それをグリーズマンがしっかりと決めて先制。

フランスがPKで先制したと思ったらば、セットプレーでハンドをとられてオーストラリアは獲得したPKをジェディナックが決めて同点。

膠着状態が続いた後、フランスはポグバのループシュートで再びリードする事になりますが、このシュートもバーに当たって入った後にゴールの外に跳ね返るという分かりにくいもので、解析されてゴール判定になるというもので、なんというかサッカーにはビデオ判定って重要だよなと印象づけるための試合だったなぁというのが一番の思い出になる試合でしたな。

正直オーストラリアがここまで我慢のきく試合をするとは予想していなかったので、昨日見たエジプトの試合も同様ですが、格下扱いのチームは開き直ってしっかり守る事が全てだよなって、日本もそれを理解出来ているかどうかが気になってみたり。

今日のワールドカップ グループリーグ ポルトガルvsスペイン

ポルトガル3-3スペイン

グループリーグの中でも屈指の組み合わせとなるリベリア半島同士という、世界大会という括りで何も国境を接する近所で当たらなくても良いんじゃないかという組み合わせ。

本来ならば普通に楽しみなものなのに、スペインは大会開始前日に監督が交代するという、日本以上に直前に何やっているんだという注目を集めることになるっていう(苦笑)

開始早々にクリスチアーノ・ロナウドのドリブル突破をファウルで止められてPKを獲得し自分でPK決めポルトガルの先制。

リードしたポルトガルはしっかり守ってカウンターでいいという落ち着きが強まり、追いかけるスペインはボールを持たされている感満載で、チャンスを作りきれずという構図。

流れを掴めないスペインはロングボールでゴール前に上げたところでジエゴ・コスタが力技でキープして回りを囲まれながらも個人技ゴールを決め同点。

これでスペインが流れをつかんで主導権を握っているなぁとなったところで、前半終了間際にクリスチアーノ・ロナウドのミドルが決まって、流れと関係無い得点がこの試合の特徴に。

後半に入り早々にスペインはジエゴ・コスタがしっかりと詰めて同点、流れを掴んで直後にもゴール前の混戦からこぼれを球ナチョがミドルシュートをしっかりと決めて、スペインが初リード。

これでパスを繋いで点差を守る事ができるスペインが、カウンターを仕掛けたいポルトガルの良さを消しやすくなり、有利に展開でき逃げ切り出来そうなるも、試合終了間際にゴール前の良い位置でFKを得たポルトガルはクリスチアーノ・ロナウドが直接決めてハットトリックで同点。

得点が入る展開の引き分けでしたが、試合の流れとか関係無く得点を決められる選手って本当に重要だなって思わされる試合でした。

本当に数少ない決定機になんでそんな外し方するんだよというようなシュートはなく、改めて世界レベルって凄いよなって。

今日のワールドカップ グループリーグ エジプトvsウルグアイ

エジプト0-1ウルグアイ

昨日からサッカーワールドカップが始まりましたが、開幕戦は起きていられなかったのでハイライトだけしか見ませんでしたので、この試合が今大会初めて通しで見る試合となりました。

知っている選手の数からウルグアイ目線で見ていましたが、互いに隙をなかなか作らない守り合い、強豪ウルグアイ相手に28年ぶりの出場のエジプトの奮闘ぶりを見ていると、徐々にエジプトに肩入れしたくなったりしましたね。

後半の中盤くらいから勝点をとるためにかなり引いて守っていましたが、カバーニの豪快なシュート止めたり、しっかり守ってからカウンターを仕掛けたりとで楽しめましたし。

後半44分にフリーキックのチャンスをヒメネスが決めて勝負がつきましたが、全体として守り合いの試合であっても、攻守の切り替えは互いに速く前に前に行く感じもありましたし、今大会最初に見た試合としては個人的には当たりだったなって。


おまけ

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログラム