FC2ブログ

今日のリュウソウジャー 第46話

「気高き騎士竜たち」

ヤバソードが巨大化暴走しプリシャスはおさめる事になったが、エラスに忠実な弟を作ってくれたのでは無いのかと文句を言います。

エラスはヤバソードを目覚めさせプリシャスを襲わせ、プリシャスはそれを返り討ち。

しかし、プリシャスはヤバソードが散った光の粒子から色々と知ることになり、ガンジョージに使命を果たそうと言います。

ボロボロになりながら龍井家に戻ってきて、ヤバソードが何故ドルイドンも倒すと言っていたのかメルトは疑問に想います。

ヤバソードもエラスから産まれたドルイドンなのに仲間割れかとアスナは口にし、エラスを倒さないとヤバソードみたいなのがどんどん産まれて来るとカナロは口にします。

マスターブラックはエラスは力を増しているから無理だと断定。

倒せなくても眠らせることは出来る、昔のように騎士竜とリュウソウカリバーの力を使って眠らせればいいとティラミーゴが言うと、メルトはリュウソウカリバーの力が弱まっているから無理だと。

ティラミーゴはやってみなければ分からないと言うも、コウは騎士竜のみんながまた封印されるのは嫌だと拒否。

ティラミーゴはコウを外に連れ出すと、お前のためなら封印されてもいいと言います。

龍井家ではピーたんがみんな合わせればなんとかなる、ティラミーゴ達だけで足りないなら自分やディメボルケーノや他の騎士竜達の力を使えば良いと言い出します。

ピーたんは封印されるのは嫌だと。

ティラミーゴはお前が傷つく方が嫌だ、最初は勢いだけのバカなやつだと思っていたが、例えくじけそうになっても、何度でも立ち上がる、仲間のことを思いやれる優しくて熱いソウルを持っている。

再びエラスを封印することは騎士竜の使命だから、リュウソウジャーとしての使命を果たせ、どこにいてもソウルは1つだと言います。

コウは覚悟を決めエラスを倒しに行こうと言うと、マスターブラックはプリシャスのことだからエラスに近づかせないように何か策をたてているはずだから探ってくると先に向かおうとします。

バンバはプリシャスから取り戻した心臓がまだ馴染んでいないだろうとマスターブラックを止め一触即発になりそうになると、トワが割って入って、これ以上大事な人を失いたくないんだろうと言い、マスターブラックも素直にそう言えと、素直に説明しないで裏切り者のように去ったくせにという返し。

素直ではない2人を回りは冷やかしますが、マスターブラックがキレてコウ達は改めて出陣。

プリシャスを倒し全騎士竜とリュウソウカリバーの力でエラスを封印し使命を果たすとリュウソウチェンジ。

コウはコスモソウルを使って内部に侵入しようとしますが弾き返され、メルトはリュウソウルに反応しているのかもしれないと推測。

ガンジョージは結界は破れない、ここで死ぬのだと猛攻開始。

コウはメルトにここは任せたとリュウソウチェンジを解いて、リュウソウケンとリュウソウルを置きます。

カナロはリュウソウル無しでは危険だという制止も聞かずコウは結界内部へ向かい、アスナも後を追います。

龍井家でまだ本調子ではないマスターブラックの前にセトーが現れ、エラスのもとへ行ったのかと確認すると、マスターブラックはあんたの真似をして全ての騎士竜ノチカラを使ってエラスを封印するらしいと答えます。

コウとアスナは結界解除しようとするとプリシャスが立ちはだかります。

アスナはリュウソウチェンジ無しに純粋なる馬鹿力で壁を破壊し武器代わりにしますが、プリシャスには通用せず。

限界は超えるためにあるとプリシャス相手に苦戦するコウは立ち上がるとセトーがやって来ます。

ここに封印されたエラスを見つけた際もしもの事を考えて策は打っておいたと言うと地中から銅のガイソーグが現れリュウソウチェンジ。

アスナはリュウソウ茶色と言うが、セトーはせめてブラウンと言ってと。

セトーは見た目は騎士だが中身はおっさんという事で、プリシャス相手じゃなくても全く期待出来ない戦い方で微妙すぎる空気に。

セトーはダイナミックキャッチでプリシャスに抱きつき、その間にコウは結界解除。

ディーノスラッシュでガンジョージを撃破し、メルトとバンバは駆けつけてコウとアスナをプリシャスから守ります。

コウとアスナもリュウソウチェンジし決着をつけようと戦闘開始。

コウはマックスチェンジ、カナロはリュウソウカリバー、バンバはセトーとノビソウル、カタソウル、トワはハヤソウルと間髪を入れずに攻撃し続け、アスナはセトーとオモソウルとヒエヒエソウルを使い動きを止め、メルトはフエソウルとドッシンソウルで一気に追い詰めコウとカナロでアルティメットディーノスラッシュ。

セトーは限界を超えてみただけと言うことでお別れ、セトーでは無くお父さんに戻り混乱。

プリシャスはボロボロになりながらエラスに弟を産むように懇願。

しかしエラスはドルイドンを生み出さず。

コウはエラスは見捨てたようだと声をかけると、プリシャスはお前達こそ駆逐されるべき存在だと言います。

エラスから産まれたのはリュウソウ族。

本来リュウソウ族はこの星を守るために生まれた。

身勝手な進化を遂げ、愚かな争いを繰り返しこの星を傷つけた、だからエラスはドルイドンを生み出した。

プリシャスはリュウソウ族を駆逐するのがドルイドンの使命だと言うと、ジャストアモーメントとワイズルー登場。

さらにクレオンが現れ、エラスはリュウソウ族を駆逐するためにドルイドンを生み出したが、そのドルイドンが今度は地球を征服しようとしたからどっちも駆逐しようとしていると言い、メルトはだからヤバソードがドルイドンを攻撃しようとしたのかと納得。

ワイズルーはクレオンが全部喋ってしまい、崇高な推理を聞かせる事ができずにすねてしまい、クレオンは謝ります。

ワイズルーはプリシャスに向かいこれ以上観客がいなくなるのはつらいからやめようと手を差し出し、プリシャスも渋々その手を掴もうとすると、エラスからプリシャスめがけて攻撃が。

気付いたクレオンはプリシャスを守るように立ち塞がるもプリシャスはクレオンごと貫かれます。

クレオンはエラスの意思が流れ込みこの星を作り直すと口にすると、正気が戻り貫通しているのを逃れ、プリシャスはエラスに取り込まれます。

この星を創り直すとプリシャスを取り込んだエラスが宣言。

という事で、終盤に向けなかなか予想しない方向に進んできたなという感じですね。

エラスがリュウソウ族もドルイドンも創りだし、結局両方とも地球にとっては厄介な存在だったと言うことで、リセットしますというのがエラスのやろうとしていることになるのですね。

ワイズルーが戻って来ましたが、まぁ何というか実は死んでいませんでしたというのもドルイドンは良くやるからねという納得の仕方をしてしまうのは良いことなのかどうなのか分かりませんが、まぁそういうもんだよねって。

プリシャスがワイズルーやクレオンに裏切られるという展開になりそうな前振りからこういう形になるのは思いませんでしたが、リュウソウ族とドルイドンの関係性をともにエラスから生み出されたものということにするとはねぇ。

こういう最終盤にする事にしたのは早い段階から決まっていたのかどうか、そういった裏話の方が気になるなぁと。

今日の仮面ライダーゼロワン  EPISODE #23

「キミの知能に恋してる!」

メタルクラスタホッパーに変身した影響でゼロワンドライバーは他のプログライズキーに反応しなくなり、或人はメタルクラスタホッパーを使うしかないのかと悩みます。

そこにイズの制止を振り切って結婚詐欺裁判の被害者だった海老井千春が結婚相手を見つけてくれと現れます。

どうしても結婚したいという千春に或人は婚約していたのでは無いかと戸惑いますが、愛し合っていたものの結婚は違うかなと婚約解消したらしい。

千春は弁護士ヒューマギアのビンゴに感動したから結婚相手を探す良いヒューマギアはいないかと或人に尋ねると、イズは結婚に最適なパートナーを探すヒューマギア、縁結びマッチがいると紹介。

縁結びマッチは依頼者のパーソナルデータを分析してマッチングサービスに登録されている中から結婚に最適のパートナーをマッチングする。

或人は結婚相手もAIで見つける時代なのかと感心しながらも、何故かこの場にいる久しぶりに登場の副社長達にツッコミ。

視察だと誤魔化そうとするも、シェスタは副社長は独身で専務はバツイチだと説明。

副社長の担当のマッチ田成子がやって来て連れて行かれるのを、或人もつっこまずに行ってらっしゃい。

結婚はしたいけれども結婚詐欺にあって人間不信になっているという千春に対し、ラーニングが完了したマッチは、頂いたデータによると占いアプリ18個登録し自分に都合の良い結果を選んで参考にする傾向があり、現実を直視せず甘い言葉に釣られやすい、だから騙されたのではないかと指摘し千春は失礼だとキレます。

マッチは婚活とは叶わぬ夢を追うのでは無く現実的な幸せを掴むこと現実から目をそらせては幸せな結婚は出来ないと説くと千春は簡単に納得。

マッチは千春にベストマッチな相手を検索完了。

副社長のベストマッチは見つからず・・・

千春のベストマッチな相手とのお見合い現場に或人とイズもついていきます。

イズはマッチの分析では辛口でも自分の意見をはっきり言う方だと或人に伝えます。

或人は隠れて相手の登場を待っていると、現れたのは天津と唯阿。

或人は驚きすぎてふすまを全開。

天津は或人に向かって、お仕事勝負で後がないのにこんなところで何をやっているのだといいますが、或人はそのまま返します。

天津は婚活だと堂々と言うと、或人はマッチに相談していたのかと聞きますがマッチングサービスに登録していただけとヒューマギアには頼らないというのは変わらず。

AIを使った方が効率的だと言う天津に或人はなんか納得出来ず、嫌だったらすぐに追い返してと千春に言います。

千春は全然大丈夫と天津では無くマッチを見つめながら答えます。

付き添いの唯阿が、アメリカスタンフォード大学卒、MBA取得、在学中サウザンドネットワーク株式会社を興し、現在ZAIAエンタープライズジャパンの社長、社員から見ても素晴らしい社長、社長の下で働けで光栄ですと棒読み全開でプロフィールを紹介。

天津は永遠の24歳と言うと、被せるようにイズが本当は45歳と補足。

天津は1000%のスペックだがそれに見合う女性かと千春に尋ねます。

上からな感じの天津を見て或人はどこがベストマッチなんだとマッチに尋ねると、実にバランスの取れた2人だと説明開始。

天津は自信過剰で傲慢なナルシスト、何でもはっきりと言い、かなり人を選ぶ性格でマッチングは絶望的だった、奇跡的にはっきりと正直な方を求める千春とマッチした、この出会いに感謝した方が良いと。

或人は思わず納得、唯阿は必死に笑うのをこらえ、千春はマッチに見とれます。

天津は実に不愉快ヒューマギアは必要ないと言い残して部屋を出ようとすると、庭にレイダーが出現。

久しぶりに唯阿が変身し戦闘開始。

或人も変身して加わろうとしますが、イズに危険だと止められ変身せず。

レイダーは唯阿を振り切りマッチを襲い、マッチは倒れます。

或人はイズにマッチを任せてメタルクラスタホッパーに変身。

或人はアークから送られてくる悪意に飲み込まれて、敵味方関係無く攻撃開始。

唯阿は或人が出す大量のバッタに対抗するためライトニングホーネットとなり大量の蜂を出すも物量の差が激しくバッタが制圧。

或人と唯阿が戦っている隙にレイダーは逃げて行き、不破がやって来て暴走している或人を撃ちます。

暴走している或人を不破は目覚めさせようとバスターダストを連射、或人が攻撃をこらえている隙に唯阿が強制変身解除をして事を納めます。

不破は或人に敵と味方の区別もつかないのかとキレ、或人は謝ります。

唯阿がメタルクラスタホッパーのプログライズキーを見ていると天津がやって来てキーをとりあげ、実に素晴らしいものを見せてもらった、次も期待していると或人に言うとキーを放り投げ立ち去ると、或人はドライバーに何をしたと文句を言うも追いかけきれず。

不破は滅に天津はアークを利用して何か企んでいる知っているだろうと聞き出そうとしますが、滅はヒューマギアを舐めすぎ、じきにアークの力を思い知ることになるとだけ答えます。

或人は変身すると制御が出来なくなり、自分じゃない誰かが暴れているのを見ているしかできないとイズに語ります。

イズは衛星アークの悪意の力は計り知れないから危険、対処法が見つかるまで変身しないように或人に言います。

そこに修理が完了したマッチが出て来て、悪意に対抗するベストマッチは善意だと言います。

イズはメタルクラスタキーを構成している悪意を入手し分析する必要があるとイズは或人に言うと、或人は納得するもデータがあるのはZAIAだしどうすれば良いのか悩みます。

イズは衛星ゼアに聞こうとするも、その前にマッチにクレームが入った事を告げます。

クレームをつけに来たのは千春の幼馴染みの二階堂輝男。

二階堂はマッチが千春を洗脳しているから引き離すように言うも、イズはヒューマギアにそんな機能はないと断言。

二階堂はここ1週間千春が毎日マッチに会いに行き、なかなか良い相手が見つからない、マッチが正直で信頼できる良い人過ぎて、マッチみたいな人がいないかとなり、マッチのことばかり考えるようになっている。

マッチは全くの言いがかりだと対応しようとしますが、二階堂は暴れまくり帰すのに一苦労。

マッチは二階堂は前に襲ってきたレイダーかもしれないと或人に報告。

依頼者の言動、行動パターンもインプットしてベストマッチの参考するが、動きが完全にマッチしていたと。

或人はそれが分かったとしてどうするかと悩んでいると、マッチは確かめる良い方法があると提案。

マッチが千春と結婚するという事で或人とイズは驚きます。

マッチと千春の結婚式、臨場感を出すために牧師役を俳優ヒューマギアの松田エンジが勤めます。

教会に参列しているのは或人、イズ、二階堂だけという質素にも程があるもの。

二階堂は或人に引き離すように言ったのに何で結婚しているんだと文句を言います。

或人はシミュレーションであって、マッチが仕事をしているところを見てもらって誤解を解いて欲しいと言いますが、二階堂は結婚相談のやる仕事ではないだろうと真っ当なツッコミ。

誓いのキスまでやるとなったところで、二階堂は怒って教会を出て行きレイドライザーを出します。

誓いのキスまではマッチは流石にしませんが、千春はマッチと結婚するイメージしか出来ない、本当に結婚してくれと言い出します。

マッチは無理、ヒューマギアと人間は結婚できない、仮に人間だとしてもバッドマッチ、わがままな人間はごめんと言い出します。

イズはわざと嫌われるために言っているのかもしれないと或人に告げた後、マッチが人間が心の底から不快になる最低の言葉を聞いてきた事を思い出し、マッチを止めようとしますが、マッチは放送出来ない酷い言葉で千春をぼろくそに。

いくら何でも酷すぎると千春がマッチを平手打ちすると、悪意に満ちた人間を絶滅すべきとアークに接続マギア化。

或人が変身しようとしたところでレイダーが乱入してきてマギアとレイダーの戦闘開始。

或人はイズの制止を振り切りメタルクラスタホッパーに変身。

或人はアークによる暴走をなんとか止めようとするものの、意志とは関係なく暴走。

天津が現れ変身。

メタルライジングインパクトで天津を吹っ飛ばすだけでは無くマギア、レイダーも一緒に吹っ飛ばし、レイダーの中から二階堂が現れます。

千春は二階堂がレイダーだったことに驚き、自分のためにした事と思って二階堂に抱きつき、マギア化したマッチはベストマッチと言葉を残して爆発。

天津は或人相手に戦うも、バッタの大群に阻まれ思うように行かず。

バッタとは本来大群をなし作物を荒らし最後は共食いまでする獰猛な生き物、それがゼロワンの真の姿かと言い、或人は悪意と必死に戦い次回へ。

という事で、お仕事勝負3戦目に引き続き、被害者の千春が登場、久々にお仕事勝負を離れて、序盤のヒューマギアのお仕事見学に近いものになりましたね。

今回は天津との絡みも良い感じになっていますし、お仕事勝負にZAIAインパクトという要素は上手く機能していなかったという事だよなぁと。

そして悪意には善意というのがメタルクラスタホッパーからの脱却に繋がるという事で、次回は解決編という事になりそうですし、解決方法が今まで登場してきたヒューマギアが絡んでいるようなので、これはこれで区切りになりそうですね。

今日のライジングスターズチャレンジ

ワールド131-151USA

NBAはオールスターウィークエンドとなり、現地金曜日は1年目2年目選手によるライジングスターズチャレンジ。

かつてのルーキーオースターの頃のようにMVPを取ればその後スーパースターになるというような縁起物でもなくなりましたし、完全にノーガードの派手な点取り合戦というか知名度アップのためのものになっていて、正直内容とか数字とかはどうでも良くなっているのですが、そんな中で八村塁がワールドチームのスターターで14点7リバウンド4アシスト1スティール。

メンツをざっと見てもチームワールドでルカ・ドンチッチとシャイ・ギルジャス・アレクサンダー、RJバレットに八村はスターターでいることが確定過ぎるだろうと特に深く考えずに思えることが、感覚がおかしくなっていますね。

ライジングスターズチャレンジに出場していることそのものが日本人選手としては快挙にも程があるはずなんですが、まぁ活躍から考えて快挙に思えないよねってなっている感じ、出場選手の中にはオールスターウィークエンドに出ただけでも十分思い出になりそうという選手が結構いますし、実際にそんな扱いまでになる選手なんて掃いて捨てるほどいるのですが、八村は本戦に滑り込む未来もあり得るのではと妄想するには十分な事はやっているかなって、まぁチームが上位争いをしていれば選ばれる枠までになるかもしれないですが。

MVPはホーネッツのマイルズ・ブリッジズになりましたが、今年もダンクコンテストに出場とかになっていれば、勢いに乗ってすごいのをやったかもと思ってみたりはしますね。


テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

今日の読書 ミッドナイツ/山口雅也

山口雅也がミステリ作家としてデビューする前、80年代フリーライター時代に発表していてまとめられていなかった、作者自身も忘れているものまでをまとめた作品集になります。

バブル華やかしい80年代、コラボ小説という形のものが雑誌の企画として成り立っていたという時代を感じるものになるわけですが、カクテルについてという縛りがあればどういったものでも良いというものや、ジャズに関するもの、ミュージシャンとのコラボとしては細野晴臣、大江千里や布袋寅泰などLPに収録されたけれどもCDのブックレットには収録されなかったとかなどなど。

日本の80年代を、アメリカの狂騒の20年代と重ね合わせて狂騒の80年代として意識的に寄せて、今から振り返るとバブル真っ只中というのはこういった狂騒状態だったなと思わせるものが多々あり、時代に直結させるような作品というのはある意味では歴史的史料になりえるなと改めて思えますね。

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

今日のマジック レギュラーシーズン 55戦目と終盤への微調整

ピストンズ112-116マジック

今日のスターターも
PG マーケル・フルツ
SG エヴァン・フォーニエ
SF ウェス・イワンドゥ
PF アーロン・ゴードン
C  ニコラ・ヴチェヴィッチ

トレード期限でアンドレ・ドラモンドを放出しチーム解体を開始したピストンズ相手ですから落としてはいけない試合なわけですが、定評のある4Qの弱さを発揮し危うい事になりましたねぇ・・・オーバータイムに持ち込まれてしっかり勝てるようになったのはマジックにとっては大きいですが、とにかく接戦で勝ちきれないという歴史を続けてしまっていたので、その積み重ねた歴史飲み込まれずにすんだ事は進歩と考えたいですね。

アーロン・ゴードンが25点9リバウンド9アシスト1スティール1ブロックと、オーバータイムになった分プレイタイムが長くなっているからというのがあるにせよ、本当にこれくらいの数字を常に期待したい選手なんだよなぁと改めて思わせる活躍。

フルツも22点5リバウンド10アシスト2スティールでオーバタイムでしっかりと決めきったりとドラフト1位選手らしさは増してきていると思わせる活躍、これにヴチェヴィッチとフォーニエがともに19点、イワンドゥがFG5/6と決め手11点とスターター全員2桁得点ですので、ここまでスターターがやって欲しいだけのことをやると、ベンチの上積みがなくても勝てるなと。

テレンス・ロスがFG2/12と全く入らない日でしたが、ジェームズ・エニスは7点とベンチスコアの底上げに貢献してくれていますし、久々に戻って来たケム・バーチも8点4リバウンド1ブロックと計算できる事をしてくれていますね。

モハメド・バンバの病欠は気になりますが、欠場選手が結構いる中では持ち直せてきたなと。


ピストンズはデリック・ローズがFG1/13と全く入らない日に当たってくれたのでマジックとしては助かりましたが、永遠の秘密兵器と化すと思っていたソン・メイカーに18点とられたのは少し悔しいですかね、ドラモンドを放出する前からある程度秘密ではないだけのプレイタイムはもらうようになっていましたけれど。


微調整はtransactionから

マブスはマイケル・キッド・ギルクリストとシーズン最後まで契約、ライアン・ブロクホフを解雇

バックスはドラガン・ベンダーを解雇

ホークスはブランドン・グッドウィンとシーズン最後まで契約

サンズはジョナ・ボルデンと10日間契約

マイケル・キッド・ギルクリストはそりゃ拾うチームがいて当たり前だよねという事で、マブスではベテランとして重要な選手になり得そうですね。

そして、名前の語感だけで常にネタしていた俺らのドラガン・ベンダー、先代永遠の超高校級ジョナサン・ベンダーと同じくらいのNBAキャリアになっていますよね、クロアチアのドラフト高順位指名が今ひとつの結果になっているのが残念ですねぇ・・・

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

おまけ

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる